FC2ブログ

9月の歴研は、ブラ杜の里を

ブラ杜の里の話を
ブラたがみ・杜の里校区
 26日(水)のふるさと歴史研究会は、前回の「大人のブラ田上」に引き続き、『ブラ杜の里』を私から、若松・鈴見・旭町・角間の4地域の歴史と現在を振り返りながら説明させて頂きました。
 若松地域については、若松荘からはじめ、若松本泉寺やお地蔵と地蔵祭り、お宮さんと地域の祭りなどをスライドで報告し、旭町については、加賀藩時代を中心に、処刑場と観音さんや小立野台地への坂・階段が、牛坂、鶴間坂を含めあと4つあること、旭用水や牛坂神社と青年団の活動も含め説明しました。鈴見については、鈴見出村や領域の変遷などを絵図で説明し、大砲製作の鋳造所があったことなどを説明し、角間についても、昭和時代の写真と現在の写真を合わせ報告させて頂きました。
 次回10月の歴史研究会は、回覧でも案内いたしますが、31日の午前、金沢大学の上田先生(2回目)を招いて、田井村との関係等を中心に講演いただくことになっています。また、10月21日のふれあい文化祭でも、これまでのブラ田上・杜の里を集大成し、「大人のブラたがみ」として発表することにしています。
亀田さんからも新発見の話を
1975年の航空写真から
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

歴研で大人版「ブラ田上」を

久しぶりに話を
ブラ田上
 22日(水)の午前は、今月のふるさと歴史研究会で、今回のテーマは、大人版「ブラ田上」を亀田さんと私が担当してお話しをさせて頂きました。
 ブラ田上については、先に田上小学校5・6年生で「ブラ田上」クラブを発足させ、私から田上小学校の歴史や旧小学校の写真、金浦用水、地域のお宮さん等の説明をし、地域の新しい発見につないでいく活動の展開をお願いいたしました。従って、今回は大人版としてスライドを作成、「ブラタモリ」の金沢案内本を読んだ経過やブラ田上のねらいとお願いを最初に話させて頂き、スライドの表紙から亀田さんと私で説明し、スライドによっては、亀田さんが担当したり私が担当したりしながら話を進め、ところどころでは質問も受けたりと話一方の講演方式から参加型に変えて進めました。
 スライドの資料はもとより、ブラ田上用の金浦用水の写真集、金沢の用水、ヘレンケラーの掲載写真など、資料はいつもの通り多めとなりましたが、田上再発見の一つのきっかけづくりになったと自画自賛しています。次は、「ブラ杜の里」を作って、皆さんと一緒に学び合いたいと思っています。
亀田さんもねつを入れての説明が
村落境図も
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

7月の歴史研究会は、第15章「牛坂村」の謎に迫る

久しぶりに亀田さんの熱弁が
 25日(水)の午前、7月のふるさと歴史研究会です。泉副館長の担当により開会の挨拶があり、早速、亀田さんから、ためてきました「牛坂村の謎に迫る」をテーマに、2か月間の研究と調査結果を踏まえ講演頂きました。
 最初に、昭和52年の記事「同じ学校に通える!」の、若松地区が60年間固辞してきた田上小学校転入が決定したことや、昭和11年9月の歩七連隊での事件の紹介があり、「おっさか」と「うっさか」の違いから牛坂村の謎に迫り、牛坂と大坂、「牛坂用水築造年」と「番戸用水地築造年」、中島の成り立ち、「田上郷牛坂と石川郡牛坂」などについての研究成果が披露され、「牛坂八幡神社」と「牛坂日吉神社」の説明や牛坂大火にも触れました。また、白板には、牛坂の村や用水の地図を張り出して丁寧な説明もあり、一同は納得の研究会ともなりました。
寺津用水との違いも
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

歴研で「日本語はおもしろい!」を聞く

日本語はおもしろいと講演を
 20日(水)の午前、6月のふるさと歴史研究会を、特別講演13「~日本語はおもしろい!~万葉集から演歌まで」と題して、元田上新町在住で桜丘高校教員でもありました吉本 至先生から、面白いお話を聞くことができました。
 講演会には、歴研の皆さんをはじめ、地域の方や先生の教え子とゆかりの人たちにも参加頂き、大変賑やかな講演会となり、先生は、自己紹介で田上新町在住時に町会役員経験談にも触れた後、得度されていることもあり、作成頂いた資料「松扉山 若松本泉寺」についても、年表をもとに若松本泉寺の歴史や蓮如上人にも少し触れて頂きました。引き続き、本日のテーマでもあります万葉集から演歌までについて、30の和歌や俳句、現代詩などについて、作品の紹介はもとより日本語の使い方と面白さを、元国語の先生らしく楽しく面白く解説頂き、現在の演歌にも引き継がれていることにも触れて頂きました。また、和歌の「波の花」と現在の使い方や月見草と宵待草などの違いについてもいくつか指摘され、テレビドラマの白蓮の歌も紹介し、クイズ形式で読み手あてもやって頂きました。
元気な吉本先生から

