FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

田上公民館俳句教室第126回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

唐黍を吊るす
 8月の公民館俳句教室「山河句会」は、28日に開催予定でしたが、金沢市がまん延防止等特別措置が適用されたことにより、第126回句会を投句でお願いし先生の選句と添削・講評で実施しました。なお、お題は「玉蜀黍」と「中」の漢字を入れた句でした。
◎先生選句(清記順)
・富士薄れややに火祭太鼓鳴る(池端良伸) 
・体ごと預けて涼の新たなり( 〃 )
・中七の整はなくてぬめり草( 〃 )
・ぎしぎしと秋茄子漬ける母の背や(上田芳美)  
・ワクチン済みゆらぐ走り穂青田中( 〃 ) 
・秋光の真ん中めがけ投網打つ(河野尚子)  
・澄む水に光りて鯉の向き変へる( 〃 )
・文人の褪せたる色紙鮎の宿  ( 〃 )
・五六匹来て蟻の餌の持ちあがる( 〃 )
・読経の中一族がゐる墓参(新出祐子)    
・夕闇に帰宅する影燕の子( 〃 )
・収穫は親父の仕事麦わら帽(関戸正彦)
・亀の子や濁る水面を見え隠れ(田上ナツ子)
・縄文の炉跡になだる夏の草( 〃 )   
・川舟へ勢ひ螇蚸(バッタ)跳び込めり( 〃 )
・嵐去り向日葵畑の立ち上がる( 〃 )
・蓮の鉢水飲む猫の足立てて(福田暁美)
・子の齧る唐黍の音清々と(松田好子)
・草丈の伸びる荒畑赤とんぼ(谷内瑞江)
・玉蜀黍迷路で迷子供たち(上木惠子)
 ※添削―玉蜀黍畑で迷ふ子供たち
・観音院の魔除け唐黍吊る家並み(河野尚子)
 ※添削―茶屋町や魔除け唐黍軒に吊り
 ・とうきびを軒に吊るして疫退治(関とっと)

田上俳句教室「第125回山河句会」開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

浴衣
 4連休の土曜日の24日、第125回田上公民館俳句教室「山河句会」を先生を交えて開催、当季雑詠句5句を皆で選句、先生選句と講評と添削をいただきました。8月は、28日(土)に、お題「中」と季題「玉蜀黍」で開催します。
◎先生選句(清記順)
・豌豆の捥ぎ時時空は雲を脱ぐ(谷内瑞江) 
・玫瑰(はまなす)や十歩進めばオホーツク(池端良伸)
・能登キリコあをあを照らす盆の月(肩 幸宏)
・朝凪を滑る一艘集魚灯(松田好子)  
・夜勤すれば月下美人のショータイム(池端良伸)
・風鈴の音のもつるる日暮れ時(肩 幸宏)
・一望の青田に微か穂のひかり(田上ナツ子)
・夕凪や幼子走る砂に影  ( 〃 )
・花合歓余白の多き日記帳(谷内瑞江)
・河童忌や思ひこもごも古希の今朝(松田好子)    
 ※添削―古希の朝今日河童忌と思ひけり
・帰省子に刺身所望とメール来る(河野尚子)
・後れ毛を上げる十八初浴衣(肩 幸宏)
・冷やしたる茶碗豆腐は郷の味(上木惠子)
・流れ星すべての音を絶ちにけり(肩 幸宏)   
・大夕焼け家の奥まで茜いろ(上木惠子)
・産まれくるを今か今かと待つ盛夏(石川千波)
・犀星の詠ふ杏子や実の燃ゆる(関戸正彦)  
・プール開き親子の笑顔水光る(福田暁美)
・廻りつつ一瞬揚羽産卵す(新出祐子)
・添い寝する母を待つ子に虫しぐれ(上田芳美)

田上公民館俳句教室第124回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

夏帽子夏至の夕

 6月26日(土)の午後、第124回田上公民館俳句教室山河句会が、先生欠席の中開催、お題の「夏帽子」・「夏至」を含めた当季雑詠5句の提出により、全員で選句し後日先生からの選句と添削・講評をいただきました。
≪先生選句≫(清記順)
・夏帽子小さな肩は影の中(池端良伸) 
・車椅子しばらく止めて合歓の花 ( 〃 )
・座布団を二つに折りて三尺寝( 〃 )
・夏(げ)安居(あんご)や一つ捨てれば楽となり( 〃 )  
・我が道は袋の半ば夏至の夕( 〃 )
・入梅はどこで迷っているのやら(石川千波)
・父の友今日も素敵に夏帽子( 〃 )
・風渡る緑の小径著莪の道(上田芳美)
・走り来て忍者のごとく瑠璃蜥蜴( 〃 )
・いさぎ良く咲くも落つるも夏椿( 〃 )    
・雨止んで畑に賑はふ夏帽子(河野尚子)
・四百年の欅絡めて蔦若葉( 〃 )
・人気無き古刹や不意に不如帰( 〃 )
・散居村さざ波ひかる青田かな( 〃 )   
・梅雨の入り苔青々と兼六園(上木惠子)
・梅と紫蘇酸っぱい香に満つ朝の市(関戸正彦)
・背をまるめ茅の輪くぐりの親子連れ( 〃 )  
・麦秋を見下す霊峰いまだ白( 〃 )
・漆黒の家並み際立つ夏至の夕(田上ナツ子)
・天袋の奥から妣の夏帽子(松田好子)
・ビロードやふ薔薇の名札はベルサイユ( 〃 )
・夏至の夕時の速さにメランコリー( 〃 )
・夏帽の飾りちらちら影法師(新出祐子)
・洒落気味に懐かしゴム付き夏帽子(福田暁美)゙
  ※添削 洒落っ気の懐かし紐の夏帽子

