FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

田上本町「少名彦神社」の狛犬②

Posted by 金沢市田上公民館 on  

「少名彦神社」の狛犬阿吽の狛犬

 次は、田上本町の「少名彦神社」です。創立年代は明確ではありませんが、古くより延喜式に見える加賀郡の『神田神社』と推定され、また、田上郷は、田上駅でもあり今なお「番場」という小字名を遺しています。さらに、上田上の高島に鎮座されていました「神田神社=薬師社」の社殿は、二間四方の東向きで森の中ありましたが、明治の中頃に移され「少名彦神社」に改名しています。明治に入り、「菅原神社」に改名され、昭和34年には「少名彦神社」の社殿に合祀となりましたが、「菅原神社」の社額に変更はなく、鳥居は移されています。
 また、高島・古宮跡ありました榎木は、現在境内に移されており、大切に保存されていますが、由来書きの看板はありません。
 境内の狛犬は、大正11年に北海道・函館在住の二軒の寄進によって造られたもので、田上町の神明社狛犬と違って子犬を抱いています。なお、境内にあります手水は、天保11年(1840)築造と刻まれていますとても古いものです。
寄進者は大正11年、函館の人と刻まれています。

該当の記事は見つかりませんでした。