FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

25年度が終了。皆さん有難うございました。

Posted by 金沢市田上公民館 on  

31日の公民館ふれあいさ桜です。小さな花も・・・
 あっと言うまに25年度が終りました。継続事業として取り組んでいます三大事業(社会体育大会・ふれあい文化祭・合同成人式と茶話会)は、天候にも恵まれ多くの皆さんにご参加頂き、地域の交流と絆も深めることができました。また、従来のセミナーや教室にも知恵を出しながら取り組んできた他、新規事業にも精力的に取り組み、ふるさと歴史研究会では、外部講師による研修や子ども歴史・文化副読本の検討と題材の提供の他、民謡教室でも、田上はんたに加え、りんりんと田上じょんからも新たに取り入れ、懸案の若松じょんからも歌と踊りを導入し、杜の里小学校で民謡教室も開催、新年度における夏祭りや盆踊りが少し楽しくなってきました。
 さらに、田上のこぼれ話し・民話を紙芝居として作り、ケーブルテレビでPRもさせて頂きました。もとより、公民館の使命でもあります人づくり・町づくりにも対応し、大学門前町がくせいのまち協議会として学生と地域の交流や調査活動にも協力してきました。いずれにせよ、公民館にとって地域の理解と協力、参加が一番大切なことであり、各事業の反省や課題に対しても真剣に検討を重ね、新年度に活かして生きたいと思っています。
 なお、平成20年5月12日に開設しました「田上公民館だよりブログ形式のホームページ」は、6年目の3月末で10万人の人達に見て頂けるまで成長、フェイスブックと併せさらに充実・強化していきたいと思っています。
 地域の皆さん 本当に有難うございました。新年度も宜しくお願いいたします。

25年度最後の公民館振興協力会開催

Posted by 金沢市田上公民館 on  

 28日の夜、今年度最後となります田上公民館振興協力会を開催、25年度活動報告と仮決算を確認し、新年度の事業計画案等を論議し新年度の体制等も確認、チーム田上で力一杯取り組んでいくことを誓い合いました。
 26年度田上公民館事業にあたって(案)     26・3・28
 昨年は、公民館の三大事業をはじめ、ふるさと歴史研究会、俳句・民謡教室など各学級・セミナー等に創意工夫も加えながら活動を進めてきました。また、田上町連創立50周年事業や大学門前町学生のまち推進事業など「地域づくり・人づくり・町づくり」にも積極的に対応してきました。
 新年度も、公民館事業の継続性・連続性を継承していきながら、地域と人の『絆』を深めていくことを大切に、問題を知らせ提起する「始める事業」、学びの援助「続ける事業」、学びの組織化「高める事業」を活動の基本に、
①地域の生活に根ざした事業
②子供のための事業や住民の教養を高める事業
③地域の輪と絆をつくる事業
について、地域住民の参加を大切に事業を進めてまいります。同時に、「始める事業」として、我が町の歴史を掘り起こし次代に継承していくためのふるさと歴史研究会の定期的な開催、民謡教室に併せ田上・若松じょんからなどふるさの文化・民俗芸能の保存などの他、仮称・パソコン教室や短期集中型の英会話教室の新展開など、新たな歴史を積み上げる事業にも取り組んでいきます。
さらに、大学門前町学生のまち推進協議会の取り組みにも、積極的に参画し、歴史と文化、地域の「絆」を大切にする公民館活動を、「お・も・て・な・し」の心で、明るく楽しく元気一杯展開していきます。
 26年度の重点事業
― 「明るく 楽しく むすびあう!」 ―
1、社会体育大会・ふれあい文化祭・スポーツ大会の開催。
2、公民館だよりとホームページ・フェースブックの充実。
3、各学級・セミナー等の充実とふるさと歴史研究会の定期的開催。
4、普段着の国際交流活動や短期的な「留学生と会話教室」の開催。
5、「大学門前町学生のまち推進協議会・ホタルの会・浅野川愛護協会・美しい景観を創る会」への参加。
6、パソコン等の活用講座の検討と開催。
7、地域防災拠点整備と体制づくり、避難訓練の開催。
8、郷土のこぼれ話・民話の紙芝居づくり、ふれあい図書館の設置、ふるさと子ども副読本の作成などの取り組み。