 次回7月の歴史研究会は、25日に、亀田さんのまとめ2として、田上の歴史年表を中心にお話頂くことになっており、多くの皆さんにお集まり頂きますお願いいたします。 web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

5月の歴研は、加賀八家の前田土佐守家を

竹松先生から土佐守家のお話を
手作りの資料で説明を
 23日(水)の午前、今月のふるさと歴史研究会を、前田土佐守家資料館の竹松幸香学芸員から「加賀藩年寄衆八家の前田土佐守家」についてで開催しました。
 当日は田上小学校の運動会が順延となる天候の悪い日でしたが、回覧で特別講演会Ⅻで案内させて頂いた結果もあり、40名余の皆さんにご出席頂き、土佐守家資料館だより第62号と竹松先生が作成された資料「加賀藩年寄衆八家の前田土佐守家」をもとに、館長から先生の紹介と駄句「今庄で幸香と寝たり夏の月」を報告、現在開催されています「城下町金沢の中の前田土佐守」も紹介させていただき、竹松先生から、資料に基づき詳細なお話を頂きました。講演のテーマは、加賀藩年寄衆八家とはから始まり、八家の成立、その中での土佐守家、後見を通じてみる八家相互の関係など、加賀藩主家系図も紹介しながらの詳細なお話で、出席者も思いを新たにしたようです。
 最後に質問時間をもうけましたが、フィクションとしての加賀騒動の見解は、「陪臣叙爵」と意義、八家(いつからはっかといったのか)、年寄衆の役割と登用など、多くの質問が出され、竹松先生から丁寧に答えて頂きました。
 次回6月の歴史研究会は、20日に、田上新町に在住していました吉本 至先生から、「日本語はおもしろい!万葉集から演歌まで」と題した楽しい講演を予定しています。誘い合ってご出席ください。
加賀藩年寄衆八前田土佐守家について
竹松先生の紹介を
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

WEBサイト翻訳
translate this blog
田上公民館へようこそ!

金沢市田上公民館

Author:金沢市田上公民館
〒920-1156
金沢市田上の里2丁目3番地
TEL 076-261-1331
FAX 076-261-1516

事務局:8:30〜17:30
利用時間:9:30〜21:00
休館日:土・日曜日、国民の祝日、年末年始

第2回全国公民館インターネット活用コンクール(全国公民館連合会、全国公民館振興市町村連盟共催、平成29年12月発表)において、当館が【奨励賞】を受賞しました。

・昭和25年8月26日設置(前身浅川公民館)
・石川県公益的施設整備基準適合施設
・平成19年度石川県優良公民館
・金沢市浅川市民センター併設
地図はコチラ
田上公民館フェースブックページ開設中。「いいね!」をお願いします。
▼バナーをクリック

日付別に記事を読む
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事の一覧
月別に記事を読む
検索フォーム
公民館関連リンク
RSSフィード
FC2web拍手ランキング
アクセスカウンタ訪問累計
分類された記事を読む
いいね金沢魅力発信サウンドロゴ
文字の大きさを変更する
    田上公民館の掲示板
    公民館発信回覧
    ふるさと歴史研究会5/23「加賀藩の歴史を知る~加賀八家と前田土佐守家~」講演会のお知らせ(4/25発信)
    「もちのき学級」と「かしわぎ学級」のお誘い
    受講者募集中!公民館まで電話申込
    田上公民館ふるさと歴史研究会の会員は随時募集中!!公民館まで電話申込
    田上公民館俳句教室毎月第4土曜日午後1時から開催しています。
    受講生随時募集中!!公民館まで電話申込
    回覧はADOBE READERで閲覧できます。
    Adobe PDFファイルを表示、印刷するためのフリーソフト

    思い出アルバム
    ●2018社会体育大会

    ▲写真上でクリックするとアルバムを見ることができます
    さらにクリックしていけば写真をダウンロード可能です
    ご参加いただきありがとうございました。(実行委員長)

    Twitter
    @金沢市田上公民館
    @tagamikominkan
    Twitterを携帯でも!
    携帯バーコードリーダーで
    Bookmark登録
    ブログ投稿フォトアルバム
    携帯サイトQRコード(URL)
    携帯サイト
    QR
    学生の町周辺散策地図
    大学門前町周辺プロムナードマップ