FC2ブログ

公民館俳句教室・第92回山河句会

黍
 21日の土曜日、第92回田上公民館俳句教室・山河句会を、お題「黍」で開催しました。次回は、10月27日(土)に、お題はありませんが「目」を入れた句を含め当季雑詠4句で開催します。
【先生選句】
◎最高得点句
 ・夕闇の深まりてなを虫すだく(5点・上木)
 ・靴裏に乾いた葉音秋澄めり (5点・松田)
 ・枕木が名残をとめて蔦しげる(4点・関戸)
◎先生選句(清記順)
・新月や船頭の唄高らかに(肩 幸宏)      
・秋晴れやテニスの女王チャーミング(上木惠子)
・廃校のあとはスタジオカンナ咲く(谷内瑞江)
・さめざめと泣く君の背や曼殊沙華(肩 幸宏)
・露地の奥七輪並べ秋刀魚焼く(関戸正彦)
・黍を刈る人に夕風あたりけり(肩 幸宏)
・地震豪雨暴れし町の彼岸花(河野尚子)
・黍だんご昔はきらい今は好き(守田君江)
・戦後しばし黍籠背負ふ母ありし(河野尚子)
・紅に燃ゆる稜線秋澄めり(守田君江)
・稗は穂にこぼれ落ちたり嫌われり(上田芳美)
・迎え花黍の穂ひとつ挿し添へる(松田好子)
・電話きて新米を待つ豪雨後(新出祐子)
  ※添削―故郷の新米待たれ豪雨来る
・嵐去り裂けし生木に秋の雨(岩見博子)
・日焼け子に元気づけられ夕支度(広瀬信子)
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

第91回俳句教室「山河句会」

野分立つ
 28日(土)の午後、91回目となります田上公民館俳句教室「山河句会」を、お題「野分」を含めた俳句4句で選句・披講後、先生選句と講評を頂きました。次回は、9月22日(土)にお題「黍」で開催します。
【先生選句】
・濃淡の朝霧迫る峠越ゆ(広瀬信子)      
・行く道は稲穂の黄色空の青(池端良伸)
・街路樹の立ち枯れに触れる夕野分(松田好子)
・鉢合わせ木を去るつぶて蝉と鳥(新出祐子)
・野分ゆく鎮守の杜をどよめかせ(河野尚子)
・寂しさや朝日に光る草の露(岩見博子)
・岩肌に赤き矢印登山道(河野尚子)
・ほほづきの赤より赤し君の紅(肩 幸宏)
・空蝉が束に下がれる期のひと葉(新出祐子)
 ※添削―木のひと葉束に下がれる蝉の殻
・子を守る母の姿や原爆忌(上木惠子)
・車窓より広き黍畑どこまでも(谷内瑞江)
・満開の紫紺のハーブ涼しかり(田上ナツ子)
・家揺すり雀騒がす夜の野分(新出祐子)
・盆の月街一円を照らすなり(守田君江)
・ねぶた果て闇へ大蛇の消えゆけり(河野尚子) ・枕ならべ本読む子らの夏の夜(松田好子)
・月星の間行く鳥影涼し(池端良伸)
・野分立つ木々の葉舞ふや散歩道(福田暁美)
・畑仕事終えて一息秋茜(上田芳美)
・日焼けして二泊三日の家族旅(関戸正彦)
浜に野分
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

7月の俳句教室・山河句会

お題の熱帯夜・片町
 28日(土)の午後、第90回となります田上公民館俳句教室「山河」句会」を開催、当日の都合等により、参加者は8名となりましたが、新たに若松の岩見さんが参加、投句の4名を含め、お題の「熱帯夜」・「晩夏」により選句と先生の講評を頂きました。
【先生選句】・清記順
・玄関に母の客居て夏椿(広瀬信子)      
・丸裸の母は骨盤ばかりなり(池端良伸)
・盆帰省となりの猫は居なくなり(肩 幸宏)
・歌丸のやうに死にたし蓮の花(新出祐子)
・焼き上がる陶の恐竜夏休み(河野尚子)
・竜を彫る匠の手元晩夏光(田上ナツ子)
・初蝉や白寿の母と耳澄ます(上田芳美)
・濁流の去りて山村炎天下(松田好子)
・玉虫も竹馬の友も遠くなり(守田君江)
・窓を開け蚊と闘いの熱帯夜(関戸正彦)
・夜濯や月の光を肩に浴び(広瀬信子)
・熱帯夜布団たぐりて被災地想ふ(福田暁美)
 ※添削―熱帯夜被災地想ひ寝つかれず
・烏瓜の花仄かに風を受く(谷内瑞江)
・石垣の古木青青晩夏かな(岩見博子)
 ※添削―石垣に晩夏の古木青青と
熱帯夜の片町を詠んだ句
◎喧噪の眠らぬ街や熱帯夜(肩)
◎雑踏の消えぬ片町熱帯夜(関とっと)
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

