FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

6月の歴研は「狛犬の話」で開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

パワポで話を
椿原神社の逆立ち狛犬
 22日(水)の午前、6月度のふるさと歴史研究会を開催。狛犬の話は、「加賀逆立狛犬を残そう!」キャンペーン等を行っていますいしかわ狛犬研究会の植茶氏にお願いしていましたが、2度の病から開催することが不可能となり、植茶さんに話したところ、データを渡しますのでそれで講演をしたらどうですかとの答えをいただき、私から拙い話となりましたが、地元の狛犬と植茶さんのデーターをとりまとめ私なりに話をさせていただきました。
 最初に、7月の歴研は、先に配布しました小立野地区社会福祉協議会が作成しました地区の前田家と関係のあるお寺のビデオ鑑賞することで開催する旨を話し、8月は、木越先生の『若松本泉寺と一向一揆』で開催することも報告。引き続き、配布しました①山城ガイドブック②探訪金沢の仏像について説明をさせていただきました。
 狛犬の話は、まずは地元からと、若松八幡神社、田上本町の少名彦神社、田上の榊原神社、旭町の牛坂神社、鈴見の郡家神社、角間新町の角間神社の6つの神社の狛犬を説明し、次に、大変な調査等を行い取りまとめた「金沢市内神社狛犬の魅力!」について、私なりにまとめ市内を中心に、神社の歴史や狛犬の歴史を説明し、最後に、金沢市内の逆立ち狛犬について、『阿吽』の説明と植茶さんの研究結果をもとに報告させていただきました。写真は、江戸時代の椿原神社の控えめな逆立ち狛犬です。
田上・杜の里地区の狛犬
6月の歴研で

5月の歴研「加賀能登に来た伊能忠敬」で開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

伊能忠敬の講演
寺口先生の講演
石川県域の測量を
 25日(水)の午前、5月のふるさと歴史研究会を特別講演「加賀能登に来た伊能忠敬」を、伊能図完成200年記念誌『稲生忠敬加能越を測るー石川・富山足跡探訪ー』に携わりました寺口 学(能登町教育委員会社会教育主事)しから、金沢での測量等を中心にスライドを使って分かりやすく講演いただきました。
 公民館の相談役として歴史研究会を担当しています私から、先生の紹介といくつかの資料を説明させていただき、寺口先生から、伊能忠敬の生い立ちから大人となっての活動と50歳を過ぎてから測量の研鑽を深め日本地図作成までの足跡を説明いただき、金沢市での測量や隠密と疑われての加賀藩の対応等もお話いただき、江戸時代に作成された「べろ図」と忠敬が作成した東日本の石川県地図の正確さが手に取るようにわかりました。
 現代の測量機器がない中で、江戸時代にいかに正確な日本地図を制作したのか、その測量方法や天体観測、詳細な測量日誌等、スライドで分り易く読み解き説明いただき、実りの多い研修会となり、いくつかの質問もありました。
5月の歴研①
葛飾北斎の測量之図
金沢での測量①

4月の歴研は、ビデオ鑑賞と資料説明で

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

資料の説明から
ビデオも
 27日(水)の午前、4月度のふるさと歴史研究会を開催、夕日寺公民館も作成に加わった「夕日寺1300年記念地域のお宝ビデオ」を最初に鑑賞しました。いくつかのお寺とお宝の紹介や長江じょんからの踊り等、手作りですが地域のお宝を大切に保存していこうとの思いを見ることができ、田上のお宝マップ作りに参考となりました。
 引き続き、私から、マスコミに掲載されました「田上新聞」から、岡の道しるべにQRコード付きの案内看板を設置したことから資料の説明を進め、近いうちに一向一揆と若松本泉寺の特別講演を計画していることから、蓮如さんと血の川の報道を報告、関連して、金沢の真宗関連資料調査報告会の冊子を配布して蓮如上人と二俣本泉寺と若松本泉寺を少し説明させていただきました。さらに、金沢市文化財保存活用地域計画の概要版とその中に取り込まれました「加賀一向一揆・戦国期に関わる歴史文化遺産群」と「戸室石の採石と利用に関わる歴史文化遺産群」も報告して、次のテーマに石引道を取り上げていきたいと、「野坂」への案内看板取り付けを含め報告させていただきました。
 最後に、安村さんから、「田上火薬御土蔵道造之件」(近世市利用館資料)について、古文書を独自に読み取った結果として、田上塩硝蔵に関わる運搬道の造成や田上橋についての修繕経過を説明されました。
 次回は、5月25日(水)に特別講演として「伊能忠敬の伊能図完成200年~忠敬測量隊金沢をはかる!~」の講演を受けることにしており、回覧で30名の募集案内をさせていただいています。

「岡の道しるべ」に案内看板取り付け

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

完成記念写真を
QRコードも取り付けました。
 ふるさと歴史研究会で研鑽を深めてきました「岡の道しるべ」について、念願の案内看板を12日(火)の午前、上田田上町連会長、岡本地元町会長と歴史研究会の亀田・中野・関戸の立会いの下、案内看板の幕を外し完成することができ、参加者で記念写真を撮りました。
 この岡の道しるべは、地元では蓮如上人や当時の門徒の手によって建てられた歴史ある文化遺産として語り継がれてきましたが、ダンプカーにより折損、長く軒下に放置されてきましたが、田上本町区画整理事業により元にあった場所(昭和36年の北国新聞に写真が掲載されており、ほぼ同じ場所になります。)に復元整備されたものですが、地域の皆さんからは何の道しるべかも知らず「左ともろ道 右ゆわく道」と青戸室石に刻まれて字も読むことなく、寂しく佇んでいました。
 今回、歴史研究会で学んできたことを看板に記し、しかもQRコードも設置したことにより、よりふるさとの歴史遺産に関心をもっていただき、次に繋いでいけるのではないかと期待されています。散歩の途中、スマホ―等でQRコード読み取ってより詳しく歴史遺産に触れていただければ幸いです。
看板の除幕
上田町連会長と亀田さん

3月の歴研は「戸室山麓6ヶ町の昔と今と未来」を研修

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

岡嶋さんの講演
館長の開会
 23日(水)の午前、今年度最後となりますふるさと歴史研究会を開催、先に中山町の岡嶋さんから戸室山麓の地名と字名についての研究報告いただきましたが、今回は、さらに亀田さんとも連携を取りながら研究を進め、内容も深めた結果として「戸室山麓6ヶ町の昔と今と未来」と題して、報告をいただきました。
 館長の開会挨拶で、玉川資料館での新春展示会の冊子の説明後、田上と中山の石引道等でのつながりや角間川の源流が中山のため池であること、角間川のホタルも中山のたまものなど、縁とつながりが深いことをほうこくさせていただき、あわせて、今月の26日(土)の午後1時30分から開催される「金沢市文化財保存活用地域計画 国認定記念フォーラム」に私もパネラーとして参加することなど、フォーラムへの参加をお願いさせていただきました。
 岡嶋さんからは、32ページに及ぶ研究成果資料をもとに、戸室山誕生と戸室山麓の年表から話が進められ、6ヶ町(俵・中山・小豆沢・戸室新保・戸室別所・湯谷原)のそれぞれの地名と字名のいわれについて、地図もしめしながら詳細に報告され、研究成果の深化が分かる説明でもありました。最後には、戸室山麓にあります施設の一覧と内容や長年研究してきました「石引の道」についても、話され、岡嶋さんのご苦労と熱心さが伺いできた研修となりました。
戸室山山麓についての資料

このカテゴリーに該当する記事はありません。