FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

第120回田上公民館俳句教室山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

肩車
 田上公民館の俳句教室「山河句会」は、2月例会で120回となり、句友の池端さんから、中條先生の句が刷り込まれました120回記念の手づくりランチョンマットを頂きました。有難うございました。なお、3月の句会は、27日(土)に、季題「雛」と「暖か」で開催いたします。
◎先生選句(清記順)
 ・池をたち白き翼は鳥雲に(関戸正彦) 
 ・寒水にふくらんでゐる大豆かな(新出祐子)
 ・六人の門出の校舎山笑ふ(池端良伸)   
 ・摘む場所は去年と同じ蕗の薹(上田芳美)
 ・早春の蓮田さざ波煌めけり(河野尚子)
 ・煮凝りを取り合った日々幼き頃(石川千波)
 ・まんまるの背で歩く影冬の父( 〃 )    
 ・撫で肩の少女に大き春コート(池端良伸)
 ・弓矢射る肩に乗りたる春の雪(河野尚子)
 ・藁葺きの氷室の底へ雪と酒(松田好子)
 ・受験生眼(まなこ)いきいき話しけり(上田芳美)   
 ・大風に鳰かるがると波に乗り(田上ナツ子)
 ・朧なる下駄の響きや肩車(上木惠子)
 ・山の肩薄霞ひき茫々と(松田好子)  
 ・頬白の一樹に寄り来青き空(谷内瑞江)
 ・薄氷ジョギングの人肩すくめ(福田暁美)
鳥雲

第119回俳句教室「山河句会」を開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

雪の山河
 23日(土)の午後、田上公民館俳句教室第119回山河句会(初句会・お年玉大会)を開催、お題の「山」と「河(川)」に苦吟したようですが、皆さんの出来映えは先生も高評価を出され、初句会はいろいろと話も交わし終わりました。2月の句会は、27日の土曜日です。お題は、「肩」と「池」になっています。
【先生選句】
・バサバサと冬芽ひとつの棒となり(新出祐子) 
・山眠る獣を深く抱き込んで(河野尚子)
・待ち合せマスクの色を目印に(上木惠子)   
・剃刀で空を抜くかに冬三日月(池端良伸)
・山河をゆがめ轟く寒の雷(田上ナツ子)
・山眠る黒眼きらりと枝の禽(とり)(松田好子)
・去年今年とんとん母の足拍子(新出祐子)    
・最果てのキャバレーの椅子冬ぬくし(肩 幸宏)
・嚏(くしゃみ)する地球ひっくり返すごと( 〃 )
・煙たげな顔揃ひたるどんど焼き(谷内瑞江)
・寒行の小声の経や川へ消ゆ(関戸正彦)   
・除雪車のピポピポ聞きつ睡魔くる(上木惠子)
・川底を摑む流木春隣(松田好子)  
・途切れなく囲碁を打つ音二日かな(河野尚子)
・寒紅が似合ふ芸妓の加賀の舞(関戸正彦)
・皺くちゃの手足をのばす冬至風呂(上田芳美)
・冬晴れの暫し雑談月命日(福田暁美)
(高得点)
・波の花父母なき故郷遠くなり(河野・7点)
・剃刀で空を抜くかに冬三日月(池端・6点)

第118回田上俳句教室・山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

雪吊りの松
 19日(土)の午後、第118回田上公民館俳句教室・山河句会を開催、お題の「雪吊り」と「山眠る」を含めた7句の俳句を清記し各自の選句を披講し、先生の選句と講評を頂きました。なお、1月の句会は、お題を「山」・「河」として23日に新年おとしだま大会として開催します。
【先生選句】(披講順)
・採石の岩肌あらは山眠る(河野尚子) 
・コロナ禍の不安そのまま年暮くるる(上木惠子)
・炭竃を鬼滅聖地と子等尋ね(関戸正彦)   
・箒目の深く正しく竜の玉(田上ナツ子)
・医王嶺へ向き畝揃ふ冬菜畑(河野尚子)
・老松の幹に一縷の蔦かづら(上木惠子)
・実南天はり戸の我のふと母似(新出祐子)    
・声から声へ雪吊りの縄飛ばしをり(河野尚子)
・赤ちゃんの寝返り出来て山眠る(守田君江)
・さざんかや散り敷く紅と咲く紅と(新出祐子)
・コロナ禍の師走の快挙はやぶさ2(福田暁美)   
・雪吊りの影を散らして鳥の水脈(河野尚子)
・月命日読経しずかに師走かな(上田芳美)  
・夫の墓雨にぬれたる散り紅葉(谷内瑞江)
・雪吊りの縄のあわひを抜ける風(松田好子)
山眠る写真

第116回山河句会は吟行で

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

多門橋
10月の俳句教室山河句会は、鼠多門から尾山神社で吟行です。あいにくの秋時雨の天候となりましたが、鼠多門内では観光ボランティアさんの説明もあり、苦吟の私でしたが、投句で先生選句と講評等を頂きました。
【先生選句(清記順)】
・眼の前の橋をけぶらす秋時雨(池端良伸)
・ひょんの実や馴染みし椀の艶に似て( 〃 )
・さし石を艶やかにして秋の雨( 〃 )    
・障子貼る子等と最後の行事かな(石川千波)
・恙無く夫婦で眺む良夜かな(上田芳美)
・菊一種ほとけの父へ供えたり( 〃 )    
・各々の籠一杯に茸(こけ)の道( 〃 )
・お裾分けと隣家の温き茸飯(河野尚子) 
・神苑に吹くひょんの笛音優し( 〃 )
・シャッター切る鼠多門と初紅葉(上木惠子)   
・鼠多門晴ればれと笑む七五三(新出祐子)
・家飲みはがんもにはべん新走り(関戸正彦)
・露天の湯落ち葉を舟に子ははしゃぎ( 〃 )
・復元の木橋行き交ふ時雨傘(田上ナツ子) 
・秋麗や雲さまざまに鼻唄も(福田暁美)
・綾子句碑やうやく逢えし末の秋(松田好子)
・ひょんの笛握り話の輪の中へ( 〃 )
・金沢港シミュレーションの秋の船(福田暁美)
・真新し木橋の濡れて秋の雨(谷内瑞江)
※11月は休会とし、12月は、第三週の19日の土曜日に句会を開催します。

俳句教室・山河句会が吟行

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

ガイドを頂きました。
多門橋で

 24日(土)の午後、公民館俳句教室「山河句会」は、時々雨が降る中でしたが、玉泉院丸庭園から鼠多門で知人のガイドさんから少し内部や庭園の説明を頂き、鼠多門橋を渡り尾山神社へ。境内では、いくつかあります句碑の中で、細見綾子先生の句碑「鶏頭を三尺離れもの思ふ」を鑑賞、三尺について先生から解説も頂き、本殿で俳句の上達を祈願し季語となっています珍しい蚊母樹(いすのき)の身や由来等について思いを新たにしました。
 久しぶりの吟行でしたが、雨にもめげずみんなで楽しい吟行を楽しみましたが、苦吟との感想もあり、10月28日(水)までに、吟行句2句と当季雑詠句3句を提出することを確認しました。なお、投句頂いた句は、後日先生の選句と講評を賜ることにしています。また、11月28日の山河句会は休会とし、12月の句会を19日の土曜日に開催する予定です。
「神門と多門を潜りて秋の庭」、「蚊母樹(いすのき)の実はひょうひょうと境内に」(関とっと)
いすのき
門の前で

このカテゴリーに該当する記事はありません。