FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

第135回俳句教室山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

山笑う薔薇の香嗅ぐ

28日(土)の午後、田上公民館俳句教室第135回山河句会が、10名参加と投句1名で開催され、今回のお題「葉」・「若」を使った句を含め当季雑詠5句の提出により実施されました。
◎高得点
 ・無理じひの腕組む夫婦山笑ふ(関戸・5点)
◎先生選句(清記順)
・竹の皮脱げば若さの青のあり(池端良伸) 
・亡き父の袷の身丈短かけり(肩 幸宏)
・日光を見せて隠して若楓(池端良伸)
・稲苗を植る学童泥まみれ(河野尚子)  
・よもぎ摘む香り楽しみ食もまた(石川千波) 
・ラッパ鳴り三年ぶりの祭りかな(関戸正彦)
・子の掬ひ右往左往の目高かな(河野尚子)
・猫どうし添い寝のいびき初夏の縁(福田暁美) 
・聖五月四の五云わせぬ晴っぷり(池端良伸)
・こんな日か父の死にたき五月とは( 〃 )
・さえづりを少し離れてもう一羽(新出祐子)
・白帽の列すり抜けて若葉風(松田好子)
・芍薬は白磁の壺に活けにけり(上田芳美)
・越えて来し峠の一樹桐の花(田上ナツ子)
・丁字路を一直線に雉走り(上木惠子
 なお、次回6月句会は、25日、お題「虫」・「池」で開催いたします。

田上公民館俳句教室第134回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

杏の花しゃぼん玉
 3月の俳句教室第132回山河句会は投句となりましたが、新年度に入っての第134回山河句会はリアルでの句会となり、お題の「杏の花」・「シャボン玉」で素晴らしい句ができていると先生からも好評をいただきました。
◎先生選句(清記順)
・母は子の視線を見るやしゃぼん玉(池端良伸) 
・一つ鳴き空を群れ来る春の鵯(新出祐子)
・春つめてスーツケースの一番線(肩 幸宏)
・吾子の顔少しゆがみてシャボン玉(関戸正彦)  
・消ゆるまで嬉々と追へる子しゃぼん玉(河野尚子) 
・川流る杏の花の咲(わら)ひをり(池端良伸)
・木の芽時背広一着あつらへり(肩 幸宏)
・麦青むふもとまぶしき風の波(田上ナツ子) 
・蓮如みち濃淡織りなす山若葉(松田好子)
・犀星が愛でし犀川花杏(関戸正彦)
・園庭の歓声のせてしゃぼん玉(松田好子)
・翻るやけに大きな燕かな(池端良伸)
・燕来て家族みんなの顔を見る(上田芳美)
・雨上り墓碑にはり付く桜かな(谷内瑞江)
・軒下に燕飛び交ふ美容院(福田暁美)
・生垣に見えかくれする雀の子(上木惠子)
 なお、5月句会は28日で、お題は「葉」・「若」を取り入れた句を含め当季雑詠5句提出となります。

田上公民館俳句教室第132回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

北枝賞に選ばれ池端さんの作品と記念品
俳句のお題
 26日(土)の午後、田上公民館の俳句教室第132回山河句会を、公民館に展示してあります松本さんの動物の鉛筆画と虎の絵画をお題にして開催、虎の季語で苦労したようですが、色鉛筆のイメージも盛り込んだ力作が披露されました。
【先生選句】(清記順)
・色鉛筆削りピンクで春を塗る(関戸正彦) 
・えんぴつ画額にをさまり春到来(松田好子)
・雪風巻声も途切れて選挙カー(関戸正彦)
・外は雪波うつ如く正信偈(上田芳美)  
・深雪晴空の青さを篤と見る(石川千波) 
・縄大蛇運ぶかけ声春を告ぐ(松田好子)  
・影絵なす百樹の上の春の月(松田好子)
・襖絵の虎と目の合ふ朧の夜(池端良伸)
・恥ぢらひの妻のチョコバレンタインの日(関戸正彦)
・獅子頭彫るや余寒の鑿光り(河野尚子)    
・薄氷を田の隅寄す風柔ら(田上ナツ子)
・春近しまた読む夫の農日誌(谷内瑞江)
・大寅や小寅もゐたる春の宴(新出祐子)
・六の瞳散歩見送る炬燵猫(福田暁美)
・新雪のまぶしき朝の静かさよ(上木惠子)
 なお、3月の山河句会は、26日(土)の午後、お題を『芽』で開催いたします。

俳句教室第131回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

光り
 22日の土曜日、田上公民館俳句教室「第131回山河句会」をお題「光」で開催しました。新年初句会でありお年玉句会として、最高点の河野さんと次点の田上さんにお年玉を贈呈しました。
【先生選句】(清記順)
・朝食の納豆汁は父の味(石川千波) 
・憂鬱を乗せてふんはり牡丹雪(松田好子)
・過疎の村闇を灯して冬銀河(河野尚子)
・葛湯とき昔も今もよき日かな(上田芳美)  
・色褪せぬ恋鶏頭はお洒落して(肩 幸宏) 
・しんしんとして雪あかり目をつむる(池端良伸)  
・航跡の一月のひかりうねるかな(河野尚子)
・ゆっくりとほんにゆっくり雪御座る(池端良伸)
・水音の底に張りつく冬の雑魚(河野尚子)
・仏壇を開ければ寒き仏かな(池端良伸)    
・寒林の漆黒透かし夕日燃ゆ(田上ナツ子)
・頬撫でる風にかすかな春の香も(関戸正彦)
・大屋根に留まる雪庇星光る(松田好子)
・草臥れた革靴二足年惜しむ(肩 幸宏)
・骨壺抱く無常の風は雪となり(上田芳美)
・賀状薄し猫三匹戯れる(福田暁美)
・左義長や幸のひと文字風にのる(上木惠子)
・はだか木にまたたく光雨静か(新出祐子)

公民館俳句教室第130回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

古書市
 25日(土)の午後、公民館俳句教室・第130回山河句会を開催、お題の「夜」と夜に関するイメージを含めた5句の提出により、披講と選句、先生の講評と添削をいただき、新年初句会を22日の土曜日、お題「光」でお年玉句会として開催いたします。
【先生選句】(清記順)
・夜行バスゲーム音消ゆ冬の窓(新出祐子) 
・初鴨の水脈(みお)に夕日の照り残る(河野尚子)
・里山のぽつんと一墓冬ざるる(関戸正彦)
・「細いけど九条葱だ」と師の呉れし(池端良伸)  
・光り合ふ一樹の飾り聖夜かな(田上ナツ子) 
・窓硝子透して白き冬の夜(松田好子)  
・つむじ風落ち葉を巻いて道連れに(石川千波)
・雲光り庭一面に初霰(上田芳美)
・雪催ひ歯医者の麻酔まだとけず(新出祐子)
・夜話の途切れて皆の顔のあり(池端良伸)    
・冬安居男も混じる尼お講(関戸正彦)
・冬ざれや籬(まがき)繕ふ能登荒磯(河野尚子)
・年の瀬や小掃除ごと断捨離す(福田暁美)

このカテゴリーに該当する記事はありません。