FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

市公民館館長県外研修で東北へ

Posted by 金沢市田上公民館 on  

亡くなった14名の生徒に手を合わせ・・・
 27日から28日の1泊2日、市公連館長県外研修で東北の名取市と閖上地区、福島の飯舘村(避難しているのでホテルで研修)を視察研修してきました。市公連では、ここ2年、震災と防災・減災をテーマに、様々な研修を重ねてきましたが、その最終ということで、東日本大震災の現地視察を計画、27日は、2月の市公民館大会に特別出演頂いた「名取市の閖上太鼓」のお礼も兼ねて名取市役所と閖上地区で津波被害と対策・対応について視察研修しました。2日目の28日は、福島第一原子量力発電所の事故により全村避難せざるを得なかった飯舘村(村全体が避難しているのでホテルで研修)における放射線被害と対応、避難の実態等を講演頂き、放射線被害対応等の研修も実施しました。
 いずれにしても、名取市は非常に遠方であり朝6時30分に金沢を出発、名取市役所に到着したのは午後3時となりましたが、参加者の熱意は高く市担当から『名取市における被害等概要、被害にあった館腰公民館の活動報告、震災で起こったこと・震災に備えておくこと』の説明も真剣に聞き、閖上地区の現地視察を津波被害があり避難所ともなった閖上中学校(現在は使用されていません)から地域の現状を視察し説明も受けました。質疑も交しましたが、大変な現地状況に声も出せなかったのが率直な感想です。
 2日目の飯舘村は、全村が避難しているため、現地研修は不可能でしたが、ホテルに村長(広報で文部科学大臣賞受賞のため欠席)さの変わりに、牛舎と農業経営していました菅野村議から、放射線被害の実態等、政府や行政の怠慢や無策を指摘しながら、全員避難せざるを得なかった対策や対応、そして先の見えない現状に、憤りを交えて訴えられ、私たちは先の見えない現実と村民の未来になにもできない自らの無力を思い知らされました。
 二箇所しか見たり現状を知ったりしかできませんでしたが、心に重い宿題を与えられた思いです。被災地の皆さんの元気と一日も早い復興を心から願い金沢へ帰ってきました。
未来が見えない、作れない苦しみを知ることが・・・
人も家もないゆりあげ地区

該当の記事は見つかりませんでした。