6月の俳句教室・山河句会

新茶
 5月の山河句会は休会となり、田上公民館俳句教室・山河句会を23日に第89回として開催しました。今回のお題は「新茶」ですが、先生からも高評価を頂きました。なお、岩見さんがオブ参加し7月句会から参加することになりました。
◎先生選句(清記順)
・鯛一尾さらり食して夏料理(広瀬信子)      
・夏至の夜や入棺惜しみ人集ふ(松田好子)
・枕元にちひろの絵本明け易し(河野尚子)
・亡き兄の若き姿やサングラス(松田好子)
・父母の歳を越えて新茶汲む(守田君江)
・日々のうさサッカーで晴れ梅雨一夜福田暁美)
・梅雨晴れの月山ともに野送りす(松田好子)
・藤棚の暗きところに鬼の住む(広瀬信子)
・新茶には萩の茶碗と妻が言ひ(関戸正彦)
・遠き日の祖父母思える新茶かな(谷内瑞江)
・伝統の毛針自慢や鮎を釣る(関戸正彦)
・散居村青田を染むる夕日かな(河野尚子)
・ジグザグに体縮め蛇跳べり(新出祐子)
 ・蛙色の雨合羽の子雨蛙(肩 幸宏)
 ・朝早く巣立ちし燕空の青(田上ナツ子)
 ・里山の木漏れ日の中百合咲けり(上田好美)
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

田上公民館俳句教室第88回山河句会

春の季語「春泥」
 28日(土)の午後、田上公民館俳句教室第88回山河句会を開催。「泥」いれた句に苦労したようですが、先生から選句に困る良い句がたくさんありましたとの講評も頂きました。
【先生選句】
・燕窩(えんか)よりこぼれし泥の湿りかな(河野尚子)
・モーツァルトたゆたふ風のかおる音(肩 幸宏)
・庭隅の備蓄の大根花咲けり(守田君江)
・ランドセル子の背で弾み夏に入る(池端良伸)
・櫓を漕ぐや水面の空の桜ゆる(肩 幸宏)
・ブラームス流るる歯科や春の暮れ(松田好子)
・九十の母に母の日あずき飯(池端良伸)
・榛の花零るる雨の石畳(河野尚子)
・苗床や轍の跡の泥光る(守田君江)
・囀りにようやく一歩道たどる(福田暁美)
・春時雨ラジオのピアノかき消され(広瀬信子)
・昨日五分今日満開の桜かな(守田君江)
・春泥を飛んで遊びし昔かな(上木惠子)
・白球も春泥まみれ甲子園(関戸正彦)
・アルパカの遠き眼差し若葉風(河野尚子)
・ずっしりとゆっくりと落つ春夕日(上田好美)
・束ね挿すグラスが似合う菫草(谷内瑞江)
・文のごと窓に花びら点々と(新出祐子)
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

WEBサイト翻訳
translate this blog
田上公民館へようこそ!

金沢市田上公民館

Author:金沢市田上公民館
〒920-1156
金沢市田上の里2丁目3番地
TEL 076-261-1331
FAX 076-261-1516

事務局:8:30〜17:30
利用時間:9:30〜21:00
休館日:土・日曜日、国民の祝日、年末年始

第2回全国公民館インターネット活用コンクール(全国公民館連合会、全国公民館振興市町村連盟共催、平成29年12月発表)において、当館が【奨励賞】を受賞しました。

・昭和25年8月26日設置(前身浅川公民館)
・石川県公益的施設整備基準適合施設
・平成19年度石川県優良公民館
・金沢市浅川市民センター併設
地図はコチラ
田上公民館フェースブックページ開設中。「いいね!」をお願いします。
▼バナーをクリック

日付別に記事を読む
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事の一覧
月別に記事を読む
検索フォーム
公民館関連リンク
RSSフィード
FC2web拍手ランキング
アクセスカウンタ訪問累計
分類された記事を読む
いいね金沢魅力発信サウンドロゴ
文字の大きさを変更する
    田上公民館の掲示板
    公民館発信回覧
    ふるさと歴史研究会5/23「加賀藩の歴史を知る~加賀八家と前田土佐守家~」講演会のお知らせ(4/25発信)
    「もちのき学級」と「かしわぎ学級」のお誘い
    受講者募集中!公民館まで電話申込
    田上公民館ふるさと歴史研究会の会員は随時募集中!!公民館まで電話申込
    田上公民館俳句教室毎月第4土曜日午後1時から開催しています。
    受講生随時募集中!!公民館まで電話申込
    回覧はADOBE READERで閲覧できます。
    Adobe PDFファイルを表示、印刷するためのフリーソフト

    思い出アルバム
    ●2018社会体育大会

    ▲写真上でクリックするとアルバムを見ることができます
    さらにクリックしていけば写真をダウンロード可能です
    ご参加いただきありがとうございました。(実行委員長)

    Twitter
    @金沢市田上公民館
    @tagamikominkan
    Twitterを携帯でも!
    携帯バーコードリーダーで
    Bookmark登録
    ブログ投稿フォトアルバム
    携帯サイトQRコード(URL)
    携帯サイト
    QR
    学生の町周辺散策地図
    大学門前町周辺プロムナードマップ