FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

31日から公民館は自粛に

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

まん延防止で自粛を
講座等の停止を案内
 石川県では、新型コロナウイルス感染状況がステージ4「感染拡大緊急事態」に入ったことにより、公民館は、「令和3年度公民館行事の開催判断」にもとづき、31日の土曜日から8月31日まで、金沢市がまん延防止等重点措置に移行したこともあり、公民館の自主事業は中止若しくは延期することになり、各種団体主催活動も自粛を要請、公民館窓口に事業の停止等を告示いたしました。また、玉川配本所図書と公民館プチ図書館も、15分で貸し出しを行うよう時間制限の案内も行っています。残念無念です。
 また、学校施設開放についても、1団体1日当たり2時間以内の利用を厳守するよう各団体に連絡もさせていただきました。本当に残念なことですが、3日の第5回公民館役員会で確認し自主事業の自粛や縮小とオンラインによります開催わ含め検討していくことにいたします。
図書館も時間制限を

がんばりっこ・たがみっこのの運営委員会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

がんばりっこ②
がんばりっこ①
 17日(土)の夜、令和3年度の「がんばりっこ・たがみっこ合同定例運営委員会」が開催され、西野運営委員会委員長から定例運営委員会が7月開催となったことに理解を求め、新運営委員の確認後、令和2年度の保育実施をスライドで報告を受け、両放課後児童クラブ会計報告を確認しましたが、コロナ感染防止対策についての取り組みを具体的に報告するよう要望がありました。引き続き、新年度の活動計画と予算案の提案があり、コロナ禍の下で、厳しい選択もあることもあわせて報告され、出席者から激励を込めて承認いたしました。
 最後に、委員長から、NPO法人化について、目的や理事会と運営委員会等の検討経過の報告があり、拡大していく放課後児童クラブの要員要望に応えていくための研究も報告、委員から、理事の役割と資格、地区社協や行政との関係、新設に向けた地域理解等の要望もあり、さらに検討を深めていくことになりました。

学問の里浅野川愛護協会の新七つ橋渡りとゴミ拾い

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

学生も参加
 就職も内定と聞きました学生3名
17日(土)の早朝、6月の雨で中止となりました「令和3年度春の浅野川新七つ橋渡りとゴミ拾い」が開催され、久しぶりに金沢大学学生3名(ちょこぼら・雪かきボランティアにも参加)も参加、上坂会長の挨拶の後、学生3名は私と一緒に上田上橋から逆コースの新七つ橋渡りに挑戦しゴミ拾いもしながら真夏の太陽の下、額に快い汗をかいていました。
 起点となります鈴見橋からは、上坂会長・上田町連会長らの役員の他、小間井市議会議員も参加、下田上橋までの川沿いの遊歩道等でのごみ拾いに汗をかきました。
学問の里浅野川愛護協会の新七つ橋渡りは、金沢に残っています「七つ橋渡り」(古来から「ピンシャン・コロリ」を願って行なう民間信仰行事で、春秋のお彼岸の日の真夜中、静かに無言で橋に感謝と願を掛けながら「常盤橋」から「昌永橋」まで一筆書きに7つの橋を渡り「聞善寺」(または「廣誓寺」)で報告するという行事で、今も続けられています)と違って、鈴見橋から上田上橋までの七つの橋をワイワイガヤガヤと楽しく浅野川の景色等も楽しみながらウオーキングすることを目的に始めたものです。
小間井市議も
浅野川のゴミ拾い

1回目のSDGsは、環境出前講座で

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

環境出前講座を開催
金沢市の現状も
 新年度の課題でもありました「SDGs」研修について、 13日(火)の夜、公民館委員の役員を対象とした環境出前講座「地球温暖化&家庭からはじめようエコライフ」と題して、市環境政策課の南主査からスライド等も使って分かりやすい講座を受け、2回目のSDGs研修につないでいくことができました。
 南主査からは、地球温暖化の現状から始まり、金沢市の現況も詳しく説明し、本市の二酸化炭素排出量や排出における特徴、家庭から出る二酸化炭素等を報告し、ゼロカーボンシティ宣言によります目標に向けての施策や一人ひとりができることなどにも触れ、家庭からはじめようエコライフについて、エアコンや冷蔵庫の上手な使い方を通してエコライフを実践し食品ロスにも繋いでいくことを説明されました。参加者からは、人口減少による一人当たりの二酸化炭素排出量との関係や電気と灯油の使用についての考察などいくつかの質疑もあり、理解を深め合い、一人ひとりができるちょっとした身近な取り組みによるSDGsを考えることもできました。
ゼロカーボンシティについて
講座資料

日研生と田上小3年生の交流

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

6班に分かれて2回のインタビューが
ジェスティさんと
ハンさんと
セリーさんから国の写真で
 12日(月)の午前、田上小学校3年5組の総合学習「私たちのふるさと田上の町をもっとしろう」が、6名の金沢大学日研生(日本語・日本文化プログラム)の皆さんと児童達の交流・インタビュー・お国の話が行われました。
 めあては、外国の人は、田上の町をどのように思っているかを調べることでしたが、コロナ禍の下で、日研生の留学生活も金沢大学からあまり外に出る機会が少なくめあてから少し後退しましたが金沢の感想もあり、31名の児童は6班に分かれて6名の留学生に対し、2回のインタビューとそれぞれのお国の話をスライド見て知ることもでき、とても楽しい実りのある学習会となったようです。
 6名の日研生は、リーダーのハンさん(ベトナム)、ジェスティーさん・ソニア(ポーランド)さん、セリーさん・ファニア(インドネシア)さん、イナ(中国)さんで、自分たちのお国の話も生活や食べ物、町の様子、小学校の話など、スライドを使って分かりやすくお話頂き、児童からも質問が殺到しました。日研生の皆さんも大変楽しくできたと児童の皆さんに話、別れのゲーム後も、児童達は、日研生の手をなかなか離しませんでした。
イナさんから中国の話が
ソニアさんと
ファニアさんと

このカテゴリーに該当する記事はありません。