シェア金沢街開きフェスタに出席

Posted by 金沢市田上公民館 on  

多くの皆さんからお祝いと激励の挨拶が
 26日、私がつくる街「シェア金沢」の街開きフェスタ!!が開催され、世話人会の一員として、板谷町連会長と上田田上2丁目町会長と一緒に出席、記念式典終了後のテープカットにも参加させて頂きました。
 シェア金沢は、元若松病院跡に建設されたもので、町連等の皆さんと一緒に町づくりについて相談も受け協力してきたもので、シェア金沢の中には、障がいのある方はもとより、高齢者、大学生、GAIA自然学校、ギャラリー、カフェ、キッチンスタジオ、大型浴場とレストランなど、住む人たちが心豊かに生活できる街になっており、これからの総合的な福祉の街の先端をいくものだと思っています。
 式典は、幸福の国・ブータンから皇太后陛下、谷本知事、山野市長からの挨拶の後、竣工と街のスタートを祈念してのテープカットもありました。また、田上公民館民謡教室の皆さんによります踊り(田上はんた・りんりん・じょんから、若松じょんから)と杜の里エンジェルズのダンスの披露や、田上2丁目の屋台開設もあり、各町会長の皆さんと一緒に街開きをお祝いさせて頂きました。
町連会長と一緒にテープカット
民謡教室の皆さんに地元民謡の踊りも

今年度最後の俳句教室(第41回)

Posted by 金沢市田上公民館 on  

3月のお題「啓蟄」
 今年度最後となります第41回俳句教室を、お題「啓蟄」で開催しました。
《先生選句等》
・啓蟄や頬に冷たき風渡る(上田芳美)
・啓蟄や野外に移す植木鉢(河野尚子)
・麦踏むや流行の歌を口づさみ(守田君江)
・啓蟄の土焦し焼く梨の榾(谷内瑞枝) 
・木の枝にコートひっかけ地虫出づ公(新出祐子)
・鳥帰るガラス張りなる裁判所(上木恵子)
・女子寮の献立表につくしの絵(谷内瑞枝)
・啓蟄や土ふっくらと下駄の跡(田上ナツ子)
・遠山の白きを残し水温む(上木恵子)
・後ろから呼び止められて蕗の薹(守田君江)
・雪割草波風光る崖の上(河野尚子)
・地を割りて甘草の芽の逞しき(上田芳美)
・地虫出づ大泣きの児のかたはらに(松田好子)
・啓蟄の顔ぶれ新た散歩道(福田暁美)
・釣りガールリール巻く手に春の水(関戸正彦)

田上公民館に海抜表示設置

Posted by 金沢市田上公民館 on  

公民館は、海抜44mです。
 公民館も年度末を迎え何かと多忙を極めていますが、新年度重点事業計画に、防災・減災拠点としての役割や体制整備、避難訓練等に取り組むことを提起してあります。防災・減災対策としてのマニュアルづくりも進めていき、各団体との連携も構築していかなければなりません。
 すでに、田上小・杜の里小両校は指定避難場所として教育的観点からも、避難場所看板と海抜表示版は取り付けてあります。また、田上小学校は、海抜・52m、杜の里小学校は、海抜・32、1mの海抜表示も取り付けてあり、田上公民館も避難場所としての第一弾として、海抜表示・44m(国土地理院調査による)の看板を取り付けいたしました。

