FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

田上公民館ふれあい文化祭 オンライン作品展 開催中!

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

オンライン作品展開催中
 田上公民館ふれあい文化祭 オンライン作品展 開催中です。
 くわしくは田上公民館ふれあい文化祭オンライン作品展のページから


第139回公民館俳句教室山河句会開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

秋惜しむ
 29日の土曜日、先生が都合により欠席となりましたが、田上公民館俳句教室第139回山河句会を開催、参加者による選句和行い、今回は選句した句の中から特撰も発表いただき、皆で講評もしあいました。なお、終了後、先生に選句と員作、講評をお願いしました。
◎先生選句(清記順)
・秋惜む白山の峰ははや白し(本田誠一郎) 
・かげ廻る風車の裾の大花野(田上ナツ子)
 ※添削―回りたる風車の影や大花野
・菊作りする人も無き植木鉢(上木惠子)
・さざ波のひかりを散らす鴨の群れ(河野尚子)  
・おだやかな老いの一日や柿を干す(田上ナツ子) 
・読み聞かすみすずの童話夜長かな(関戸正彦)
・式部の実身内に訃報続きたる  (河野尚子)
・浅間山真青な空に薄化粧    (上田芳美) 
・隣人の菊名人に庭を貸す  (石川千波)
・菊芋の花を括りて空青し  (新出祐子)
・新米猫落ち着き始め秋惜しむ(福田暁美)
 ※添削―新参の猫居つきたり秋惜しむ
・峡の畑夕日を散らす赤とんぼ(河野尚子)
・逆光の波のきらめきむら薄 (田上ナツ子)
・お地蔵の頭に二匹赤とんぼ (関戸正彦)    
・入り日かな刈田の果ての地平線
・記念樹の葉の降る下に菊眠る(安田由紀子)
・菊の香や泉鏡花の文庫本(肩 幸宏)
・秋惜む下校時の駅朱くなり(池端良伸)
・潮風をけなげに掴む野紺菊(松田好子)
◎皆で選んだ特選句
・久々の露天の湯舟寒露かな(上田芳美・1点)
・月の夜に満ちくる孤独いずこから(肩 幸宏・1点)
・童心にかへり笹舟秋惜む(関戸正彦・1点)
・おだやかな老いの一日や柿を干す(田上ナツ子・2点)
・菊の香や泉鏡花の文庫本(肩 幸宏・1点)
・きれい好き主婦は小菊を束ねをり(池端良伸・1点)
・瀬音立つ峡のカフェ秋惜しむ(松田好子・1点) ・逆光の波のきらめきむら薄 (田上ナツ子・2点)
・色変へぬ松のうねりて三百年(池端良伸・1点)

10月の歴研は、田上地域の埋蔵文化財で開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

谷口さんの説明
出土品を手に取って
 26日(水)の午前、ふるさと歴史研究会を特別講演会20回で「田上地域の埋蔵文化財について」を、市埋蔵文化財センター・谷口所長から、山側環状道路建設時の遺跡を含め、地域における8つの遺跡ー若松遺跡・田上北遺跡・田上西遺跡・田上東遺跡・田上南遺跡・榊原神社遺跡・田上本町遺跡・旧上野射撃場遺跡について、スライドを使いどんな場所で発掘をしたか、どんな建物跡が出てきたか、また、埋蔵物の種類や特徴等について詳細に説明を受け、埋蔵文化財地域における建設行為等いくつかの質問もあり、理解を深めることができました。
 各地域の埋蔵文化遺跡は、縄文時代からものもありますが、多くは弥生、古墳時代の建物跡や遺物が発掘されたそうで、持参された土器を説明、管区国からの青磁陶器のかけらもあり、さらに、内面を黒く色づけした貴重土器もあり、新鮮な驚きで研鑽を深めることができました。また、田上西遺跡では、旧浅野川の流れた場所も発掘され、石川郡と河北郡との郡境も絵図から理解できたとの発言もあり、しかも、谷口氏から、田上の駅の所在地についての個人的な見解も出され、歴史研究会としては意を大きくすることができました。
 なお、公民館には、写真で掲載したように、田上地域の舞ぞ文化財発掘調査報告冊子もすべて整いましたので、関心のある方は公民館で学習いただければ幸いです。
旧浅野川が
旧浅野川が①
公民館の市埋文調査冊子

学ぶ、集う、拡がる ふれあい文化祭2022を開催しました!

