FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

俳句教室第101回山河句会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

梅雨写真
衣替え
 22日(土)の午後、田上公民館俳句教室第101回山河句会を12名の出席(1名投句、1名欠席)で開催され、お題として出された「梅雨」・「衣替え」を含めた4句の提出で選句し、中條先生から講評と添削頂きました。なお、7月の句会は休会としますが、お題「洗」の俳句を含め当季雑詠4句を投句頂き、先生選句と講評を頂きます。締め切りは、7月20日です。
【先生選句】
・更衣車両一気に白と化す(池端良伸)      
・衣替えかたづけ下手な母白寿(上田芳美)
・菖蒲園一株ごとに名を持てり(上木惠子)
・向かい風土の匂いの梅雨に入り(岩見博子・7点)
・亡き父や我が手に蛍握らせし(松田好子)
・身の丈に合ふた生き方小判草(池端良伸)
・青空と白き睡蓮水鏡(新出祐子)
・じゃが芋の咲いて女の立ち話(谷内瑞江)
・遠く見るしゃくとり虫の立ち姿(岩見博子)
・ふる里は家族総出の麦刈日(守田君江)
・傘たたむ真鍮のごとと梅雨の月(肩 幸宏)
・青梅を拡げて香る一夜かな(田上ナツ子)
・衣替えまぶしく見ゆる白い腕(関戸正彦)
・霊山の湧水掬ふ木下闇(河野尚子)
・梅雨の朝道草ひとり一年生(福田暁美)

田上消防分団が操法大会で優勝!

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

IMG_4992.jpg
IMG_4989.jpg
 23日(日)に開催されました金沢市消防団ポンプ車操法大会において、田上消防分団は、2ヶ月近い訓練の成果を遺憾なく発揮して、第一消防団の中で堂々の優勝を手中することができました。
 毎年の大会では、日ごろの訓練成果を発揮しようと懸命なポンプ車操法を展開してきましたが、昨年の大会でもあと一歩のところで三位入賞となり、悲願の優勝を勝ち取ることができず悔し涙の連続でしたが、とうとう、今回の大会において悲願の優勝を飾ることができ、7月27日(土)に開催されます石川県大会に、第一消防団を代表して出場することになります。そのためには、これからも苦しい訓練の連続となりますが、分団一致して協力し成果が発揮できるよう努力を続けなければなりません。皆さんの奮闘を応援します。
IMG_4991.jpg
IMG_4990.jpg

牛坂神社に令和も「茅の輪」が

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

今年も素晴らしい出来映えに
牛坂神社今年も茅の輪を
 旭町では、青年部活動が盛んになってきており、若松・杜の里桜まつりへの参加や23年ぶりに盆踊りを始めた他、先輩達のアドバイスとご指導を頂き、牛坂神社に手作りの「しめ縄」を作成し新年にむけて真新しいしめ縄の飾り付けも行っています。また、昨年から、河北潟でカヤの刈り取りを実施し、田辺宮司さんの指導も受けながら夏越しの大祓いのための『茅の輪』づくりも行っていますが、令和元年の6月22日(土)、青年部と先輩、宮司さんも参加して河北潟でカヤ刈り取りを行い、カヤを丁寧に束ねながら180cmの輪を仕上げ、神社参道に取り付けました。
 30日(日)の午後、夏越しの大払式を開催し、茅の輪を7月上旬まで設置して、参拝者に自由にくぐってもらうことになっています。夏本番を迎え、半年分のけがれを祓い、後半もよい日々になるよう祈願することが夏越し大祓です。くぐり方の作法はお宮さんにありますので、よく読んで皆さんでチャレンジしてください。
宮司さんも
形になってきました。
押田さんも

かしわぎ・もちのき合同音楽会

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

合同の演奏会
素敵な2人の演奏者
 22日(土)の午前、かしわぎ・もちのき両学級合同の音楽会「みどりのそよ風コンサート」を両学級員50名余が出席して厳かに開催されました。
 開会で館長から、今回初めて合同開級式でそよ風コンサートができなかったことをお詫びし、その分、素敵なゲストによります音楽会ができたと、ヴァイオリン但馬有紀美さんとピアノ阿部大樹さんを紹介、期待に応えて、まずは、愛の挨拶(エルガ―)から演奏がはじまり、最後の「ツィゴイネルワイゼン」(サラサーテ)10曲が、時には力強く時には静かにまた、激しく奏でられ、素敵なヴァイオリンリサイタルとなり、アンコールを含め参加者から心が洗われたとの声も頂きました。
そよ風コンサート曲目
館長の開会挨拶

 次回のかしわぎ学級は26日に、もちのき学級は27日にそれぞれマナビー号によります市内バス研修です。

大学門前町ホタルニュース⑤みつばち子供会のホタル学習

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

紙芝居を
日研生も参加
 21日(金)の夜、大学門前町ホタルの会によります「みつばち子供会ホタル学習と地域のホタル調査」が、金沢大学留学生・日研生7名の参加をあり、100名近い地域の子ども達と一緒にホタル学習会を開催いたしました。
 学習会は、館長からホタルの会の説明の後、「ほたるのはなし」と題したビデオ(紙芝居)鑑賞を実施しましたが、紙芝居方式のビデオで、興味津々で見て頂きました。ところが、天候が一気に悪化、ホタル調査と鑑賞会を断念、ホタル人形を使っての復習やホタルの里親・亀田さんの話を中心に最後まで実施、ホタル観賞はできなかったものの、ホタルの生態や不思議さを感じ取って頂けたようで、日研生からも参考になりましたとの感想も頂きました。
 地域のホタルの出現は山場となってきたようですが、かんじんのキタダンは、熊出現により今シーズンは観賞会を中止させて頂きましたが、郷公園前の金浦用水沿いでは20匹のホタルの乱舞を見ることもでき、田上本町の姫谷では、100匹余のホタルが舞っており、畑道にも寄ってきています。
亀田さんのコーナも大盛況
みつばち子供会でホタルの紙芝居を

