歴研で「加賀玉つくりの源流を」を研鑽

玉を通して古代のロマンを
詳細な資料も
 新年に入って最初のふるさと歴史研究会は、24日(水)、雪が舞うとても寒い日となりましたが、回覧で案内させて頂いて関心があるから詳しく教えて欲しいとの問い合わせもあって初めて参加する人達を含め30名ちかい皆さんにご出席頂き、石川県考古学研究会・河村芳光副会長からの「加賀玉つくりの源流を求めて」について、熱心に研鑽を深めいくつかの質疑を交わして古代のロマンを探究することができました。
 館長の開会の挨拶の後、河村先生から、アジア考古学紀行と題してのスライドの説明があり、あらためて加賀玉についての理解を深めましたが、倭国時代、加賀地区が玉つくりが一番多かったことに参加者は最初に驚かされ、玉の原材料の碧石が小松で産出されていたことに納得、さらに、金沢でも、医王山山麓から碧石が産出されており、加賀玉が多く作られているとの報告も頂きました。また、アジア考古学紀行から、朝鮮から伝わってきたが挑戦には玉が出土していないことや、実験考古学から、玉づくりの仕掛け等の説明もあり、楽しくも実りの多い研究会となりました。
 次回2月の歴史研究会は、2月28日(水)10時~、亀田さんの新発見を中心に開催しますので、誘い合ってご出席戴きます様願いいたします。
玉器の種類も多いことを
例会は館長の挨拶から
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

今年最後の歴研は、蕎麦研修!

店主安村さんから蕎麦の歴史を
4ページの資料も
 13日(水)は、今年最後となりますふるさと歴史研究会でしたが、旭町在住会員の安村さんから、蕎麦を食べて蕎麦の歴史研修もどうですかとの提案に乗り、13日は休店でしたが安村店主の計らいで「そば やまの葉」で、美味しいお蕎麦定食を楽しみ、食後に、安村店主が調べてまとめました「蕎麦の歴史」を研修してきました。
 安村店主からは、食物としての「ソバ」からはじまり、蕎麦の語源とソバの伝播に触れ、発祥地は、中国西南部の雲貴高原あたりが定説になっていると紹介、縄文晩期に伝播してきたことや粒食時代からそば粥への変遷の歴史を説明、粒食時代からぞばがき・だんご・すいとんとなり「そば切り」の誕生から粉から麺に変化してきたこと、江戸時代に蕎麦の故郷信州から各地に伝播したことなどを説明頂き、参加者の蕎麦にたいする見方等も変わったようでした。
 新年1月の歴史研究会は、回覧板等でも案内いたしますが、24日(水)・10時から石川考古学研究会の河村副会長によります、大陸からの玉つくりの伝来と加賀の玉つくりについてお話頂くことにしています。誘い合ってご参加ください。
12月の歴研は蕎麦研修を
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

幕末維新期の加賀藩で歴研を

最初はペーパーで説明が
スライドでの説明も
 22日(水)、今月のふるさと歴史研究会が、当初約束しました外部講師講演ということで、金沢市立玉川図書館近世資料館・宮下学芸員により「幕末期の加賀藩」と題した講演を受けました。
 宮下さんからは、最初にペーパー資料として配布しました1、幕末維新期の分析・評価、2、分析と視点について、歴史学の流れにみる幕末期に触れながら加賀藩研究の現状と評価が語られ、加賀藩は日和見より中立の立場が強かったのではないかと指摘され、「幕府」や「藩」は存在していたのか、幕末の政治状況との関わりや「佐幕」・「勤王」にも触れ、世に広まっています司馬史観についても語られました。スライドでは、平成27年度の近世資料館特別展『幕末維新期の加賀藩』展示図録から、海防問題や幕末の政局、転戦する加賀藩と明治初年の加賀藩などについて、古文書や絵図・写真等を写しながら解説され、その分かりやすい口調と説明に、参加者からは大好評の声と次回開催もとの声も頂きました。
 次回12月の歴史研究会は、13日の水曜日、11時に集合して泉が丘のそば店・やまの葉(会員の旭町在住の安村店主)で、そば談義を頂くことになっています。
宮下先生の解りやすい話が
丁寧で分かりやすい宮下先生の講演
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

