FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

第107回「山河句会」の初句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

 25日(土)の午後、田上公民館俳句教室第107回「山河句会」の初句会がお年玉大会として開催、6点の高得点を獲得しました池端さんの句が最優秀を獲得しました。
◎お年玉賞
 ・どんど焼片目入らぬ達磨投げ(6点・池端良伸)
 ・島ひとつすっぽり包み冬銀河(5点・河野尚子)
 ・寒明の仏頂面を洗ひけり(5点・肩 幸宏)
◎先生選句(清記順)
 ・冬帽子コロッケ一つ手みやげに(谷内瑞江)       
 ・大寒や電子マネーがやってきた(新出祐子)   
 ・島ひとつすっぽり包み冬銀河(河野尚子)
 ・寒明の仏頂面を洗ひけり(肩 幸宏)
 ・日のぬくみ重ね米寿の敷松葉( 〃 )
 ・かまいたちどさりと巨漢倒れけり(岩見博子)
 ・米を研ぐ釜の明るさ日脚伸ぶ(池端良伸)
 ・元旦や静けさといふ音ありぬ(新出祐子)
 ・冬夕焼向こふの丘のシルエット(上木惠子)  
 ・凧揚げや静止飛行の烏くる(新出祐子)
 ・春近し土盛り上がる種の鉢(田上ナツ子)
 ・まゆ玉に光りとけ込むあしたかな( 〃 ) 
 ・冬温し地球の危機の気にかかる(石川千波)
 ・初御講心安らぐ時過ごす(上田芳美)
 ・初めての柚べし作りになごみたり(福田暁美)
 ・大寒の雨音優し厨窓(松田好子) 
 ・針供養歩みきし道糧となり(守田君江)
 ・もてなしのドームに吹き込む加賀しぐれ(関戸正彦)

日研生も山河句会の柚餅子つくりに

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

ゆべしで記念写真
中浦社長から説明も
日研生も里親と柚餅子を
 21日(土)、田上公民館俳句教室第106回山河句会は、今年も、輪島の中浦本舗の中浦社長の指導により、留学生5名(日研生)
も参加する中、楽しい柚餅子つくりに取り組みました。
 先生からは、作り方のポイント、中でも「ゆべし」の中身をいかにきれいに取り除くを中心に、前田家に伝わる柚餅子の説明も含めてお話頂き、早速柚餅子つくりに取り組みました。
 日研生5名(女性2名、男性3名)の皆さんは、慣れない手つきでしたが、里親の助言等もあり各自1個の柚餅子つくりに取り組み、きれいに蒸しあがった柚餅子をもとに、先生からこれからの管理方法(約2か月間干す)も習い、すぐに食べられない日本のお菓子の深みを知ることができたようでした。
 山河句会の皆さんは、今回で3回目とあって、手際もよく各自2個のゆべしの中身取から行い、中に入れるアン作りもスムーズで、少し時間はかかりましたが、各自2個の柚餅子を作り上げ、日研生の皆さんと昼食も楽しみ、会話も弾みました。なお、最後に、12月教室の俳句の投句の確認も行い、1月25日の第107回お年玉大会の参加をお願いしました。
楽しく柚餅子作りを
山河句会も
美味しく蒸しあがりました。