緊急!ホタルニュース④キタダンでの観賞は中止に

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

国際交流等の田上・杜の里地域連絡会(第1回)に参加

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

財団から開会の挨拶が
金沢大学からも報告
 地域の国際交流や多文化共生を考える「田上・杜の里地域連絡会議」の1回目会議が14日(金)の午後開催され、地域から田上公民館・町会連合会・浅川地区社会福祉協議会・杜の里児童館が参加し、地域の取り組み等を報告し当面しています課題等で話し合いました。
 連絡会議は、金沢国際交流財団の呼びかけで集まったもので、北村財団事務局長から趣旨説明と県内市内の外国人在住状況の報告があり、大阪から招きました阿部自治体国際化協会地域国際化推進アドバイザーを進行役に、金沢大学と北陸大学の現状と取り組みが報告され、引き続き、田上公民館も「普段着の国際交流」について、スライドを使って報告し、杜の里児童館の状況や地域団体としての現状も報告され、杜の里地域ボランティアのスコットさん、金金沢大学中国人留学生学友会会長からも取り組みが報告され、地域との関わりの大切さも訴えられました。
 各団体等の課題等についての質疑を交わし、阿部アドバイザーから、多様性のある地域づくりをめざして7つのフレームワークを解説し一回目の会議のとりまとめとして確認し最後に、7月19日に2回目の連絡会議開催と市民ニーズ調査の実施に向けての準備等を確認して会議は終わりました。
田上公民館の国際交流
①回目のまとめ

大学門前町ホタルの会ニュース③「杜の里小でホタル学習」を実施

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

ホタルの卵に身を乗り出して
亀田さんの話
 大学門前町ホタルの会は、毎年、杜の里小学校3年生の総合学習で「ホタル学習・ホタルの不思議」を続けていますが、令和元年6月の14日(金)、3年生の3クラスに対し1組づづ集まって頂き、ホタルの宿主・鈴坂さん、ホタルの里親・亀田さんと自称ホタル博士の3名により、1組と3組には、スライドを使っての「ほたるの不思議」を、2組には、ホタルの紙芝居でホタル学習で行いました。
 説明後は、ホタルの里親・亀田さんから、餌になる「かわにな」とホタルの幼虫、ホタルの卵の実物を見てもらいながら、ホタルの不思議を説明、子ども達から盛んな質問に答えさせて頂きました。最後には、9月から二か月間にわたって、ホタルの宿主・亀田さんの「NPO金沢杜の里」で、飼育と観察をしていくことと11月末には、皆さんで飼育してきましたホタルの幼虫の11回目の放流を実施していくことも報告させて頂きました。
 ホタル博士?の説明
なお、残念ながら、キタダンのホタル観賞は、クマ出没があって現在は中止していますが、角間川のホタル橋・中瀬橋と若松の畠田用水や田上本町の姫谷、ピカソ入り口の調整池や、鈴見せせらき用水としょうぶ公園では、ホタル観賞することができます。必ず保護者の皆さんと一緒に観賞してください。
2組には紙芝居も
ホタル学習スライド

もちのき学級でも「おくのほそ道」を講演

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

もちのき学級で
金沢の古い順に芭蕉句碑を
 13日(木)の午前、令和元年度のもちのき学級(女性学級)の開級式を開催、金沢では初めてとなります7月13日・14日に開催されます「おくのほそ道全国サミット金沢大会」のアピールを含め、私から、おくのほそ道で、芭蕉が金沢で9泊したことの意義等について、スライドを使って話をさせて頂きました。
 内容は、前日に行いましたかしわぎ学級での講演と同様なものでしたが、少しは提出しました資料にも変化をつけさせて頂き、1時間の私の役割をはたさせて頂きました。
 講演後は、高松主事から、令和元年度のもちのき学級の日程をはじめ、27日のバス研修の内容等についての留意事項を説明し、作品作りや料理理教室など、企画運営に工夫を凝らしたことを話させて頂き、学級最後までのご協力をお願いさせて頂きました。
大垣の結びの地で

かしわぎ学級が開級、館長から奥の細道の話が

Posted by 金沢市田上公民館 on   0  0

かしわぎ学級
奥の細道②北国街道に入って
 12日(水)の午前、令和元年度の「かしわぎ学級」(中高齢者学級)が始まりました。30数名の参加者で開級式を実施し引き続き、1時間の館長講演となり、館長から、7月13日・14日に「奥の細道サミット金沢大会」が開催されることを踏まえ、松尾芭蕉が奥の細道で金沢に9泊10日滞在していますので、『おくのほそ道②北国街道に入って』と題して、金沢市内の芭蕉句碑などを中心に、出雲埼から結びの地・大垣までの芭蕉の紀行をスライドを使って説明させて頂きました。講演終了後は主事から、これからのかしわぎ学級の日程等を説明し、次回の22日(土)の午前に、もちのき学級との合同開催します毎回好評の「みどりのそよ風コンサート」の内容と著名な演奏者を説明し、皆さんの出席をお願い、さらに、27日のまなび号活用によりますバス研修についても説明させて頂きました。
 なお、明日13日は、もちのき学級の開級式と講演会を開催します。
おくのほそ道・紀行文とは
資料も配布