FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

第64回石川県公民館大会

Posted by 金沢市田上公民館 on  

 公民館の役割を再認識しました大会でした。
 4日、第64回石川県公民館大会が『地域の核となる公民館の充実をめざして~いま問われる地域の防災、そして公民館の役割』をスローガンに小松市公会堂で開催され、県内19市町の310公民館関係者が集まり、盛会裏のうちに終了しました。
 大会では、優良公民館(大浦公民館など5館、田上公民館は受賞済み)、優良職員、永年勤続職員の表彰を行い、全員でご苦労に感謝と激励の拍手を送りました。来賓等の祝辞を受けた後、アトラクションとして、能形式「安宅」・小松歌舞伎未来塾 小松能楽教室(小学校一年生から中学校一年生の児童・生徒)と小松相撲甚句会によります演技が披露され、児童・生徒のすばらしい演技とユーモア溢れる甚句に会場から大きな拍手が送られました。
 午後からは、スローガンにもありますテーマについて、福島大学うつくしまふくしま未来支援センターの天野と九人准教授から、ビックパレットふくしま避難所で指導し支援してきた体験を踏まえ『あの時避難所は・・・「おたがいさま」が支えた169日間』について身につまされるお話があり、シンポジウムでのパネリストのやり取りを含め、公民館の役割や意義を再認識し、参加者一同さらなる運動を展開していくことを誓い合いました。来年は、七尾市での大会となります。なお、今回の大会テーマが防災研修でもあったため、田上公民館から宮川防災士(旭町在住)にも参加頂き、地域の防災・減災について学びとっていただきました。
アトラクションの能形式「安宅」の子供たちの演技に拍手


 

該当の記事は見つかりませんでした。