FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

11月の第140回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

鯛焼き
 26日(土)の午後、11月の田上公民館俳句教室第140回を、久しぶりに元気な先生にも参加いただき、新たに加わった2名の会員の紹介もさせていただき(14名、1名欠席、1名投句)、お題「たい焼き」「木枯し」で5句の提出出披講から皆の選句と先生選句・講評と添削をいただきました。
◎先生の御句               
 ・かばかりの小菊焚きて句碑守る        
 ・蕎麦畑の果は見えざり走り蕎麦
◎最高点句
 ・川音や踏み行く落葉響き合ふ(5点・田上ナツ子)
【◎先生選句(清記順)】
・貼り紙に待ち時間書く鯛焼屋(松田好子)   
・木枯しや月に一度の面会日(上田芳美)
・年ごとに減るもやむなし年賀状(本田誠一郎)
・鯛焼きの頭はみ出す茶封筒(松田好子)  
・木枯しの序曲さそふ眠りかな(本田誠一郎) 
・何事も運不運あり年の暮れ ( 〃 )
・木枯しを追ひ風にせむ夫と我(安田由紀子)
・告白ができず鯛焼食べてゐる (肩 幸宏) 
・木枯しや駅のピアノは黙(もだし)しをり( 〃 )
・たい焼きを分けて男はしっぽ食ふ(関戸正彦)
・医王嶺の大きく迫り掛け大根(河野尚子)
・遠山の峰隠したる朝の霧(上木惠子)
・鯛焼きの匂ふ横丁へ戻りけり (田上ナツ子)
・鯛焼きの一ぷくをして家事こなす(福田暁美)    
・一人歩く音を楽しみ落葉道  (谷内瑞江)
・沢の底もみぢもみぢの光り増し(新出祐子)
・夜話をしようお前の生まれた日(池端良伸)
12月の句会のお題は「数え日」と「音」です。
数え日


第139回公民館俳句教室山河句会開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

秋惜しむ
 29日の土曜日、先生が都合により欠席となりましたが、田上公民館俳句教室第139回山河句会を開催、参加者による選句和行い、今回は選句した句の中から特撰も発表いただき、皆で講評もしあいました。なお、終了後、先生に選句と員作、講評をお願いしました。
◎先生選句(清記順)
・秋惜む白山の峰ははや白し(本田誠一郎) 
・かげ廻る風車の裾の大花野(田上ナツ子)
 ※添削―回りたる風車の影や大花野
・菊作りする人も無き植木鉢(上木惠子)
・さざ波のひかりを散らす鴨の群れ(河野尚子)  
・おだやかな老いの一日や柿を干す(田上ナツ子) 
・読み聞かすみすずの童話夜長かな(関戸正彦)
・式部の実身内に訃報続きたる  (河野尚子)
・浅間山真青な空に薄化粧    (上田芳美) 
・隣人の菊名人に庭を貸す  (石川千波)
・菊芋の花を括りて空青し  (新出祐子)
・新米猫落ち着き始め秋惜しむ(福田暁美)
 ※添削―新参の猫居つきたり秋惜しむ
・峡の畑夕日を散らす赤とんぼ(河野尚子)
・逆光の波のきらめきむら薄 (田上ナツ子)
・お地蔵の頭に二匹赤とんぼ (関戸正彦)    
・入り日かな刈田の果ての地平線
・記念樹の葉の降る下に菊眠る(安田由紀子)
・菊の香や泉鏡花の文庫本(肩 幸宏)
・秋惜む下校時の駅朱くなり(池端良伸)
・潮風をけなげに掴む野紺菊(松田好子)
◎皆で選んだ特選句
・久々の露天の湯舟寒露かな(上田芳美・1点)
・月の夜に満ちくる孤独いずこから(肩 幸宏・1点)
・童心にかへり笹舟秋惜む(関戸正彦・1点)
・おだやかな老いの一日や柿を干す(田上ナツ子・2点)
・菊の香や泉鏡花の文庫本(肩 幸宏・1点)
・きれい好き主婦は小菊を束ねをり(池端良伸・1点)
・瀬音立つ峡のカフェ秋惜しむ(松田好子・1点) ・逆光の波のきらめきむら薄 (田上ナツ子・2点)
・色変へぬ松のうねりて三百年(池端良伸・1点)

