FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

令和に合わせホームページをリニュアル

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

田上公民館ホームページ
田上ホームページ①
 1日の令和元年スタートと同時に、田上公民館のブログ方式のホームページを「レスポシブデザイン(お使いの機器や画面の大きさに最適化する自動レイアウトと動きのあるデザイン)」として、アイホンなどにも対応できるようにしましたが、写真でのアップ紹介となり見づらいと思います。当面は、見て頂き皆さんのご意見等を聞きながら改善していきますので、ご意見をお寄せください。なお、アクセス数は、194692人となりました。20万人で記念を考えたいと思っています。
※これまで上部にありましたナビゲーションボタンはスマホ表示ですと自動的に隠れていますので「金沢市田上公民館だより」の部分をタップしていただくと表示されます。
田上ホームページ②

平成最後のゆうゆうぜみはICTスマホ活用

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

ゆうゆうぜみなーる2019-03-09 太田氏

 本日3月9日、地域在住の語り部を招いての「ゆうゆうぜみなーる」が開催されました。テーマは「良い子、悪い子 町民スマホ活用術」、スマホで町会活性化を考える、の内容でした。田上の里町会が「平成30年度 ICT(情報通信技術)を活用した町会等活動の活性化事業」のコンペに応募して採択され、モデル地区として自ら、まさに今、経験されているという情報を得た(2018年12月17日ブログ記事を参照)のがきっかけです。語り部は、太田明雄氏(金沢大学准教授、角間里山メイト顧問)と竹田裕一郎氏(金沢大学総務部地域連携推進課長、田上の里町会副会長)で、お二方は田上の里町会ICT推進実行メンバーです。

 活用されるICTは、スマホの地域ニーズ特化型のグループウェアアプリ(アプリ:目的をもって動くソフトウェア)「金澤町会ネット」。
 太田氏からは、まず、田上地区での「まちづくり」の課題について、地域特性(大学門前町、幹線道路沿いの立地、多くの商業施設、在所と新興住宅地の融合)に根付く具体的な課題説明があり、金沢市の「金沢の町会加入のご案内-金沢市役所」のまちづくりガイドパンフレットの内容の紹介もあわせていただきました。町会組織内での迅速な情報周知・共有、各種団体との連絡、学生さん達との円滑な情報交換などをスマホアプリで解決できないか、課題が明確になりました。
 竹田氏からは、課題解決に導く「金澤町会ネット」の特徴と機能について説明があり(※)、今後の展開として、2019年上旬は、田上の里町会の開発・試行、2019年を通じ希望町会に供用開始(システム利用料最大5万円程度で検討中)のスケジュール提示がなされました。
 最後に、アプリの開発元「さくらシステム」代表門松氏から実際のアプリがどのように動くかのデモンストレーションによる説明を受け、利用イメージも理解することができ、終了後には多くの参加者から活発な質問があり、丁寧でわかりやすい説明を受けました。

「ゆうゆうぜみなーる」は、いつもは平日の夜開催でしたが土曜日の午前は初の試みでした。今後も継続するか、また、地域のみなさんの感想や意見をいただいて工夫していきたいと思っています。今後とも「ゆうゆうぜみなーる」に気軽にご参加ください。(ふ)

ゆうゆうぜみなーる2019-03-09 竹田氏

※「金澤町会ネット」田上の里町会版~いいがいね金沢~特徴と機能
【特徴】
1.金沢市に特化したオリジナルシステムを構築する。
 ・学都金沢らしさ(市と相談してオリジナリティあるカスタマイズが可能
 ・「町会アプリ」デザインと連動した、PC上での「町会ホームページ」風の表示が可能
2.町会組織が主体的に、組織的に運用すること。、
 ・地域住民と共創して、更に必要な機能を実装する
3.大学との連携により、学生参画を推進し、学生に対しての情報共有・利用促進も進める。
 (大学が全面協力、学生も参画し、公民館とも連携して「学び」を実施)
【機能】
1.「だれでもいつでも簡単に登録・使用」ーQRコードで登録、シンプルメニュー、わかりやすい ほかガラケーに対応
2.「簡単操作回覧版 情報共有の迅速化」ースマホの写真でOK、既未読機能
3.町会イベント&ボランティア情報の共有ー住民(学生も含む。)地域への帰属意識向上
4.市からの情報発信(災害・防犯等)-新規住民 地域ルールを簡単理解
5.住民からのヘルプ(周りの助けを呼ぶ)-相互扶助の精神・みんなで助けあう
6.町会運営のサポート(住民の意思決定)-役員の負担軽減、担い手不足解消、住民みんなが参加できる町会運営