俵小閉校記念式典と懇親交流会に出席

Posted by 金沢市田上公民館 on  

山野市長の閉校の挨拶も
 23日は、140年の歴史を誇ります金沢市立俵小学校の閉校記念式典です。閉校後は、田上小学校校区・兼六中校区となりますので、板谷田上町連会長と私も来賓として出席させて頂きました。なお、この3月に卒業しました4名の児童の皆さんは紫錦台中学校へ入学することになっています。
 記念式典は、市教育委員長の告辞や実行委員長の式辞、学校長の挨拶で始まりましたが、各氏から明治7年創立以来140年の歴史が積み重ねられてきたこと、1500名を越える卒業者、地域との密接な関係や地域に溶け込んだ学校運営等、小規模校の特色が活かされた素晴らしい学校であったことが述べられ、山野市長と市議会議長の来賓挨拶と続き、涙の校歌斉唱に引き続き、40年前に新しく作られた校旗返納が行われました。式典の最後は、記念碑除幕式で6年生と5年生5名も参加した記念碑の除幕が執り行われ閉校記念式は終了、これまで俵小に努められました学校長ら多くの先生方も参加した交流懇親会が行われました。
閉校記念碑の除幕歴史ある俵小の記念誌と学校要覧


卯辰山公園マナーアップ清掃活動

Posted by 金沢市田上公民館 on  

若宮副会長の挨拶により清掃活動がスタート
 23日の午前、今年度の卯辰山公園マナーアップ清掃活動が実施され、田上・材木など卯辰山公園を囲みます6つの校下住民の皆さんが、それぞれの校下集合場所から卯辰山運動場までの道沿いと崖地などに放置されていますゴミを拾い綺麗な卯辰山公園を蘇らせました。
 田上校下は、若松八幡公園が集合場所で、田上町など各町会から20数名の皆さんが集合、若宮田上町連副会長の激励の挨拶の後、運動場までの坂道等を登りながらゴミ拾いを行いました。また、今回にはスポーツクラブNPOぽっとに所属します金大生3名にも参加頂き、汗をかいて頂きました。
 皆さん ご苦労様でした。

ゆうゆうぜみな~る「IT活用の悩みを解消するために・・・」を開催

Posted by 金沢市田上公民館 on  

ゆうゆうぜみな~る「IT活用の悩み・・・」
 20日の夜、今年度最後のゆうゆうぜみな~るを開催、福田文化教養部長(田上新町)から『IT活用の悩みを解消するために、・・・』と題した講演を頂きました。
 情報化・IT化の進化に伴って様々な課題や悩みがあり、地域からもパソコン教室開催への要望等もありますが、対象者のレベルやニーズの把握も難しく、今回のこのゼミナが新年度の「パソコン・スマホ等の上手な使い方研究会」(仮称)事業につながっていけばと開催したもので、参加者の皆さんから様々なご意見を頂きながら新規事業開催に結んでいきたいと思っています。
 セミナーでは、福田部長より、国家IT戦略構想にもとづき総務省が推進する「ICT活用街づくり新モデルイメージ」を題材に、これから益々身近でのICT(情報通信技術)活用が要請されることが説明され、個人レベルでのICTリテラシー(活用能力)向上が求められる将来像を理解しました。しかしながら、やはりICTは敷居が高く現状で大小さまざまな悩み・問題を抱えているがそれを手っ取り早く解決する手段が「インターネット検索」であり、有用サイトと解決にいたる効率的な検索方法についてのアドバイスがありました。自力での解決には限界があり、その壁を突破するためには、人に訊くことが必要であり、次年度新事業として展開される「パソコン・スマホ等の上手な使い方研究会」が解決の場となるように、公民館の立場として努力していきたい、との表明がありました。個別の悩みのQ&Aのあと、新事業への意見アンケートの回答も事業の具体的方向性を決める貴重なご意見としていただきました。
 公民館として、新事業早期実施に向けて今後詰めの作業に入っていきたいと思います。