第137回山河句会は吟行と投句で

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

木窪大滝
吟行・木窪大滝
8月27日に開催しました田上公民館俳句教室山河句会は、津幡町木窪大滝で吟行してきました。なお、不参加者もいることから吟行句を含め当季雑詠5句を提出いただき、先生の選句と添削・講評をいただきました。
◎先生選句(清記順)
・大声で何か言ってる滝見客(池端良伸) 
・青胡桃見上ぐる枝に二つ三つ(上田芳美)
・岩魚捕り瀬音掻き消す子等の声(河野尚子)
・吟行の昼餉は熱き岩魚焼   ( 〃 )  
・稲穂波生れて明るき峡の村  ( 〃 ) 
・峡の村向かう三軒百日紅   ( 〃 )
・岩盤をすべり落ちたる滝白し(上木惠子) 
・故郷の三日三晩の盆踊   ( 〃 )
・青胡桃ふみて見あぐる青き空( 〃 )
・彩なして滝川わたる秋の蝶(新出祐子)
・夜店では射的自慢のガキ大将(関戸正彦)
・日焼子の笑みの歯白し登校日( 〃 )
・三ツ編みのたてがみさやか競走馬(田上ナツ子)
・里山の稲穂明るき峠道     ( 〃 )
・蝉時雨けやき大樹のゆらぐ影  ( 〃 )
・居心地を求めて猫も秋を待つ(福田暁美)
・書展へといそぐ車窓は秋の色(安田由紀子)
・雨脚の近づく兆し今朝の秋(松田好子)
・頬に風川面に群れる秋燕(上田吟行句)
・木漏れ日やしぶきを散らす滝の風(田上吟行句)
・カシャカシャとスマホの音は滝に消ゆ(関戸吟行句)

公民館俳句教室第136回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

 23日(土)の午後、公民館俳句教室第136回山河句会を開催しました。ご指導いただいています先生の都合により、6月句会は休会といたしましたが、句会会員から3カ月も休会したのでは9月からの句会には対応が難しくなるとの声もあり開催したもので、今回のお題「蓮」・「麦酒」についての季語のスライドと代表的な俳句を皆で鑑賞した後、7句選句と披講を実施、河野さんと田上さんの作品が5点を獲得した他、参加しました皆さんから感想や意見を出し合い実りある句会となりました。
 また、山河句会に参加したいが7月は見学させて欲しいとの希望者が2名いましたが、都合により1名が出席、作句した句も提出いただき、選句にも参加いただきました。
【7月句会は皆で選句】(2点以上、清記順)
◎高得点
 ・あばれ祭神輿は火の中海の中(河野・5点)
 ・道迷ふ先は旧道半夏生(田上・5点)
◎皆で選句(7句選、清記順で2票以上)
・泡のこと講釈したるビール好き(池端良伸) 
・見落しの葉陰に絡む太胡瓜・(田上ナツ子)
・大輪のひとひらふわり蓮の夕(松田好子)
・朝凪や和紙となりたる青一面( 〃 )  
・あばれ祭神輿は火の中海の中(河野尚子) 
・雨粒の光を放つ仏桑花(田上ナツ子)
・小さき手に蝉殻のせて駆け寄りぬ(上田芳美)
・越して来し三兄弟の夏休み(上木惠子) 
・古代蓮水の濁りに紅一片(田上ナツ子)
・青柿や粒揃ひたり墓の道(上田芳美)
・マスク外しのぼる清しさ夏の山(河野尚子)
・城垣の石と対峙す白日傘( 〃 )
・白山へみちみち遊ぶ青田風(池端良伸)
・道迷ふ先は旧道半夏生(田上ナツ子)
・白蓮や加賀蓮根の大畑(池端良伸)
・東茶屋ゆれる日傘は花の柄(関戸正彦)
・叢雲を抜けて広びろ梅雨の月(新出祐子)
・保護猫のソファ一人じめ暑き日々(福田暁美)
・ノンアルかビール恋しき病の夫(見学者・安田)
なお、8月句会(27日)は、津幡町木窪大滝の吟行となります。奮って参加ください。

第135回俳句教室山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

山笑う薔薇の香嗅ぐ

28日(土)の午後、田上公民館俳句教室第135回山河句会が、10名参加と投句1名で開催され、今回のお題「葉」・「若」を使った句を含め当季雑詠5句の提出により実施されました。
◎高得点
 ・無理じひの腕組む夫婦山笑ふ(関戸・5点)
◎先生選句(清記順)
・竹の皮脱げば若さの青のあり(池端良伸) 
・亡き父の袷の身丈短かけり(肩 幸宏)
・日光を見せて隠して若楓(池端良伸)
・稲苗を植る学童泥まみれ(河野尚子)  
・よもぎ摘む香り楽しみ食もまた(石川千波) 
・ラッパ鳴り三年ぶりの祭りかな(関戸正彦)
・子の掬ひ右往左往の目高かな(河野尚子)
・猫どうし添い寝のいびき初夏の縁(福田暁美) 
・聖五月四の五云わせぬ晴っぷり(池端良伸)
・こんな日か父の死にたき五月とは( 〃 )
・さえづりを少し離れてもう一羽(新出祐子)
・白帽の列すり抜けて若葉風(松田好子)
・芍薬は白磁の壺に活けにけり(上田芳美)
・越えて来し峠の一樹桐の花(田上ナツ子)
・丁字路を一直線に雉走り(上木惠子
 なお、次回6月句会は、25日、お題「虫」・「池」で開催いたします。

このカテゴリーに該当する記事はありません。