第123回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

植田
 5月の公民館俳句教室「山河句会」は、コロナ禍のもとで休会、投句でお願いし先生の選句と講評・添削もできましたので、教室の皆さんにご案内いたします。
【先生選句】(名簿順)
・奥能登の植田に映る汽車二輌(池端良伸) 
・失敗はサッと流して若楓 ( 〃 )
・吾は人そなたは蝌蚪(かと)でありにけり( 〃 )
・枳殻(からたち)の花つつましく知事公舎( 〃 )
・ふる里の香り豊かにライラック(石川千波)   
・風つれて美術の小径飛花落花(上田芳美)
・〇歳と一〇一歳の日永かな( 〃 )
・青空に心弾ませ春菜引く(河野尚子)
・大杉の秀(ほ)を登り詰め藤の花( 〃 )    
・朝日射す植田に逆さ合掌家( 〃 )
・大雨に一気崩るる薔薇大輪( 〃 )
・雨粒にすぐに鳴きだす雨蛙(上木惠子)
・夕べの雨水路満たして蝌蚪(かと)泳ぐ(新出祐子)
・カーネーション妣(はは)の遺影のはにかみて( 〃 )   
・鄙の村老父(しじ)の田植機ゆっくりと(関戸正彦)
・鉄線花しかと支へるつた強し( 〃 )     
・駅弁でせめて気分は初夏の旅( 〃 )
・地を見入る子のまなざしや蟻の列(田上ナツ子)  
・灯台の見ゆる鳥居や松の花( 〃 ) 
・アカシヤの花散る谷や風のまま( 〃 )
・二胡響く堂はオアシス初夏の夜(松田好子)
・紫の似合ふ妣(はは)へとカーネーション( 〃 )
・ワクチンの予約が決まり青嵐(福田暁美)
・雨後のいっきに咲けり沙羅の花(谷内瑞江)
なお、 6月の例会は、まん防解除後の26日(土)に開催します。お題は、『夏至』・『夏帽子』とし、当季雑詠を含め5句提出お願いいたします。
夏帽子


4月の山河句会は吟行を

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

歴博で記念写真を
 4月24日の第122回田上公民館俳句教室山河句会は、本多の森を中心に金沢レトロの建物を見ながら吟行。河野さんに取りまとめをお願いし先生の講評・選句・添削をいただきました。なお、5月の俳句教室は、22日(土)に当季雑詠句5句で開催します。
◎先生選句(清記順)
・年輪を重ねし木々の若葉かな(池端良伸) 
・春耕や水張りて成す抽象画 ( 〃 )
・朝採れの京の筍夕餉にと(石川千波)   
・おたまじゃくしかえってみればうしがえる( 〃 )
・茣蓙広げ薇(ぜんまい)揉む手匂ひけり(上田芳美)
・旧兵器庫鉄扉開かれ若葉風(河野尚子)
・大拙館へ曲がる小径や竹の秋( 〃 )    
・歴史館の水路を掠めつばくらめ( 〃 )
・千年をこゆる欅に風光る(上木惠子)
・裏山に今年も初音聞こえたり( 〃 )
・老桜幹に蘖(ひこばえ)あちこちに( 〃 )   
・大木のろうばい満ちて風甘し(新出祐子)
・さえずりに聞きほれ庭に干物す( 〃 )
・苦吟する我をあと押す若葉風(関戸正彦)  
・草はらを滑る早さや蛇井でし(田上ナツ子)
・蕨摘むつかずはなれず連れの声( 〃 )
・緑立つ岩間を水のほと奔る( 〃 )
・藪椿風吹き上がる谷深し( 〃 )
・職離れリズムに慣れずこいのぼり(福田暁美)
・木漏れ日の揺らぐせせらぎ緑さす(松田好子)
・レトロなる煉瓦に触れる若楓( 〃 )゙
・花弁の張りつきしまま硝子窓(谷内瑞江)
・道の駅長き庇に燕の巣( 〃 )
国立工芸館

このカテゴリーに該当する記事はありません。