御供田一座の幸子、千秋婆ちゃんらとTV取材

Posted by 金沢市田上公民館 on  

絵図を示しながらの亀田さんのお話・・・
 昨日から金沢ケーブルテレビネットの地域紹介番組『みなさん こんにちは』の取材が続いていますが、20日は現地取材となり、御供田一座の幸子、千秋婆ちゃんらと4個所で取材を受けました。
 事前に、大学門前町周辺プロムナードマップ(青少年部が中心となって作成)とホタルの会パンフや昔の絵図等で打ち合わせした結果、現場4箇所が設定されたわけで、まずは、4月12日の杜の里さくら祭り会場の旭橋と医王の杜公園です。一万本のロウソクで照らす桜並木や、留学生等が作成します絵文字、新浅野川七つ橋渡りの説明、学生等の交流をめざす大学門前町学生のまち推進協議会等についても説明させて頂きました。
次は、下田上橋です。亀田さんから絵図などを示しながら田上橋の由来や石引きの苦労話など御供田さんとやり取りいたしましたが、雨も強くなりとても寒い中での取材となりました。引き続き、岡の道しるべです。亀田さんから力のこもった説明があり、御供田さんからも地域の宝ですねとお褒めの言葉も頂きました。
 最後は、角間川でのホタルの説明です。ホタルの会発足から現在のホタル状況も話させて頂き、若いアナウンスの方はホタルを見たこともなく、是非ホタル観賞に参加したいとの力強い言葉もあり、御供田さんからもホタルの話で盛り上がりました。「みなさん こんにちは」は4月中頃の上映と聞きましたが、出来映えと話しぶりがとても不安で一杯の取材日でした。
寒い中、亀田さんの熱弁も

3月のふるさと歴史研究会で紙芝居も

Posted by 金沢市田上公民館 on  

歴研で紙芝居を披露。テレビ取材も
 19日午前、今年度最後のふるさと歴史研究会を開催しました。今回は、金沢ケーブルテレビの御供田幸子・千秋婆ちゃんらによります「みなさん こんにちは」・あなたのまちにおじゃましますの撮影が、19日・20日両日、田上地区が予定されたこともあり、歴史研究会で完成したばかりの紙芝居『太比とちょうずばち』を皆さんに見てもらい、御供田さん2人のTV取材も受けました。
 また、紙芝居のもとになりました田上の民話「郷土のこぼれ話」についても、ふるさと歴史子ども副読本としてまとめたことを報告しさせて頂きました。次に、亀田輝之さんから、一乗寺・馬場野・茶ノ木周辺の地名小字地図と組の形態、加賀一向一揆関係図を提示しながら、亀田さんがまとめた第九章『「金浦」発祥地の謎に迫る』について詳しくお話頂き、質疑で理解も深めて頂きました。最後に、参加者の太田(金沢検定上級合格者)さんから、公民館としてバス研修し資料として頂きました「前田土佐守」つて?をもとに、いろいろな話も頂きました。亀田さんから「金浦」の発祥地の謎に迫るを
 次回新年度最初の歴史研究会は既に回覧で案内してあります石川県埋蔵文化財センターの三浦純夫さんから『古代北陸道と田上の駅』(仮称)について、4月23日に開催することになっています。誘い合ってご出席ください。
紙芝居を披露させて頂きました。

田上小・杜の里小の卒業式

Posted by 金沢市田上公民館 on  

素晴らしい卒業式、濱田校長から卒業証書が
 18日の午前、田上小学校25年度卒業証書授与式が行われ、男子・38名、女子・54名、計92名の6年生が学び舎から巣立ちました。
 卒業式は、5年生全員によります謡曲「鶴亀」が歌われ厳粛な中、今回で最後となります濱田学校長は、92名の6年生に卒業証書が手渡した後、田上小学校140周年の歴史に、92名が加わった4633名の卒業者がおり、新たな歴史が積み重ねられましたの述べ、地域の人・田上を愛せる人、自分を愛せる人になって欲しいと式辞されました。別れのことばでは、92名一人ひとりが6年間の思い出と頑張ったことを高らかに話し、全員によります家族・先生方・地域の皆さんに感謝の言葉が述べられ、素晴らしい合唱「翼をください」のハーモニが奏でられ、在校生と一緒に「さようなら」が歌われる中体育館を後にしました。
5年生の謡「鶴亀」で厳粛な式が一人ひとりの決意・夢・抱負に感激
 午後からは、杜の里小学校の第7回卒業証書授与式です。谷内学校長より男子・45名、女子・39名、計84名の6年生に卒業証書を手渡し、証書を手にした6年生一人ひとりが、中学生への抱負・将来への夢などを発表されました。谷内校長の式辞は、小学校で学んだ楽しむこと、続けること、チャレンジすることを大切に、いつも自分と向かい合い、感謝することを忘れないで欲しいとはなむけの言葉がありました。
 最後に、旅立ちのことばが一人ひとりから語られ、「翼をください」が高らかに歌い、「仰げはとおとし」の歌も披露され、保護者・家族の皆さん、先生方、地域の皆さんに感謝の「ありがとうございました」の言葉があり、5年・4年生の別れの歌・感謝と励ましの歌が流れる中、担任の先生へ感謝とお礼があり体育館を後にしました。
涙を誘う「旅立ちのことば」

自転車の盗難が増える季節です。注意を!!!

