FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

まちづくり合同勉強会開催

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

合同研修会講師
小間井市議の挨拶
上坂会長の挨拶
 20日(木)の夜、山側環状の美しい景観を創る会・学問の里浅野川愛護協会(いずれも上坂会長)合同の勉強会が田上公民館で開催されました。
 勉強会は、北国銀行杜の里支店長の進行により、上坂会長の開会の挨拶の後、小間井市議から激励と議会報告を兼ねた挨拶を頂き、まちづく合同勉強会としては初の試みでもありました「自立した生活を続けるための介護予防」について、金沢市介護保険課と健康政策課の2名の担当者から、資料を中心に介護予防から話が始まり、日常生活支援総合事業についての二つのテーマについての講演を受け、①介護予防・生活支援サービス、②介護予防に関する各種教室、③そのたの介護予防・健康づくりの普及等について、「からだ」と「こころ」のチェックリストを試しながら理解を深めあいました。
合同研修会市講師
合同研修会資料

第5回主事研修会でコロナウイルス講演も

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

竹上さんのコロナウイルス講演
公職連研修会
感染を防ぐ三原則
 20日(木)の午後、市公職連によります第5回主事研修会が開催され、「自己肯定力向上に向けて」を、中田自分史サポートライター・コピーライターから、自分らしくハッピーに生きるためにを、自己肯定力の定義からスライドと質問への回答や各自のスマホを使っての体験学習も交えての講義を受け、①まず、自分を尊重する。②地域の人との関わりでも、「その方の自己肯定感」を意識してみるなどのまとめで終わりました。
 引き続き、生涯学習課担当や市担当から、学校施設開放についての取り組みと高齢者交通安全教室利用団体の募集等の説明と協力要請があり、市公連からも、36協定の届出等の事務連絡を終えて、今大きな問題となっています「新型コロナウイルス」について、粟ヶ崎公民館竹上館長(金沢医科大名誉教授、ウイルの研究専門家)から、スライドと資料を使って、分かりやすい講演を頂きました。竹上さんからは、新型コロナウイルスのあれこれについて、感染対策の基本からはじまり、ウイルスの一般やウイルスの毒性、感染経路などを分かりやすく話して頂き、免疫力アップについて、ワクチンによる獲得免疫が当面取り入れないことを踏まえ、自然免疫(インターフェロン)の大切さについて、人間の体と力・免疫力から、バランスの良い食生活、適度な運動でパワーアップしていくことの大切さを訴えられ、いくつかの質問にも丁寧な説明を頂き、マスコミ以外の正しい情報に接することができました。
竹上講師のまとめ
セミナー資料も

城東地区公民館連館長会議で次期会長を選任

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

 19日(水)の午前、城東地区公民館連絡協議会が湯涌公民館で開催され、現協議会会長の西川俵公民館館長から辞任にしたいとの提案があり、会長としての考え方を説明されました。協議会の会長については、大規模公民館館長を中心に選任してきた経過がありますが、他ブロックでは、幹事館となる館長が会長に就任していることもあり、城東地区としても判断してもよいのではないかとなど、いくつかの質疑等を交わし、最終的に、新井湯涌公民館館長の経歴等を判断して、市公連理事とし複数年推薦していくことを確認し、会長については、新年度の幹事館となる田上公民館の館長を任命し市公連理事(現市公連会長)としてブロックから2名を推薦していくことになりました。
最後に、当面の行事予定やブロック研修会を再確認し、5月に開催します城東地区公民館連絡協議会総会日程を早急に確認していくための日程調整も行いました。

