FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

俳句教室第101回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

梅雨写真
衣替え
 22日(土)の午後、田上公民館俳句教室第101回山河句会を12名の出席(1名投句、1名欠席)で開催され、お題として出された「梅雨」・「衣替え」を含めた4句の提出で選句し、中條先生から講評と添削頂きました。なお、7月の句会は休会としますが、お題「洗」の俳句を含め当季雑詠4句を投句頂き、先生選句と講評を頂きます。締め切りは、7月20日です。
【先生選句】
・更衣車両一気に白と化す(池端良伸)      
・衣替えかたづけ下手な母白寿(上田芳美)
・菖蒲園一株ごとに名を持てり(上木惠子)
・向かい風土の匂いの梅雨に入り(岩見博子・7点)
・亡き父や我が手に蛍握らせし(松田好子)
・身の丈に合ふた生き方小判草(池端良伸)
・青空と白き睡蓮水鏡(新出祐子)
・じゃが芋の咲いて女の立ち話(谷内瑞江)
・遠く見るしゃくとり虫の立ち姿(岩見博子)
・ふる里は家族総出の麦刈日(守田君江)
・傘たたむ真鍮のごとと梅雨の月(肩 幸宏)
・青梅を拡げて香る一夜かな(田上ナツ子)
・衣替えまぶしく見ゆる白い腕(関戸正彦)
・霊山の湧水掬ふ木下闇(河野尚子)
・梅雨の朝道草ひとり一年生(福田暁美)

俳句教室・山河句会100回記念を開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

100回記念の山河句会
 田上公民館俳句教室を始めてはや100回の記念句会を迎えることになりました。50回記念では、「山河句会」と句会名も決め記念の句集を発行、25日(土)の第100回山河句会では、記念して吟行と食事会開催によりさらに句会を充実させていくことを誓い合いました。
【吟行句と先生選句】
〇遠山に続く川音つつじ咲く(福田)
〇日照り草人に踏まるる定めなり(上木)
〇頬赤くからすの豌豆吹き鳴らす(上田)
・戸室石里に残りて草しげる(関戸・3点)
 ※映像が分かりにくく工夫が必要
・炎天に水瓶の尻さらされて(先生・3点)
・川つばめ風の狭間をひるがへる(新出)
 ※風をぬいひるがへたる川つばめ
・おんな川土手にはりだしあをくるみ(岩見)
・目を凝らし仕草真似んと草の笛(松田)
 ※草の笛仕草真似んとめを凝らし
・緑陰に記念の手形廃校跡(田上)
 ※廃校の手形記念に緑さす

平成最後の第99回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

リラの花
 27日(土)の午後、平成最後となります田上公民館俳句教室「山河句会」の99回目の句会を開催、お題として出されました「四」・「声」に苦吟しながらも4句提出、先生選句も頂きながら添削と講評も頂きました。次回第100回記念は、5月25日に吟行と記念の昼食会で実施します。
【先生選句】
・春潮のアダージョの風かほる風(肩 幸宏)―「春潮」は検討を      
・残照の木立うぐひす鳴き合へり(河野尚子)
・大杉や四方は八十八夜なる(池端良伸)
・お社の声と太鼓に桜散る(上田芳美)
・四方山故里は今風光る(松田好子)
・耕しに鳥の声降る峡の村(新出祐子)
・新任のチョークの名前四月かな(肩 幸宏)
・鈴なりの満天星に児ら声弾む(松田好子)
・少年の声変りしてリラの花(河野尚子・9点、最高得点)
・花筏堀にあらはる竜のごと(岩見博子)
・遠足や教師の首にホイッスル(肩 幸宏)
・秋干(ふらここ)を漕ぎて仕事を明日にやる(池端良伸)
・花種を指すり合はせ蒔ひてをり(河野尚子)
・父植えし大木となる桜かな(谷内瑞江)
・藤棚の房の雨粒風の中(田上ナツ子)
・ふるい寄せ網の白魚掬ひけり(守田君江)
・断シャリと予定にしるし春連休(福田暁美)
・茶屋街やカメラ目線のつばくらめ(上木惠子)
・頑張れと四月の別れ新幹線(関戸正彦)

俳句教室・第98回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

春隣
 23日の土曜日、田上公民館俳句教室「第98回山河句会」を参加者11名(投句3名)で開催、今回のお題は、「戸」・「関」の漢字を入れた句を提出することで、なかなか難しそうでしたが、男性から『関鯖』の句があり先生の選句にも入りました。次回4月・第99回は27日(土)に、お題を「四」・「声」で、当季雑詠を含め4句提出で開催します。
◎先生選句(清記順)
・虫喰ひの十二単衣の雛笑む(松田好子)      
・故郷の三戸減りたり昼蛙(谷内瑞江)
・戸を叩く一陣の風春を告ぐ(岩見博子)
・関数の宿題する子春炬燵(新出祐子)
・短髪や桜の空へ入隊す(肩 幸宏)
・麻酔覚め妻の笑顔や春隣(関戸正彦・7点)
・堰止めて友禅流す春の川(上田芳美)
・春の月笑ひ上戸と帰るバス(新出祐子)
・春北風白際立てる戸室山(松田好子)
・鱗剥ぐ出刃に銘あり関の鯖(肩 幸宏)
・卒業生今日を最後の金ボタン(岩見博子)
・彼岸西風戸隠山を研ぎにけり(池端良伸)
・車椅子かしぐ路肩につくしんぼ(河野尚子)
・青空や土手をうづめる犬ふぐり(上木惠子)
・冬木立夫の絵の中凛と立つ(石川千波)
 ※添削―夫の絵の冬の木立の凛と立つ
・敷きわらに包まれている菖蒲の芽(田上ナツ子)
・春寒し弁慶忍ぶ関の跡(福田暁美)
・受験子の合格祝ひ赤の飯(守田君江)

俳句教室・第97回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

紅梅
 23日の土曜日、田上公民館俳句教室第97回山河句会を開催、お題として出された「田」と「上」の字を入れた句の提出に苦労したようですが、上木さんの「田の神を・・・」が最高得点6点を獲得するなど、面白い句もたくさんだされ、先生からも好評の講評も頂きました。
《先生選句》
◎最高得点句
・千本の薪にかほあり春寒し(池端・6点)
・田の神を送り届けて春炬燵(上木・6点)

◎先生選句(清記順)
・束の間の浅き語らひ雪うさぎ(肩 幸宏)      
・見上げたる鳥の巣の中動きおり(上木惠子)
・ふるさとの田を覗き込み蝌蚪(かと)探す(谷内瑞江)
・かの山の水も加はる春の川(池端良伸)
・裃で神様送る春田かな(池端良伸)
・冬の蜘蛛落つる卵に追ひつきぬ(新出祐子)
・雪晴れの垣根に集ふめじろかな(上田芳美)
・エンジンの音田に響く春なかば(松田好子)
・らしくない君と歩いた冬田道(肩 幸宏)
・風荒るる春は名のみぞ田上郷(関戸正彦)
・物差しに旧姓のあり針供養(守田君江)
・田の字より書き方あそびの炬燵かな(福田暁美)
・潮風の上り来る丘雪割草(河野尚子)
・田の神を送り届けて春炬燵(上木惠子・6点)
・ローズマリーたわませ春の雪化粧(岩見博子)
・風花や竹林に日矢透き通り(田上ナツ子)

このカテゴリーに該当する記事はありません。