Posted by 金沢市田上公民館 on  

公民館では、田上町連や各地域団体の皆さんと一緒に、中警察署と田上交番所との意見交換会を開催していますが、土曜日の新聞に、町連として防犯カメラ設置の準備状況が報道されました。とくに、田上交番所区域では、交通事故の多発と軽犯罪(自転車の盗難)事件が多くて、中署管内でワースト3に入っています。
 金沢市防犯協会から自転車盗難防止について案内がありましたので報告します。
自転車の盗難が増える季節です。
 雪が解けて自転車に乗れるようになる春先から自転車の盗難被害が増え始めます。昨年も2月から3月にかけて大幅に増加しています。
【どんな自転車が盗られやすいの?】
 平成25年中の被害では、盗まれた自転車の75%以上が無施錠でした。
鍵かけは最も有効な盗難防止対策です。
進級や進学で新しく自転車を購入される際には、防犯性能の高いものを選び、二重ロック用のカギを併せて購入するようにしましょう。
【被害者の多くは学生の皆さんです】
通学等でよく自転車を利用する中学生や高校生、大学生の被害者割合が高くなっています。
駅や学校はもちろん、コンビニエンスストアなどで少し離れる間でもしっかりカギをかけましょう!
(金沢中防犯協会からのお知らせ)
学生のまち防犯カメラ設置を

いきいき社会部のこんか鰊づくり

Posted by 金沢市田上公民館 on  

美味しいこんか鰊づくりです。
 16日の日曜日、いきいき社会部の皆さんによります「こんか鰊」づくりです。公民館でも2年ほど前にいきいき社会部によります「こんか鰊」づくりの教室を開催しふれあい文化祭で販売したところ大好評を博し、昨年度も手づくりので販売しました。
 文化祭の反省会でも新年度も販売して欲しいとの要望がだされ、今回も大桑の田中さん宅での手づくりのこんか鰊づくりとなりました。いきいき社会部の皆さんも手馴れたもので、用意しました200匹余の鰊に塩をまぶし、二つの桶に順次漬けていき、こんかをまぶしながら最後に醤油をたらして仕上がりです。でもこのままでは召し上がることができず、10月まで入れ替えもしながら漬け続けていかなければ完成品となりません。新年度の10月26日の文化祭で完成しました「こんか鰊」の販売をいたしますので、ご期待して下さい。
文化祭用のこんか鰊づくりも完了。

金沢ボラ大修了式と市民スポーツ大会総合表彰式に出席

Posted by 金沢市田上公民館 on  

205名のボラ大修了者が
 3月に入りますと色々な総会や修了・卒業式が行われます。報告が遅れましたが、1日には金沢ボランティア大学の修了式があり、市公連会長として出席、各コース計205名の修了書授与式に立ち会いました。現在のボラ大では、文化コースや観光コースなど8つのコースがあり、コースによっては毎年入学には抽選も行うこともあるほどで、障がいのある人達や外国からも視察に訪れる大学となっており、これまで、3500名の卒業者がいろいろな個所でボランティア活動を展開しています。なお、今年度も21名の皆勤者の皆さんに皆勤賞が送られました。
最優秀賞の千坂公民館への表彰
 2日には、25年度の金沢市民スポーツ大会総合成績表彰式があり、千坂公民館が最優秀賞を、小立野公民館が優秀賞、額公民館が敢闘賞の栄に輝きました。
 市民スポーツ大会は、公民館対抗によりグランドゴルフ・ソフトボール・ソフトバレーボール・バトミントンの4種目で総合成績が決まるもので、年々成績を上げています田上公民館は、グランドゴルフで8位入賞とソフトバレーボールの2位入賞もあり、総合で29点の6位グループになっており、あと一歩のところまできました。