令和元年度第2回運営審議会で館長を再任

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

村田委員長の開会あいさつ
館長から報告とお礼、お願いが
 18日(火)の夜、令和元年度第2回田上公民館運営審議会が開催され、任期満了による公民館館長の選任ついて審議し、現館長の再任を満場一致で確認いたしました。
 運営審議会は、村田委員長の開会あいさつの後、指名を受けました館長から、社会教育功労文部科学大臣賞したことが報告され、運営審議会の委員をはじめ公民館委員や地域の理解と支援の賜物であり、もう一度、田上公民館館長として最後の役割を果たしていきたいので、ご理解とご推薦を願いたいと訴え、異議なしとの推薦があり、再任されました。
 引き続き、兼六中吉川校長から、中学校の報告と新年度は270名余の新1年生が入学することによ、1クラス増えて8クラスとなると説明があり、坂江田上小校長からは、新学期には120名余の入学があり、4階の5・6年生のクラス割に工夫しなければならないことの報告があり、山田杜の里小校長からも、新1年生が82名余・3クラスとの報告と新学習要領の導入を踏まえ、田上小と歩調をあわせ、夏休みの最後3日間は、午前中授業て授業数を確保するとの説明もあり、最後に、上田町連会長から、仮称・田上第三小学校の進捗状況が報告され、新年度予算に実施設計が計上されることも説明されました。
受賞報告と感謝を

第57回金沢市公民館大会・公民館フェア”楽集”が盛会裏に終了

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

田上公民館の記念写真①
大会報道②
田上公民館の展示
 16日の日曜日、第57回金沢市公民館大会・公民館フェア”楽集”が文化ホールを会場に開催され、多くの市民の皆さんと公民館関係者、友好交流を続けています高岡市公民館連絡協議会と芸能発表を頂く関係者や理解と支援を頂いています町連と婦人会、社会教育委員の皆さんに参加頂き、式典・表彰式、公民館活動報告、芸能フェスティバル、創作作品展など、大会を盛会裏に終え、地区公民館活動の更なる発展と地域・まちづくりを進めていくことを確認しあいました。また、芸能フェスティバルの最後に、出演者と会場が一体となりました輪踊りも行い、大きな余韻を残して大会は終わりました。
 田上公民館も、館長・主事・副主事はもとより、優良役職員として金沢市長感謝状を受賞します泉副館長をはじめ、金沢市公民館永年勤続役職員表彰を受けられる25年の高松主事、20年の石田・野口・松本・水本さん、15年の上田・山口さん、10年の中本・村田さんも参加、参加されました上田町連会長からお祝いの言葉も頂きました。
泉副館長の受賞①
松寺公民館の報告
最後は輪踊りで盛り上がる

金沢まちづくり市民シンポジウム

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

市長から趣旨が
市民シンポチラシ
 甚田さんも報告を
15日(土)の午後、金沢市まちづくり市民シンポジウムが開催され、山野市長から地域主体の持続可能なまちづくりを考えようと、市内のまちづくり協定が44地域になったことも含めた開会あいさつの後、西村神戸芸術工科大学教授から、「住民主体のまちづくり~これまでとこれから~」について、スライドを使って分かりやすい基調講演があり、「町」から「まち」づくりになってきたことや地域住民主体による取り組みと行政の連携が大切なことを話されました。
 引き続き、地域の特色を生かした魅力あるまちづくりについて、金石町の旧町名復活への取り組みと評価等が鶴山町連会長から、寺町通りの沿線における無電中化事業を契機としたまちづくりが、宮本寺町通り沿線を良くする会会長から報告され、まちづくりによせる熱い思いを受け止めました。引き続き、パネル討議となり、前市公連事務局長だった甚田新竪町3丁目会長であり商店会代表から、風俗業の進出を食い止めるための取り組みとまちづくり協定への経過も熱く語られ、西村先生といくつかの質疑を交わしました。
 最後に、先生から、まつりは通りが舞台であり自分達のまちの特有の共有物として取り組んで行って欲しい。また、まちの特色を話し合い見つけ出してまちづくりを進めていくことの大切さも訴え、いずれにしても熱い思いを持った住民とリーダーの行動が大切だと話されました。
西村先生の講演
西村先生の講演

