FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

9月の健康教室は、臨床美術を体験

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

かぼちゃ作りを
健康教室で臨床美術を体験
 20日(金)の午前、今月のいきいき健康教室が、シによりェア金沢でアートケアカフェのファシリテーター・中井臨床美術士により、五感を使って楽しめるアートを体験しました。
 臨床美術とは、エガ上手い下手関係なく、創作活動そのものを誰もが楽しめるアートで、五感(見る・聴く・嗅ぐ・味・触る)を使って感じたままに創作するもので、先生から、かぼちゃが各テーブルに渡され、最初に見ることから始め、匂いを嗅ぎ、触ってから、カットしたかぼちゃを味あいました。そして、新聞紙を利用してかぼちゃ作りです。参加者は、感じたまま思い思いに丸めて形を作り、色紙を張り付けていき、各自のかぼちゃが完成しました。作品の一部は、10月のふれあい文化祭で展示します。
 少し難しそうでしたが、出来上がった自分のかぼちゃに満足そうで、気分がリフレッシュした、おもしろく楽しかったとの感想も聞くことができ、臨床美術の一端に触れることができました。
9月の健康教室
いろいろなかぼちゃが

第72回兼六中運動会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

かけぬけろ令和の時代
団旗
 19日(木)の運動会日和の中、第72回兼六中学校運動会が「DON’T STOP ME NOW~突き進め!勝利への道~」をスローガンに、熱く思い出に残る大会が繰り広げられました。
 上田田上町連会長や各公民館館長、多くの保護者が出席する中、生徒会会長の開会宣言、吉川校長・谷保PTA会長の激励の挨拶があり、11種目の熱い闘いが繰り広げられました。恒例の熱き男の戦い・全学年男子団体騎馬戦や各団代表団対抗リレーで最高調に盛り上がり、総合得点で青団が優勝、素晴らしい団旗では赤団、応援合戦では黄団がそれぞれ優勝を飾りました。なお、写真の運動会パンフレットは、生徒が作成したもので、出席者から高い評価がありました。
谷保さんの開会挨拶
兼中運動会パンフ

若松・旭町・田上本町の秋祭り

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

各テントは大盛況
巫女舞によりお祓いも
若松子ども神輿
 15日(日)は、残暑厳しい中でしたが、若松八幡神社、旭町牛坂神社、田上本町少名彦神社の秋祭りです。若松杜の里の秋まつりは19回目となり、各町会を中心に実行委員会で開催するもので、各町会が順番にテント市を受け持ち、子ども会の射的、ゲームなどの縁日もあり、NPO金沢杜の里の石焼き芋と梨販売など、各テントには列ができる盛況を博し、子ども神輿と太鼓の行列も町会を巡行しました。
大人神輿
子ども神輿
 旭町牛坂神社では、新しくなった大人神輿が披露され、学生等も加わって町を練り歩き、子ども神輿も元気一杯に練り歩きました。
 田上本町少名彦神社の奉納祭りは、虫送り太鼓と子ども太鼓で元気に始まり、夕方からは、焼ソバなどの夜店もあり、田上本町じょんからなどの奉納踊りで盛り上がったようでした。
田上本町奉納祭り・虫送り
田上本町奉納祭り

市地区公民館役職員研修会に田上も参加

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

消火器のクイズから
館長も地震体験車に
 12日(木)の午後、令和元年度の金沢市地区公民館役職員研修会が市消防局防災センターで開催され、市公連会長の私から開会の挨拶として、台風15号による関東方面の被害と避難状況や停電が今も続いていることから、地震対策に加え、台風による停電対策も必要になっていることを提起、田上公民館からも、主事・副主事が参加する中、火災予防と避難誘導・初期消火について、消防局担当課長からスライドを使って説明を受けました。
 引き続き、消防指令センターの見学と通報訓練、地震体験車試乗と体験、水消火器使用訓練などを判別に体験し、最後に、金沢市が取り組んでいます「SDGs」の5つの目標と取り組みなどいくつかの事務連絡を受け、火災や救急等に対する知識を深め、地域自民により安心して公民館活動に参加頂くための心構えも学ぶことができました。
指令室で
SDGsの報告も

杜の里小3年生のホタルの育て方学習会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

スポイトの使い方を体験
ヘイケホタルの幼虫
 12日(木)の午前、今回で11年目となります「ホタルの幼虫の飼育と観察」のための事前研修を、ホタルの宿(NPO杜の里)で、杜の里小学校3年生・3クラス、83名をクラス別に集まって頂き開催しました。
 この事前学習は、大学門前町ホタルの会が実施しているもので、最初に、3組・29人の児童が、ホタルの宿を訪れ、鈴坂宿主から事務所についてのお話と注意事項の話があり、自称ホタル博士の私から、月末から皆さんがホタルの幼虫の飼育と観察を始めるための学習であることを説明し、前回の放流により鈴見せせらぎ用水に、ゲンジが数匹とヘイケ20匹余を観賞できたことを報告、皆さんの頑張りに期待を寄せました。
 引き続き、ホタルの里親・亀田さんから、具体的なスポイト等の取り扱いを説明し、一人ひとりに体験してもらいましたが、ピンセットの使い方はまずまずであるにもかかわらず、スポイトの使い方に難義しているようで、次からの組の皆さんも同じようでしたが、体験することで、飼育と観察にたいおうする自信がついたようです。なお、ホタルの幼虫の飼育と観察は、月末の30日から2か月間実施することにしており児童の頑張りをお願いいたしました。
事前研修①

このカテゴリーに該当する記事はありません。