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

第44回田上公民館ふれあい文化祭コラージュ


 令和4年10月23日(日)午前晴れ時々くもり。文化の秋。

 田上公民館と田上地区町会連合会共催による「第44回田上公民館ふれあい文化祭」が、新型コロナの影響で中止していたリアルの会場で、3年ぶりに開催されました。
 会場は蜜を避けるため、久しぶりに田上小学校で行い、太鼓の演舞、ピアノ教室、大正琴サークルの演奏、コーラス合唱、華やかなチアリーディングが演じられ、発表会の大トリは兼六中学校吹奏楽部の演奏で、盛り上がりは最高潮に達しました。
 その後、今年の「百万石まつり」で、地元テレビ局にも取材を受けて脚光を浴びた雄姿、金沢市第一消防団田上分団による加賀鳶はしご登りが披露され、会場に集まった多くの地元民から感嘆の拍手喝采を浴びて、演目をすべて無事終了しました。

 会場にお越しくださった住民の方、演目に参加いただいた方、また、会場を提供していただいた田上小学校はじめ公民館委員として協力いただいた主催・共催関係者のみなさん、本当にありがとうございました。

 今年の作品発表は、「田上公民館ふれあい文化祭オンライン作品展」(インターネットのWEBサイト)としております。是非、こちらもご覧いただき、感動を受けた作品には「WEB拍手」をいただければ幸いです。サイト検索は、「田上ふれあい」でトップに表示されます。

 今回の演芸発表会の動画も、しばらく時間をいただいた後にアップする予定です。ご期待ください。

演芸会の写真アルバムをこちらからご覧になれます。

オンライン作品展はこちら

9月の歴研は「土偶を読む」で谷内氏講演

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

谷内さんの講演
縄文のビーナス
相談役の開会資料説明
 28日(水)の午前、9月度のふるさと歴史研究会を開催、開会は相談役から講師の紹介と資料の説明で始まり、田上小学校卒業の谷内賢正(歴研の会員、田上本町出身、崎浦在住)さんから、氏が、長野県芦野市で視察し感動を覚えました『国宝・縄文のビーナス』から話が始まり、購入してきましたレプリカも示しながら、厚いお話をいただきました。
 土偶は。縄文時代に大量に造られた素焼き「土偶=土人形」と説明しましたが、なぜ縄文人は土偶を造ったのか、植物学から古代学も含め、氏の研究してきた内容を、助手の木下さんが作成しましたスライドに合わせて説明、
ハート形土偶、遮光器土偶とサトイモ、縄文のビーナス、ヘルメット型土偶の解読、ヘビの種類と同定とカモメライン土偶の顔の秘密、結髪土偶など、時代背景と土偶と食べ物、土偶の種類などいろいろなお話もいただき、質疑にも丁寧に答えていただき、教科書で観た「土偶」について知ることができました。
ハート形土偶
結論・土偶とは何か

第137回山河句会は吟行と投句で

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

木窪大滝
吟行・木窪大滝
8月27日に開催しました田上公民館俳句教室山河句会は、津幡町木窪大滝で吟行してきました。なお、不参加者もいることから吟行句を含め当季雑詠5句を提出いただき、先生の選句と添削・講評をいただきました。
◎先生選句(清記順)
・大声で何か言ってる滝見客(池端良伸) 
・青胡桃見上ぐる枝に二つ三つ(上田芳美)
・岩魚捕り瀬音掻き消す子等の声(河野尚子)
・吟行の昼餉は熱き岩魚焼   ( 〃 )  
・稲穂波生れて明るき峡の村  ( 〃 ) 
・峡の村向かう三軒百日紅   ( 〃 )
・岩盤をすべり落ちたる滝白し(上木惠子) 
・故郷の三日三晩の盆踊   ( 〃 )
・青胡桃ふみて見あぐる青き空( 〃 )
・彩なして滝川わたる秋の蝶(新出祐子)
・夜店では射的自慢のガキ大将(関戸正彦)
・日焼子の笑みの歯白し登校日( 〃 )
・三ツ編みのたてがみさやか競走馬(田上ナツ子)
・里山の稲穂明るき峠道     ( 〃 )
・蝉時雨けやき大樹のゆらぐ影  ( 〃 )
・居心地を求めて猫も秋を待つ(福田暁美)
・書展へといそぐ車窓は秋の色(安田由紀子)
・雨脚の近づく兆し今朝の秋(松田好子)
・頬に風川面に群れる秋燕(上田吟行句)
・木漏れ日やしぶきを散らす滝の風(田上吟行句)
・カシャカシャとスマホの音は滝に消ゆ(関戸吟行句)