FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

歴研は、マナビー号で文化施設のスタンプラリーを

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

市埋文皆で記念写真を
津幡での視察研修
内灘で
 28日(水)の午前、ふるさと歴史研究会は、マナビー号を利用して石川中央都市圏文化施設周遊のスタンプラリーに挑みました。午前9時30分に公民館をスタート、最初に津幡町ふるさと歴史館「れきしる」です。ほとんどの参加者は初めての場所であり、津幡城があったこともしり、倶利伽羅の戦いや北国街道・下街道の宿場町であったことなどの他、河北郡浅川村の歴史にも触れることができました。当然、1っ個目のスタンプを押印してもらいました。
 次は、内灘町の歴史民族資料館「風と砂の館」です。粟ヶ崎遊園地の門を見ながら遊園地の内容をしっかり見ることができました。残念ながら、河北郡の歴史年表等はありませんでしたが、内灘闘争がメーン―との展示期間であり、鉄板道路など当時の写真と資料等で厳しい闘いの歴史に触れることができ、2つ目のスタンプを押印。
 3つ目(4市2町の内、最低3カ所の押印が必要)の最後は、金沢市埋蔵文化財センターです。入口で記念写真を撮った後、3つのスタンプが完了したことにより、記念のトートバックをいただき当初の目的は達しましたが、3月から金沢縄文ワールドを開催しており、田上本町遺跡にも携わった女性の学芸員から丁寧な説明もあって学びを深めることもできました。
 なお、5月26日に開催します歴研は、いしかわ狛犬研究会・植茶代表によります「金沢の神社調査と狛犬、狛犬のルーツ・歴史」について話を聞くことにしています。回覧は回しませんので、誘い合ってご出席いただきまいようお願いいたします。
スタンプラリーも
スタンプラリーでバックを

今年度最後のふるさと歴史研究会を開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

館長から資料説明が
安村さんの双六スタンプ
 24日(水)の午前、令和2年度最後となりますふるさと歴史研究会を開催しました。研究会の冒頭、館長からいくつかの資料を配布それぞれについて説明をさせて頂きました。最初は、コロナ感染防止7か条です。要は体力づくりが大切で感染防止対策をしながら運動を置こうなうことが免疫力アップにもつながることを報告、次に、2021年金沢大学公開講座を見てもらい、引き続き、金沢レトロ建築めぐりについて近代建築ガイドブックを説明し、ウォーキングを兼ねて訪ねて下さいと報告しました。
 引き続き、白山詣双六のQRスタンプラリーについて資料を提示し、実際スタンプラリーに参加した安村さんから、ご褒美の双六手ぬぐいを見せながら場所等について説明し、次に、安村さんが担当しました冊子「1300年田上郷・若松荘の地名字名~未来へ~」の旭町偏について詳細に説明しました。最後に、亀田さんから、田上・田上本町・若松・角間町・鈴見町の地名字名について説明し、一部訂正箇所(ちょっとした場所の違い)があることも説明されました。また、冊子作りに関連して、資料を配布して『田上駅の謎』について、あくまでも田上郷に駅があったと資料等を交え研究結果を発表、学説的にも多様な意見があり、私たちの地域の宝として物語的に継承していきたいものです。
 新年度最初は、4月28日にマナビー号を利用して石川中央都市圏文化施設周遊スタンプラリーを実施することしましたので、当日は時間厳守でご参加いただきますようお願いいたします。
亀田さんから冊子の説明が
完成した冊子

「地名・字名のいわれ」を市図書館にも贈呈

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

玉川図書館への贈呈
 第12回公民館役員会で冊子の完成を報告し、贈呈先と斡旋配本等を確認して当面は贈呈を優先することを確認、15日からの希望者への斡旋配本に向けて、田上校下町会連合会各町会をはじめ市役所関係先、市公連と各公民館や田上・杜の里・兼六小学校と兼六中学校、泉野・海みらい図書館への贈呈も終え、9日、市玉川立図書館と発刊に助言をいただきました近世資料館へ贈呈させていただきました。15日の月曜日からは希望者への斡旋配本を受け付けますが、贈呈先の金沢大学など残された贈呈先を今週にも完了することにしています。
完成した冊子

 

「地名・字名といわれ」の冊子を刊行しました。

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

冊子の報道・北国
 ふるさと歴史研究会の長年の学習成果をまとめた冊子『1300年 田上郷・若松荘の地名と字名~未来へ~―田上・杜の里校区の地名・字名といわれ―』の発刊ができ、2日の公民館役員会で贈呈カ所や斡旋販売方法(公民館で斡旋)等を確認、3日(水)の午後、出来上がった冊子についての取材があり、担当しました亀田・安村・中野各氏から感想や苦労話などを話し合いました。
 出来上がった冊子については、来週8日から、作成に協力をいただいた皆さんや町会、学校、大学、図書館、各公民館など、ご高配をいただいています関係個所に贈呈をしていくことにしています。もちろん、地域の希望者の皆さんには斡旋販売(1冊・500円)も開始させていただきます。冊子の取材を
完成した冊子

2月の歴研は、資料と冊子の説明を

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

安村さんから説明が
亀田さんも報告を
冊子の目次
 24日(水)の午前、2月度のふるさと歴史研究会を開催しました。開会の冒頭は、館長から、3つの配布資料を説明です。一つは、近世資料館で開催されています新春展「金沢二の丸御殿」で、新年度から整備が進められることを報告、二つ目に、新聞にも掲載されていました加賀地域連携会議発行の「北国上街道をあるく」を、各地区のマップとの説明と加賀市関所跡からの道が上街道の面影を残していることを報告し、その先の吉崎道も素晴らしいと説明、三つ目に、石川中央都市圏文化施設周遊スタンプラリーを説明し、4月28日の歴史研究会を、マナビー号を活用してスタンプラリーする予定を報告し参加者を募りました。
 次に、安村さんが作成しましたスライドで、『1300年 田上郷・若松荘の地名・字名~未来へ~』副題ー田上・杜の里校区の地名・字名といわれーについて、何買い物検討を重ね、3月に発行できるまでに至った経過と冊子の内容を地図等も活用して説明、亀田さんからも、いわれで大きな教えを受けた若松の松尾さんと田上本町の上田さんの資料も説明、3月の歴研で出来上がった冊子をもとに研究会を開催することと、年間会費を500円として冊子と引き換えすることも確認いたしました。
旭町②
資料説明を

このカテゴリーに該当する記事はありません。