FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

女性部の食生活見直し講座

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

出来上がりは完璧
2回目は調理実習
慣れた手つきで
 女性部によります「食生活見直し講座」は、2回シリーズで、11月21日に一回目として「カラーコミュニティーション~色のチカラでイキイキ暮らそう~」として、カラリスト・色彩福祉士の中村先生から、色とはエネルギーや可視光線とは、心理生理に働きかけるなど前段のお話があり、主な色の心身への効果、自分色を身に着けようと次に展開し、パーソナルカラーの4タイプ「サマー・ウインター・スプリング・オータム」についての説明があり、はじめは恥ずかしそうでしたが、自分色では真剣に考えさせられたようでした。また、食事記録表の説明と提出があり、2回目に講評を受けることになりました。
 2回目は11日(水)の10時から開催、講話で「色々な食品で栄養バランスを~1日の目安量~」と「色彩と栄養」について、健康づくり栄養士の高信・柿本両指導員から資料を提示しながらやさしく説明され、調理に取り掛かりました。参加者の皆さんは、ベラランぞろいで手慣れた手つきで塩分控えめな料理に取り組み、美味しくて色彩豊かな食事が出来上がり、講師のお話も聞きながらおいしく食しました。最後に、提出しました食事記録表と問診票をもとに、個別に両氏から、「あなたの栄養バランス」はどうであったかなど講評と指導があり、有意義な2回シリーズの講座を終えました。
慣れた手つきで①
美味しく食べました。
一日にこれだけ食べよう

女性部のマナビー号で視察研修

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

なり切って記念写真を
アナウンサーになって
スタジオの説明
 5日(木)、女性部で準備を進めてきましたマナビー号によります「石川テレビと谷口金沢建築記念館」視察研修です。午前9時30分、館長の見送りの中、マイクロバス一杯の参加者は、最初に好評を博しています石川テレビへ。地元の社長さんに厚かましくお願いしての見学で、リフレッシュスタジオとニューススタジオを、テレビで顔を見ていますニュースキャスターの案内で楽しく見ることができ、リフレッシュの合図で記念写真も撮り、ニューススタジオでは、アナウンサーになり切っての体験と写真も撮り合いました。
 昼食後は、谷口金沢建築記念館へ。入口で館内の案内ビデオを見ながら、金沢の全国初の伝統環境保全条例の大切さと先見性を学び、東京の迎賓館にもあります茶室の素晴らしさを見学し、窓から建築家の思いに触れることもでき、新しい金沢建築の記念館を堪能、帰りに西茶屋資料館に寄ってバス研修は終了しました。
 なお、女性部では、11日に、2回目となります食生活改善への調理実習も開催することになっています。
茶室から
入口で説明も

女性部のこまつの杜と能美防災センター視察研修

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

さすが!
こまつの杜で記念写真
こまつの杜の説明を受けました。
 女性部では、マナビー号を利用して市内施設視察や県内施設の視察研修を実施していますが、12月に入ってバスの使用が可能となり回覧で募集、6日(木)、「わくわくコマツ館と能美市防災センター体験」に出発しました。
 館長の見送りを受け最初にこまつの杜わくわくコマツ館(建機メーカー「コマツ」)に行き、管内で説明を受けた後、こまつの杜内の様々な建機と建物、コマツの歴史を研修し、世界最大のダンプトラック(930E、現在世界で1000台維持用が稼働)へ。ヘルメットを着用して大きなダンプにあがり運転席試乗なども実施、ダンプカーの前で大きさを実感してもらうための記念写真も。
 昼食後は、小松市こまつの杜2とサイエンスヒルズこまつを視察し見分を深め、前回も訪問しました能美市防災センターへ。前回は、災害の怖さを体感するシアターや展示コーナーと強風体験わ体験しましたが、アンコールもあり、残された「地震体験」や煙避難体験、初期消火体験と情報を伝える通報体験に挑みました。防災センターは新しくいろいろな体験コーナーもあり、「身を守る」5つの体験を通して災害を知る・災害に備えることを学びました。
情報を伝える体験コーナー
地震体験も

 

女性部のマナビー号利用の市内視察研修

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

カタニで金箔貼り
初の収蔵室内部の説明も
貴重な絵図や古文書も
 女性部で準備を進めてきましたマナビー号利用の「金箔貼り体験と中村記念美術館、玉川図書館近世資料館視察」について、回覧等で案内して募集、年度末や雪等の影響もありましたが、定員の20名の参加があり、7日(水)の一日、市内各地の施設等の視察研修を実施、体験コーナーや初めて訪れる場所等もあり、参加者にとって実りの多い視察研修となりました。
 館長の見送りを受け、下新町のかなざわカタニへ。製品等を視察して型抜きシールを使っての金箔貼りを体験、思わぬ出来映えに笑顔もこぼれ、次の玉川図書館近世資料館では、内部の収蔵庫の見学と説明もあり、絵図と古文書の説明も受けるなど初体験者も多くいて感度の研修となりました。
 昼食後は、県立美術館広坂別館の『文化財保存修復工房』へ。ビデオを使っての説明もあり、窓越しではありましたが保存・修復作業も見ることができ、金澤神社金沢霊沢では、まいどさんの奥田さんから由来を含め面白い説明もあり、最後は、色彩対決!シャガール対KOGEI展を開催しています中村記念美術館です。静かな環境の中でお茶も飲みながら様々な色彩の鮮やかさを堪能することができました。
金沢霊沢で身も心も
色彩の鮮やかさを比較観賞
石川県立美術館広坂別館文化財保存修復工芸館

バス研修で能美防災センターと白山総合車両所

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

30mの強風を体験
震度5強も体験
 24日(金)、女性部主催によりますマナビー号バス研修で、新しく開設されました能美防災センターと白山総合車両所研修を実施されました。
 荒れ模様の天気でしたが、回覧板で案内しました参加希望者であり希望者全員が公民館に集合時間前に集まり、研修先への期待が高まりバスに乗車、最初に新設されました能美市の防災センターへ。センターの説明と注意事項等のレクチャを受け、震度5の地震体験や消火・煙避難、強風体験を順次行いましたが、初体験となりました風速30mの強風体験では、セットしてきました髪もなんのその、その強風ぶりに改めて風の恐ろしさを再確認させられました。
 昼食後は、やっと予約がとれました白山総合車両所です。センター内での施設説明と視察時の注意事項等のレクチャーを受けて屋上へ。たまたま雨も上がり新幹線が車両所を出で行くところも見ることができ、最後の水洗車で奇麗になって金沢駅へ行く姿を見て、早く新幹線に乗車したいとの期待が高まりました。次は、1番線から9番線まであります総合試験試験車場へ。丁度1番線に新幹線が入ってくるのを見ることができ、動車やパンダグラフも視察し、東日本と西日本両社の新幹線が並ぶところで記念写真も撮り、台車検修場・部品検修場を見学して降雪エリア仕様のトラバーサー(車両を1両ずつ作業エリアに移動させる装置)を見て、2時間弱の車両所視察研修を終了しました。
2両の新幹線の前で記念写真を
綺麗で素敵な新幹線を目の前で
新幹線が車庫入り

このカテゴリーに該当する記事はありません。