ふれあい文化祭2018 回想

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

『たがみ 民俗文化再生!』
金沢市田上公民館 第40回ふれあい文化祭
平成30年10月21日(日) 9:30~15:00
天候:快晴

posted by (C)田上公民館

台風を気にかけながら開催した昨年とはうって変わり、天候にも恵まれ第40回の記念にふさわしい文化祭となりました。ご協力・ご参加・ご来場いただいた皆さんありがとうございました。

第40回田上公民館ふれあい文化祭の思い出をスライドショーでお楽しみください。(ふ)
(注:スマホやアドビ・フラッシュプレイヤーをサポートしていないブラウザでは表示されないときがあります。)


第40回田上公民館文化祭盛況の内に終了

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

賑わった文化祭
太鼓俱楽部太鼓で開会
エンジェルスのダンス
 21日(日)の「第40回田上公民館ふれあい文化祭」は、青空の秋空の下、本当に多くの皆さんにご参加頂き盛況裏に終えることができました。
 公民館委員の皆さんには、昨日の設営から本日の本番と大変なご労苦を頂きました。皆さんのご協力により本当に多くの地域の皆さんにご参加頂き、作品の展示もあり楽しい文化祭となることができました。オープニングは、田上本町たいこ倶楽部の元気な太鼓により開会、留学生も太鼓打ちの体験もでき、また、餅つき体験もできて文化祭に参加して楽しかったとの感想を頂きました。また、開会を田上小学校5年生の厳かな謡曲・羽衣で飾ることもできました。
 屋外ステージでは、杜の里エンジェルズのチアリーディング、田上本町虫送り太鼓保存会の虫送り太鼓演舞、加賀鳶はしご登りを田上消防分団と子供はしごのぼりで実演頂きました。中でも、今回初の目玉行事・消防はしご車試乗会は、整理券を発行して対応するなど大人気となり、海まで見ることができたと両学生の感想もあり、テント市もすぐに売り切れができるほどの盛況ぶりでした。
 屋内イベントは、40回記念として館長から『田上の歴史研究成果と民俗文化の再生~大人のブラたがみ~』と題して、1時間を超える講演があり、民謡教室による伝統芸能発表や大正琴の演奏、わが町の今昔・辻講釈、田上の民話紙芝居、普段着のお茶席、趣味と一般作品展示、各教室作品の展示など、屋内イベントも目白押しでした。
留学生も餅つき体験を
はしご車体験も①

21日は文化祭です。皆さんの作品を募集しています。

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

ふれあい文化祭ぽスター
 田上公民館では、21日(日)の第40回ふれあい文化祭開催の準備で大忙しですが、昨年の雨の中での開催の反省を踏まえ文化祭3日前には開催有無の判断をすることになっています。17日現在、公民館委員の皆さんによります土曜日の設営と準備作業は天候も良いようで、また、嬉しいことに文化祭当日の天気予報も晴れとなっており、地域の皆さんのご参加を頂きながら盛大なふれあい文化祭を開催できるようです。皆さんのご参加を期待しています。
 なお、歴史のある文化祭では、地域の皆さんの趣味の作品や一般作品を募集し展示しています。土曜日の午後、公民館まで作品を自参頂くことになっています。作品を提出頂いた方には、ふるまい餅引換券とコ―ヒー無料券を進呈いたします。ふるって出品賜りますようお願いいたします。公民館は、皆さんの作品を待っています!!!

このカテゴリーに該当する記事はありません。