兼六中学校第66回卒業式

Posted by 金沢市田上公民館 on  

荒井学校長から卒業証書が手渡されました。
 春の雪が舞い散る14日、兼六中学校第66回卒業証書授与式が挙行され、男子・109名、女子・99名、計208名の3年生が学び舎を後にしました。
 卒業式は地域の各種団体・関係者や多くの保護者の皆さんが集まる中開催され、今年度で最後となります荒井学校長から一人ひとりに卒業証書が手渡され、式辞の中で、感動で涙が止まらなかった素晴らしい合唱コンクールの思い出や兼六魂でもあります「敬愛・協調・正義」の校訓に触れながら激励の挨拶があり、涙する卒業生も生まれる厳粛な式典となりました。
 卒業生の答辞も、修学旅行で生まれたクラスの絆、部活で成長した自分達、運動会で培った団結力、合唱コンクールの仲間との協力など思い出一杯の学校生活で掴み取った大切なものが訥々と語られ、最後に、ご両親へと先生への心のこもった感謝の言葉が述べられ会場も感動と涙する人達で一杯となりました。最後に、巣立ちの歌・大地讃頌の大合唱で素晴らしい式典は終わりましたが、クラスごとの退場では、担任の先生方への心を込めた感謝と旅立ちへの決意が全員から発声され、大きな拍手で見送られました。
感動の答辞、思わず涙が・・・
『手に証書 見送る校門 春の雪』(関とっと)

「田上の民話」の紙芝居完成

Posted by 金沢市田上公民館 on  

素晴らしい紙芝居となりました。
 12日、待望久しかった田上の民話の紙芝居『太比とちょうずばち』 (「わがふるさと今・むかし」では、大力の山とちゅうずばちとなっています。)が完成、1年余製作に携わっていただきました若松町の芝田さんと杜の里町の中川さん(両名とも杜の里図書ボランティア)が持参し苦労話などを伺いました。
 平成4年11月に発行されました「わがふるさと 今・むかし―田上校下の歴史―」には、郷土のこぼれ話として「大力の山とちゅうずばち」が掲載されていますが、歴史本としての年数もたち今では子ども達にとって遠い存在になっており、ふるさとの民話として紙芝居に作り直せないか検討を進め、芝田さんに願いしたところ快く引き受けて頂きました。しかしながら、初めての紙芝居製作であり、しかも他からの転入者で地域の歴史や昔話には疎かったこともあり、地域のお宮さん調査も重ねたり図書館で勉強したりとかなりの苦労もあって1年間余の製作となったものです。完成にあたりいろいろと苦労話も聞かせて頂きましたが、作品の完成度も高く子ども達にも親しみを持って見て頂ける絵と内容になっおり、題名も『太比とちょうずばち』として製作されました。
 今後は、読み方や話し方の研鑽を深め、子ども達に見て頂くよう小学校や児童館、児童クラブなどに呼びかけていきたいと思っていますが、19日のふるさと歴史研究会で初披露させて頂くことにしています。
苦労話も聞きました。
 

「高齢者健康教室参加者の実態とサービス評価」卒論の報告が

Posted by 金沢市田上公民館 on  

内藤さんの卒論論文報告を
 先日、約1年間かけて取り組んできました金沢大学人間社会学域地域創造学類・健康スポーツコースの内藤さんの卒論論文報告者出来上がり、担当頂いた先生と一緒に公民館に報告に来館頂きました。
 卒論のテーマは『高齢者健康教室参加者の実態とサービス評価』でありますが、大学門前町学生のまちとしても地域の高齢者意識調査の研究も望まれることもあり、必要なデーター収集に協力しました。しかしながら、かなりのデーターが必要であり、田上校下いきいき健康教室はもとより、材木・味噌蔵・小立野・西南部などの各公民館や市健康を守る会にもお願いし、調査の協力を頂きました。
 論文報告は、スライドを使って詳しく報告頂きましたが予想通りの内容でもありましたが、健康教室開催への参加者募集方法やPR、教室参加者のフォロー等、考えていかなければならない課題も盛り込まれており、板谷田上町連会長への資料提出と共に、新年度取り組み課題として役員会等への報告もお願いし、併せて、協力頂きました各公民館や市健康を守る会への詳細な報告とお礼等の必要性を話させて頂き、て内藤さんに要請しました。
報告書をもとに課題克服も

