FC2ブログ

3月の暦研は、のの奥の細道と田井小から崎浦まで歴史

奥の細道➀
亀田さんの話
 27日(水)、今年度最後となりますふるさと歴史研究会です。4月末から10連休の旅の案内を含め、7月13日・14日に開催されます「芭蕉サミット金沢大会」の紹介と関心を喚起することも大切だと判断し、私から、平成19年に実施しました「平成の奥の細道紀行」と題して、スライドを使って北国街道に入るまでの奥の細道を話させて頂きました。次に、亀田さんから、明治38年5月「金沢市街図」を紹介しながら、牛坂小学校創立に関する研究結果を、崎浦公民館が作成しました『崎浦地区の学校』をもとに、説明されました。
 私の話は、加賀百万石・百万歩の会として、平成19年5月から始めました「松尾芭蕉の旅 おくのほそ道」の紀行本を中心に、何故5月16日に旅を始めたかを最初に説明(芭蕉が奥の細道に出発した日が、旧暦の3月27日で、陽暦では5月16日になることと旅の日に設定されていること)し、金沢でやっと713日に芭蕉サミット金沢大会が開催されることを紹介、バスに乗って奥の細道のほとんどを視察研修した内容としてスライドで報告しました。次に、亀田さんの話もあることから、私の話は、2部構成とさせて頂き、今回は、深川から千住大橋を渡り、草加宿から日光街道を経由して日光へ、その後は奥州街道に沿って芭蕉の訪問先と俳句を、出雲埼までといたしました。次回は、北国街道沿いに10泊しました金沢を中心に、結びの地・大垣までの旅と誕生の地・伊賀上までをまとめて話しすることにいたしました。
 なお、次回4月の歴史研究会は、第四水曜日の22日に開催します。
平成の奥の細道紀行

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

2月の歴研は、「暦はおもしろい!」で開催

2月の歴研で開会のあいさつ
小島先生
暦の基本単位は
 20日(水)の午前、回覧板で案内してありましたー特別講演会16ー『~暦はおもしろい!~「暦の歴史・時間」について』は、金沢大学小島荘一先生から、氏の研究テーマをスライドを使って面白く新しい話題を提供頂きました。
 当日は寒さ厳しい中でしたが、40名余の地域の皆さんはもとより、公民館だよりを見たといって他地域からも参加頂き開示用は熱気にあふれ、館長から、「ちこちゃんに叱られる」で2月が何故28日になっているのかとの放映があったことを報告し、太陽暦を含め暦を面白くお話頂ける先生と紹介させて頂き、先生から、3単位で話す内容を1時間30分ではすべて伝えることができないことを最初にお詫びし、今日・2019-2/20は、旧暦では1月16日であり、イスラム暦では、1440年6月14日、ユダヤ暦では5779年12月15日と世界のいろいろな暦の話から始まり、暦の基本単位、干支(かんし、えと)は10の干と12支の組み合わせの60進法であること、日本における暦の起源、江戸時代の浮世絵を使った暦や各地の暦が存在していたことを話され、金沢では、写真のような「月頭暦」が使われていたことを説明し、その内容を面白く語って頂きました。
 今回一回ではすべて聞くことはできず、参加者から次の機会を設けていただきもう一度講演いただきたいとの声もあり、先生から快諾も頂き、内容を含め事務局で時期等を検討することにいたしました。
金沢の月頭暦
江戸暦

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

1月の歴史研究会は休会に

 毎月第四水曜日の午前に開催しています「ふるさと歴史研究会」は、多くの皆さんに自由に参加頂き5年間が経過いたしました。新年に入り、今月の歴史研究会を第三水曜日の16日に計画していましたが、都合により休会とさせて頂きます。ご予定もあったかと存じますがお許し願います。定期的な会員の皆さんには電話で休会の連絡をさせて頂きますのでよろしくご理解下さい。
 なお、2月も第三水曜日の20日に予定していますので、誘い合ってご出席下さい。3月からは第四水曜日の27日に開催し、4月からも第四水曜日に定期的に開催いたします。