町会活動支援「金澤町会ネット」の説明会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

アプリの説明会
 金沢ネット資料
金沢町会ネットの内容
15日(土)の午前、町会活動支援アプリ「金澤町会ネット」の二回目となります説明会と意見交換会があり、これまで取り組んできました田上の里のいいねっと金沢普及開発プロジェクトチーム(現在・一般社団法人地域社会共創機構ー令和頑年7月法人化)の供用開始しましたことを踏まえての説明会であり、市内の町会関係者等が参加、「金澤町会ネット」の具体的な内容や運営等の説明を受け、費用の問題、共創機構の役割と相談体制や当面導入のお知らせ・回覧板・グループ・金沢情報の中身等で質疑を交わしました。
 市内では、すでに、3つほどの地域で結ネットやラインによります電子化を取り入れ、太陽が丘のゆうひみ町でも町会アプリで運営しており、今回の金澤ネットとの比較や優位性、費用と効果、ネットの危険性対応等で、どうするかは地域の判断となるようです。
金沢ネット説明会

令和元年度人権問題講演会に参加

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

課長の開会あいさつ
人権講演会資料
 12日(水)の午後、令和元年度第2回人権問題講演会が開催され、本当に多くの教育・学校、婦人会、公民館等の関係者が参加して、元警視庁警察官で子育てアドバイザーの辛島さんから、「安心して生きられる」子どもの権利を守るためにと題した熱いお話を聞くことができました。
 先生からは、何故警察官を退職したかなどの自己紹介があり、~虐待・いじめ問題への対応~について、①子どもの正常な発達と段階的な親のかかわり、②虐待の早期発見と対応、③いじめ問題への対応、④ネット社会・スマホの問題点と対応について、資料に基づき丁寧なお話があり、子育ての目的は自立・自律と常識を育て社会に送り出すことであり、最初の10年がとても大切ですと経験を踏まえての話がありました。最後に、「みんな我が子と思う子育て」、「ありがとう」の言霊としてまとめられ、いくつかの質問にも丁寧に答えられ、考えさせられる講演会となりました。
第2回人権講演会

田上・杜の里子供会の立志の集いで日研生も

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

ヴィクトリアさんのお話
ミユンさんのお話①
チヨウさんのお話
 8日(土)の午前、田上・杜の里両子供会によります「立志の集い」が、県国際交流会館で開催され、集まりました14歳の中学生90名余の皆さんの立志を祝いました。今回も金沢大学留学生日研生3名(ポーランド・シルヴィアさん、ベトナム・ミユンさん、中国・チヨウさん) が参加し、それぞれから自国での中学生時代を振り返りながら、中学生時代で学んだことや体験、思い出深い行動などを紹介し、大切な時代を大切に友達を大事に頑張って下さいと励ましの挨拶を行いました。2年生からも活発な質問が出されましたが、中でもポーランドにおけ教育改革(6-3-3から、小学校8年-高校4年間)について、何故改革されたのかと質問もあり、アニメや金沢の感想、日本語学習など幅広い質問が繰り広げられ、和やかな交流の場ともなりました。
 公民館を代表して私からも立志の日の意義について、『立志の日は、将来、皆さんが立派な成人となるために、今日の今から「どんな生き方をするか」、志を高く持ち真っ直ぐに健やかに成長することを確認し合う日です』などを話させて頂き、式の終了後は、子供会と育成会の皆さんが作りましたお餅を食べ、お菓子も突きながら、日研生も輪にいれて頂き交流を深め、明日につないでいくことを誓い合いました。
ヴィクトリアさんを中心に
ミユンさんが餅つきを
地域の皆さんがお世話を

市公民館の「台風19号の義援金」を日赤へ

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

義援金を日赤に
 令和元年の台風19号によります全国各地の被害の甚大さに対応するため、金沢市公民館連合会は、理事会等の確認を踏まえ概ね10月15日から市内各公民館60館に災害救援募金箱を設置して、公民館を訪れる利用者の皆さんに善意の協力を呼びかけ、約3カ月間善意の寄付を募り、1月末に集約したところ、皆さんの温かい心のこもった義援金が、「579、625円」と集約でき、7日の午後、会長と事務局長により、日本赤十字石川県支部を訪れ、寄託させて頂きました。対応頂きました石川県支部藤本事務局付部長から、感謝の言葉を賜り写真等も撮らせて頂き早速本部に送金する旨の確約も頂きました。
 義援金活動には、田上公民館も参加させて頂き、計17、547円の義援金を集約することができました。公民館を訪れ協力賜りました地域の皆さんの心に感謝申し上げます。本当に有難うございました。(館長関戸)