10月の歴研は和室で開催。

和室での歴研もおつなものでした。
 25日の午前、今月のふるさと歴史研究会を和室で開催、残念ながら文化祭でのテント干しがあり講堂での開催とはなりませんでしたが、座布団に座っての雑談形式の研究会となり、質問等で亀田さんの話も弾んだようでした。
 亀田さんの話は、22日の文化祭での辻講釈の延長線上でしたが、勉強と研究結果に満ち溢れたものとなり、話の内容も要点を捉えたもので、参加者からまとまりのある話だったと好評も頂きました。また、亀田さんの18番!大発見では、「古道と石引の道」の発見の話となり、石引の道の長坂で、蓮如さん等が行き来しました古道の上に、約9mの石引きの道が、土を盛り土して造り上げられているヵ所の発見があったと、絵図と写真等で報告されました。来年の春ごろには、皆さんと一緒に歩きたいとのお願いもありました。
 次回11月の歴研は、22日の午前、外部講師によります講演となりますので、乞うご期待下さい。また、12月は、14日の討ち入りの日に、蕎麦を食べながら、安村さんから蕎麦のお話しを聞くことにしており、皆さんの参加をお願いいたします。
田上遺跡群について絵図で説明
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

9月の歴史研究会

亀田さんから新たな発見の報告も
 月一回第四水曜日に開催しています「ふるさと歴史研究会」の9月度会を27日の午前開催、定期的に参加頂く20名余の皆さんに加え新たな参加者もあり、歴史研究会は、着実な歩みを続けています。
 8月には、金沢大学の先生から、田上郷とも関係の深い「律令時代と道公」について講演を頂きましたが、今回は、亀田さんから地域の歴史の研究を始めてから10年が経過したこともあり、これまで研究成果を発表してきたことをまとめた際に、新たに発見した『田上遺跡群と一斉移転の謎に迫る』について、地図を示しながら、下田上に集中する村々が、鎌倉時代を最後に一斉に消えてしまったことを詳細に説明され、田上の5つの遺跡の同時放棄が田上郷の村落の成り立ちを探るうえで、重要な発見となったことなど、絶え間ない研究の成果の発表に、参加者からも質問も出され、理解を深めあいました。なお、亀田さんが10年の成果として新たにまとめられました資料(鈴見と牛坂を除く)について、公民館としてどう資料化していくか報告もさせて頂きました。
 10月の歴研は25日に座学として開催することになっており、皆さんのご参加をお願いいたします。
歴研の資料
田上遺跡群と若松、牛坂の境図
web拍手 by FC2

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

WEBサイト翻訳
translate this blog
田上公民館へようこそ!

金沢市田上公民館

Author:金沢市田上公民館
〒920-1156
金沢市田上の里2丁目3番地
TEL 076-261-1331
FAX 076-261-1516

事務局:8:30〜17:30
利用時間:9:30〜21:00
休館日:土・日曜日、国民の祝日、年末年始

第2回全国公民館インターネット活用コンクール(全国公民館連合会、全国公民館振興市町村連盟共催、平成29年12月発表)において、当館が【奨励賞】を受賞しました。

・昭和25年8月26日設置(前身浅川公民館)
・石川県公益的施設整備基準適合施設
・平成19年度石川県優良公民館
・金沢市浅川市民センター併設
地図はコチラ
田上公民館フェースブックページ開設中。「いいね!」をお願いします。
▼バナーをクリック

日付別に記事を読む
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事の一覧
月別に記事を読む
検索フォーム
公民館関連リンク
RSSフィード
FC2web拍手ランキング
アクセスカウンタ訪問累計
分類された記事を読む
いいね金沢魅力発信サウンドロゴ
文字の大きさを変更する
    田上公民館の掲示板
    公民館発信回覧
    「成人の日についてのお願い」(10/12発信)
    「能美市防災センター体験と白山総合車両所」(9/25発信)
    「歴史を訪ねて小谷城址を歩く」(7/20発信)
    参加申込は8/25までに公民館まではがき申込(定員18名。申込多数の場合抽選)
    ふるさと歴史研究会8/23「律令国家の支配と道公」講演会のお知らせ(7/20発信)
    「白馬八方池登山」のお知らせ(6/14発信)
    「もちのき学級」と「かしわぎ学級」のお誘い(5/16発信)
    受講者募集中!公民館まで電話申込
    田上公民館ふるさと歴史研究会
    ふるさと歴史研究会の会員は随時募集中!!公民館まで電話申込
    田上公民館俳句教室毎月第4土曜日午後1時から開催しています。
    受講生随時募集中!!公民館まで電話申込
    回覧はADOBE READERで閲覧できます。
    Adobe PDFファイルを表示、印刷するためのフリーソフト

    思い出アルバム
    ●2018成人式
    br> ▲写真上でクリックするとアルバムを見ることができます
    さらにクリックしていけば写真をダウンロード可能です
    ご参加いただきありがとうございました。(実行委員長)

    Twitter
    @金沢市田上公民館
    @tagamikominkan
    Twitterを携帯でも!
    携帯バーコードリーダーで
    Bookmark登録
    ブログ投稿フォトアルバム
    携帯サイトQRコード(URL)
    携帯サイト
    QR
    学生の町周辺散策地図
    大学門前町周辺プロムナードマップ