市公連視聴覚教材で崎浦公民館が最優秀賞を

Posted by 金沢市田上公民館 on  

最優秀に輝きました崎浦公民館
 広報視聴覚部では3月末発行の公民館だより編集で大忙しですが、8日の土曜日、第50回金沢市公民館視聴覚広報功労者表彰式と第57回金沢市視聴覚教材作品発表会が開催され、三浦広報視聴覚部長(市公連視聴覚広報委員会副委員長)が審査員を兼ねて出席しました。
 功労者表彰は、新年度から表彰方法も変更して対応していくことになりますが、今年度で最後となります8名の各公民館広報視聴覚関係者が受賞しました。
 次に、生涯学習の拠点としての視聴覚教材の発表会となり、今年度は、崎浦・小立野・大徳三公民館の教材発表がありました。小立野公民館は、「小立野の台地を水源とする二本の川」が、崎浦公民館は「三百年の遺産~加賀藩が遺した国史跡~」、大徳公民館からは「まぼろしの観音様」の三本のビデオ教材が発表され、講評の先生からもいずれも素晴らしい教材であり、地域に根付いた歴史的・文化的遺産をまとめてもあり、市教育委員会の先生にも見てもらいたい教材でもあるとの高い講評がありました。審査の結果、最優秀作品には崎浦公民館が、優秀賞には小立野・大徳両公民館が受賞されました。
 いずれの作品も、公民館ふるさと歴史研究会として取り上げてもよい教材であり、活用について各公民館にもお願いしてきました。
手作りの素晴らしい教材発表が続きました。

杜の里さくら祭り実行委員会開催

Posted by 金沢市田上公民館 on  

今年のさくら祭りは、4月12日です。
 毎年恒例となり地域はもとより市内から多くの花見客が訪れます「2014・杜の里さくら祭り」の実行委員会が開催され、今年度のさくら祭りを4月12日土曜日に開催することを確認しました。
 実行委員会は、地域住民で組織運営するもので、秋に開催します若松杜の里祭り実行委員会で構成しています。藤川実行委員長から、今年度のさくら祭りを土曜日の1日開催することが提案され、雨天時の順延(13日・日曜日)日程を含め実行委員会の役割分担と今後の準備作業を決定し、実行委員以外に、ライトアップボランティアの募集も実施することにいたしました。
 杜の里さくら祭りは、市内でも有数の桜並木で、ろうそく一万本が点灯する実に幻想的な夜桜を見ることができます。ライトアップボランティアにも多くの皆さんの参加を待っています。

今年度最後の子育てサロン「足・手型ペッタン」

Posted by 金沢市田上公民館 on  

立派な足・手型ができあがりました・・・
 6日の木曜日は、今年度最後の浅川地区子育てサロンです。月一回・木曜日の午前に開催しています子育てサロンも地域に広がり、多くの親子に出席頂くようになりました。
 年度終りの会として開催しましたサロンは、超満員のような親子で溢れ大変賑やかなサロンとなり、毎回、田辺・中村両元園長さんのお話と歌・ゲームで会場の雰囲気は和らぎ、子育て中の母友会的ムードの中、1年間の成長を思い出に残そうと、「足型・手型」づくりに取り組みました。はじめは、おっかなビックリの子ども達も、母親と民生委員の皆さんのお手伝いにより、記念の色紙に足型と手型をペッタンと自慢げに押し付け型をとりました。
 今年度はこれで終了、6名程度の子ども達が保育園に進みますが、サロンの評価は高まっており多くの親子が新年度も参加頂けるものと思っています。なお、新年度は、4月10日(木)・こいのぼり作りで始まります。誘い合ってご出席頂きますようサロン一同待っています。
両名の元園長さんの素晴らしいリード
手型をペッタン

該当の記事は見つかりませんでした。