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

歴研特別講演15「殿様道を歩く」

12月の歴研
上田さんの殿様道と石仏の話
土居さんの歴史の話
 本年最後のふるさと歴史研究会を26日(水)午前、特別講演会15として今年の1月に「殿様道を歩く~朴坂越の歴史と石仏を訪ねて~」を発刊しました福光町の土居南砺市社会教育指導員と上田南砺市文化財保護審議会委員をお招きしての講演会を開催しました。
 最初に、福光町の民話・殿様道の紙芝居の上演から始まり、1部・殿様道を歩くを上田さんからスライドを使って、加賀藩主参勤交代の帰路に使用したことから殿様道となったことの由来や歴史、江戸時代に観音石仏が置かれ、地域の仲間と一緒に石仏の再発見と殿様道整備の苦労話などが話され、2部では、土居さんから、古代の交通路や明治42年の測量図上にある殿様道の歴史を報告され、加賀13代藩主・斉泰候が参勤交代の帰路のおり、城端善徳寺に一泊し、朴坂峠を越えて帰城した経過や当時の殿様道の繁盛ぶりなど資料を見せながら丁寧な説明がありました。
 両氏の話は、実際に殿様道に携わり整備等に関わった体験と本としてまとめた貴重な話であり、参加者から大きな拍手が送られましたが、現在、30体の石仏を再発見し案内板など設置されたそうで、残りの3体の行方が不明と残念がっていました。
殿様道の地図
殿様道を歩くスライド

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

11月の歴研は、鈴見村の謎で学習

11月の歴研
亀田さんの説明
 28日(水)の午前、今月の故郷歴史研究会を、亀田さんが研究を進めてきました『鈴見村の謎に迫る~「鈴見長門」と「宇多津村」~』で開催しました。
 開会では、私から、配布した資料説明と同時に、12月26日(水)に開催します今年最後の歴史研究会を、特別講演15「殿様道と観音石仏」で、福光町の本を発行しました土居啓生先生の講演が決まり回覧で案内していくことをほうこく、併せて、7日に締め切ります「田上の四季を撮る秋」の写真募集のお願いもし、冬・春・夏と四季ごとに写真募集し今の田上を次の世代に記録として残していきたいとお願いもしました。
 亀田さんの講演は、歴史上鈴見が登場したのは五日から始まり、鈴見長門や宇多津村と鈴見出村、田井村良との関係、郡家神社と郡司屋敷、鈴見村落小学校と創立年、時間芸術と稲虫送り、川除事件と鈴見橋、鈴見の逸話など、浅川村43カ村の領界図、鈴見村全図、向山養生所御用地絵図等を掲示しながら説明、参加者からの質問でより理解を深めました。最後に、私から、鈴見分校の写真入手したことを報告しパソコンで皆さんに見てもらいました。
資料説明

theme : 生涯教育
genre : 学校・教育

田上公民館へようこそ!

金沢市田上公民館

Author:金沢市田上公民館
〒920-1156
金沢市田上の里2丁目3番地
TEL 076-261-1331
FAX 076-261-1516

事務局:8:30〜17:30
利用時間:9:30〜21:00
休館日:土・日曜日、国民の祝日、年末年始

URL https://tagamicc.jp/

・昭和25年8月26日設置(前身浅川公民館)
・石川県公益的施設整備基準適合施設
・平成19年度石川県優良公民館
・平成29年度全公連インターネット活用コンクール奨励賞
・金沢市浅川市民センター併設
地図はコチラ
田上公民館フェースブックページ開設中。「いいね!」をお願いします。
▼バナーをクリック

WEBサイト翻訳
translate this blog
日付別に記事を読む
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事の一覧
月別に記事を読む
検索フォーム
公民館関連リンク
RSSフィード
FC2拍手ランキング
分類された記事を読む
いいね金沢魅力発信サウンドロゴ
文字の大きさを変更する
    田上公民館の掲示板
    公民館発信回覧
    「もちのき学級」と「かしわぎ学級」のお誘い
    受講者募集中!公民館まで電話申込
    田上公民館ふるさと歴史研究会の会員は随時募集中!!公民館まで電話申込
    田上公民館俳句教室毎月第4土曜日午後1時から開催しています。
    受講生随時募集中!!公民館まで電話申込
    回覧はADOBE READERで閲覧できます。
    Adobe PDFファイルを表示、印刷するためのフリーソフト

    思い出アルバム
    ●2019成人式
    フォト蔵
    2019成人式茶話会
    2019成人式(平成30年度) by (C)田上公民館
    ▲写真上でクリックするとアルバムを見ることができます
    さらにクリックしていけば写真をダウンロード可能です
    ご参加いただきありがとうございました。(実行委員長)

    Twitter
    @金沢市田上公民館
    twitter
    @tagamikominkan
    ブログ投稿フォトアルバム
    携帯サイトQRコード(URL)
    携帯サイト
    QR
    学生の町周辺散策地図
    大学門前町周辺プロムナードマップ
    アクセスカウンタ