第105回山河句会開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

お題の草紅葉
 26日の土曜日、第105回田上公民館俳句教室「山河句会」を開催しました。前2回は、お月見の夕べのコンサート吟行と日程の関係もあり投句で対応してきましたが、久しぶりに先生を中心としました楽しい句会になりました。なお、11月句会は休会となりますが、 12月21日(土)の第106回山河句会は、恒例の「ゆべし作り句会」となります。投句を含め開催案内を送付しましたので、誘い合ってご出席頂きますようお願いいたします。
◎最高得点
 ・濁流に呑まれし跡のりんご園(5点・松田好子)
◎先生選句(清記順)
 ・ゴルフボールころがる先の草紅葉(上木惠子)
 ・木犀の星屑のごと散り敷けり(河野尚子)
 ・むかご飯苦さの混じる母の味(関戸正彦)
 ・湯治場に甘き香りや金木犀(岩見博子)
 ・行く秋や石仏に手をひっそりと(福田暁美)
 ・手話合唱一部教わり秋惜しむ(守田君江)
  ※添削―合唱の手話教わりて秋惜しむ 
 ・名月の真珠粒ほど水の椀(新出祐子)  
 ・山門の茅屋根に生ふ草紅葉(河野尚子)
 ・即位礼大雨晴れて菊薫る(守田君江)
 ・失恋や手酌で酔えぬ片時雨(肩 幸宏)
 ・台風の近ずく中の通夜二夜(上田芳美)
 ・文化祭空にものまねする烏(新出祐子)
 ・秋草を踏みたふし行く獣道(谷内瑞江)
・濁流に呑まれし跡のりんご園(松田好子)
 ・犬のコロ蝮に噛まれた傷も癒え(石川千波)
お題の行秋

俳句教室・山河句会のお月見コンサート

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

お月見コンサート
江戸村で月見
 13日(金)の夜、第104回田上公民館俳句教室「山河句会」を、お月見の夕べコンサート吟行で開催しました。毎年、湯涌江戸村では中秋の名月にあわせて「お月見コンサート」を開催していますが、今回は、旧石倉家でのグループМ4によりますオルガンjazzコンサートで、会場一杯の観衆は、電子オルガン・ギター・トランペット・ドラムのジャズ演奏に酔いしれることができました。
 句会としても、お月見コンサートを聞き月見で一句作ることを課せてあり、ジャズを聴きながら苦吟していました。今回も、一句の吟行句と3句の当季雑詠(欠席者は当季雑詠句4句)を提出頂き、先生によります選句と講評、添削をお願いすることになります。
 ・懐かしく 月もスウィング ムーンリバー(関戸)
 ・江戸村に令和の名月煌々と(関戸)
コンサートチラシ
江戸村で月見

第103回山河句会開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

太きゅうり
 24日(土)の午後、103回目の俳句教室・山河句会を開催、先生は都合で不参加となりましたが、見学者1名の参加もあり、12名の皆さんから4句の俳句を提出いただき、見学者も含めて皆で選句、得点3点以上を獲得した句を報告します。なお、これらの句は後日、先生の先駆と添削、講評をいただくことにしています。
◎句会者選句(清記順・3点以上を掲載)
・指先のしなやかに伸び風の盆(池端良伸・6点)      
・脱ぐために五分の傷あり蝉の殻(肩 幸宏)
・葛の花青天井へ威勢よく(守田君江)
・ビル街のゴジラのごとし雲の峰(松田好子)
・酒粕に酔ふて漬け込む太きゅうり(田上ナツ子・7点、最高点)
・空蝉を篭一杯の児の笑顔(関戸正彦)
・九回の裏夏空へ枯らす声(肩 幸宏)
・一匹を五人家族のうなぎの日(新出祐子)
・踊り終へ空見上ぐれば盆の月(上田芳美)
・台風の去って見知らぬ鳥の群れ(上木惠子)
・鈍色の霞む医王嶺夏の果て(田上ナツ子)
・学校の便りが届き秋に入る(関戸正彦)
・マズルカはショパンの日記秋(あき)薔薇(さうび)(肩 幸宏)
・折紙の金魚浮かべて見たるかな(上木惠子)
・流燈のひとつ岸辺を離れずに(河野尚子)
・炎天下死闘の涙さわやかに(福田暁美)
・冷蔵庫氷落つ音今朝の秋(谷内瑞江)
・サイレンに耳を澄ませる終戦日(岩見博子)
※1、令和元年第103回山河句会は、都合により先生が休まれましたので、参加者によります選句をまとめました。なお、後日、
    先生の選句と添削を送ります。
※2、9月句会は、9月13日(金)の19時から「お月見の夕コンサート」で吟行します。参加者は、吟行句一句とお題の「月」と当季
    雑詠句3句を提出願います。なお、当日は、19時に公民館に集合して出発します。

このカテゴリーに該当する記事はありません。