FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

第148回俳句教室山河句会開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

新涼③四高
 26日(土)の午後、第148回田上公民館俳句教室山河句会を開催いたしました。7月句会は休会となっており、お題の「新涼」と漢字「河・川」の俳句を含め、新たな試みとして取り入れました写真俳句も合わせて7句提出で、暑い句会となりましたが清記・披講・選句後先生選句と添削・講評もいただきました。
【先生選句】(清記順)
・夜風入れ部屋に満ちたる虫の声(新出祐子)
・爽やかな牧の白樺風に触れ(田上ナツ子)
・輝けり鮎も水面も釣り人も(安田由紀子)     
・猫もしかり涼しき居場所あちこちと(福田暁美写真句)  
・村に入り村を出るまで稲穂風 (河野尚子)   
・町会長まんなか夏の朝体操(新出祐子)
・渓涼し人に寄り来る野生猿(河野尚子写真句)
・のんびりと何もせぬ日や草の花(池端良伸)
・天の川知床の地に車中泊(関戸正彦写真句) 
・爽やかや馬場に駿馬の駆ける音(河野尚子) 
・片陰に憩ふひととき親子猿(田上ナツ子写真句)
・泥流の跡凄まじき今朝の秋(松田好子写真句)
・木漏れ日の川面に蜻蛉追われ追ひ(本田誠一郎)
・新涼や喜寿の祝の朝の膳(上田芳美) 
・来客を待ちて切りたる大西瓜(上木惠子)

第147回田上公民館俳句教室山河句会開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

あめんぼうみずすまし

 24日(土)の午後、前回は吟行で実施しましたが、今回第147回山河句会を開催しました。お題は、「黒南風・白南風」、「みずすまし・あめんぼう」で、10名の参加と2名の投句があり、披講の後先生の選句と講評・添削をいただきました。なお、7月の句会は休会で、8月は、26日の土曜日開催、お題は、「河・川」と「新涼」で、L版写真と俳句の提出も確認しました。
【先生選句】(清記順)
・つやつやの頬寄せる子らさくらんぼ(安田由紀子・5点)
・風薫る眼下に蒼きダム湖かな(河野尚子)
・黒南風や鈍色に染む日本海(関戸正彦)     
・下山仏の寺に紫紺の花あやめ(河野尚子)  
・郭公のますます近き今朝の雨(池端良伸) 
・雨水を受ける大瓶にあめんぼう(上木惠子)
・水の音絶えぬ寺領や花擬宝珠(田上ナツ子)
・干拓をつつきる舗道麦の秋(松田好子・5点) 
・おはやふの声の透けをり立葵(池端良伸) 
・通り雨右往左往のあめんぼう(河野尚子)
・色艶も匂ひも良しと蕗を煮る(上田芳美)
・汗かきの友に贈りし麻のれん(石川千波)
・黒南風や夜ふかし続く猫の眠り(福田暁美) 
・すずめ跳ね小花そよげる梅雨の晴(新出祐子)
・氏神へ上がる石段蟻の道(谷内瑞江) 
白南風
 

5月の山河句会は、辰己ダム方面で吟行

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

末浄水場で
辰己ダムで
 27日(土)の午後、公民館俳句教室山河句会は、辰己ダム方面での吟行で実施しました。最初は、国史跡に指定されています末浄水場です。担当の案内もあり久しぶりに浄水場をしっかり見学することができました。次に、辰己用水三段石垣です。季語にもあります「草茂る」通りで綺麗な石垣を見ることはできませんでしたが、石垣の上段に辰己用水が流れているさまを想像してきました。そして、最後は、辰己ダムです。流水型のダムに、水が溜まっていなく草が茂っているダムの有り様に納得、洪水時にしっかり機能してくれることを
期待し、江戸末期に造られた東岩取り入れ口に思いを馳せながら句を口ずさみました。
 帰りに、「水渕文学の里」で、唱歌を唄いながら、何故こんなに多くの碑があるのか、山荘付近の句碑も見ながら不思議な思いに駆られました。また、末浄水場に流れています寺津用水に関して、市内で唯一残っています用水の水道橋をくぐり公民館に帰りました。
 なお、今回の吟行句二句と残り三句の五句を、6月6日まで投句いただくよう確認も致しました。河野さんか関戸、もしくは公民館まで投句下さい。
金沢水渕文学の里で三段石垣
辰己用水取り入れ口


公民館俳句教室山河句会第145号

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

風光る
 22日の土曜日、田上公民館俳句教室山河句会を開催、10名の参加と2人の投句で146回の句会を開催しました。お題は「風光る」・「書」で、字を書く、書を読むなど素敵な俳句の披露がありました。今回の最高得点は、新出さんでした。
最高得点句 みどり児の手の甲に似て若葉かな(5点)
【先生選句】(清記順)
・書に酔ひて夜半となりし春深し(安田由紀子)   
・キャンパスのけやき通りや風光る(上田芳美)
・闘争の砂丘に高く夕雲雀(関戸正彦)     
・大根の花に間垣を抜ける風(池端良伸)  
・読み聞かせ瞳まつすぐ風光る(安田由紀子) 
・週明けの街包みこむ霾(ばい)の雨(松田好子)
・古き署にかすかな匂ひ風薫(本田誠一郎) 
・書き終へて筆洗ひたり春惜しむ(安田由紀子) 
・書架に向かひ踵浮かせば夏近し(池端良伸)
・石仏のほほえむごとしチューリップ(新出祐子)
・神の池映ゆる紫藤の花(河野尚子)
・風光る日ごとに膨れ大欅(松田好子)
・建て前の香り漂ひ風光る(福田暁美)
・薔薇園の手入れ整ひ風光る(田上ナツ子)    
・我ぞ知る急勾配の蕨採り(谷内瑞江)
・ふはふはの新芽出揃ひ雑木山(上木惠子)

第143回公民館俳句教室山河句会を開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

桃の花
 25日(土)の午後、今年度最後となります第144回田上公民館俳句教室山河句会を、お題を「桃の花」・「喜」として当季雑詠5句で選句と先生選句、添削・講評をいただきました。
新年度最初の第145回は、4月22日(土)で、お題を「風光る」と「書」で開催します。
◎先生選句(清記順)
・蜷の道GPSに吾の軌跡 (新出祐子)   
・青き踏む頬にふれゆく向ひ風 (田上ナツ子)
・蕗のたう水車にして子等遊ぶ(谷内瑞江)     
・何ごともなかりし如く春夕焼(上田芳美)  
・桜餅しばし香りを残しけり(本田誠一郎) 
・山遠くしろがね色や桜咲く(河野尚子)
・いつのまに喜寿迎へたり桃の花(上田芳美) 
・咲き満つる菫にふるる瑠璃の風(田上ナツ子) 
・幼な子の手形に添えし桃の花(安田由紀子)
・雛飾り桃の花いけ笛太鼓(上木惠子)
・青空に梅の源平競ひ咲き(新出祐子)
・外科病棟コップに生ける桃の花(本田誠一郎)
・絵手紙に桃の花添へ草書体(関戸正彦)
・青空に左右対照欅の芽(松田好子)    
・日本野球誇り示して風光る(福田暁美)
・小雨なる山懐に桃の花(池端良伸)
学びの館枝垂れ桜

このカテゴリーに該当する記事はありません。