FC2ブログ

金沢市田上公民館だより

Kanazawa Tagami Community Center 石川県金沢市田上、杜の里地区の公民館活動・行事の紹介とご案内、地域のみなさまとの円滑なコミュニケーションの推進のために・・・

この1年間に感謝し、28日から5日まで休館します。

Posted by 金沢市田上公民館 on  

門松も設置、大掃除も無事終了。
 年末の慌ただしさの中、今年も門松も設置、大掃除も無事終了し、地域の皆さんのご理解とご協力を頂き、平成25年を終えることができました。
 25年は、1月の城東地区合同成人式で始まり、新年度対策等で役員会や振興協力会・公民館総会・運営審議委員会を順次開催し、新年度の事業等を承認して頂きました。5月の社会体育大会は好天に恵まれ盛会裏に終えることができ、民謡教室とふるさと歴史研究会も新たにスタートいたしました。好評の子供公民館は台風と大雨の影響により中止しましたが、10月のふれあい文化祭も多くの皆さんにご参加頂きました。その他、人づくり・町づくりを大切に、各団体との連携と活動にも協力し役割を担ってきました。普段着の国際交流も、新たな19名の日研生を迎え着実な活動を続け、大学生との交流にも力を注いできました。
 これらの事業展開ができましたのも、地域の皆さんのご理解とご協力の賜ものであり、献身的な活動を頂きました公民館役員・委員の皆さんのお力の賜であり、迎える新年も皆さんに支えられながら力一杯の活動を続けていきたいと考えています。地域の皆さんに心から感謝申し上げます。
 なお、公民館は、市民センターと同様に、28日から新年5日までは休館とさせて頂き、6日から新年の活動を開始していきます。

雪かきボランティアと地域の交流会

Posted by 金沢市田上公民館 on  

力強い決意も頂きました交流会
 26日の夜、すでに雪かきボランティア協定を交わしています金沢大学地域創造学類の2年生、同大学教育専攻学生有志、NPO法人クラブぽっとの皆さんと、地域の各町会長によります懇親と交流会を開催しました。
 昨年も懇親と交流会を開催し、公共施設を中心とします雪かきボランティアを地域の皆さんと一緒に実施してきましたが、今年も、冬本番を向かえ、いつでも雪かきができるようにボランティアの皆さんと交流を深め、体制整備を進めているものです。学生からも、地域の皆さんと一緒に雪かきで快い汗をかきたいとの力強い決意も頂き、地域としての準備は整いました。

田上新町にホタル看板設置

Posted by 金沢市田上公民館 on  

キタダン入口に設置したホタル看板
 昨年から市へ要望していました田上新町・田上児童公園(キタダン入口)への『ホタル看板が』が、26日に田上児童公園に設置されました。
 この公園は、ホタルの名所・キタダンへの入口にあたり、ホタルのシーズンには千名を越える県内外からホタル鑑賞者が訪れる場所です。地域の皆さんにや町会には、ホタルのシーズンには車や鑑賞者でお騒がせすることもあり温かいご理解を頂いていますが、ホタルの観賞地は、金沢大学が所有する敷地でもあり、ホタル看板設置によりもっとホタル調査と観賞を楽しみにしています子供達や訪れる人ホタルのことを知って頂きたいとのホタルの会としても考えてきたところで、金沢市のご配慮を頂き設置されたものです。
 これでホタル看板は、若松地区の角間川への設置をはじめ、鈴見せせらぎ用水、田上町金浦用水沿いの郷公園と毎年設置を進めており、田上新町児童公園設置により、残されている地区は、田上本町のホタル観賞地区となりました。
キタダンへは、動植物の移入禁止も表示しました。

12月の歴史研究会・神社の研修を

Posted by 金沢市田上公民館 on  

田上榊原神社で記念写真を
 師走の忙しい中でしたが、当初計画通り、ふるさと歴史研究会を25日に開催しました。雨が降れば座学でしたが、当日は絶好の冬日和となり、外での研修会として、田上町の榊原神社、田上本町の少名彦神社(すくなひこ)、若松の八幡神社を視察研修し、残りの時間を活用して、若松本泉寺跡(土塁とお墓)、鈴見鋳造所跡(江戸末期17年間、加賀藩が大砲や鉄砲を造った場所)をじっくりと研究してきました。
古宮跡にあった榎の保存と看板も
 榊原神社では、屋敷跡の掘跡と神社名や神明社の由来等(椿原とも称されることも)を、少名彦神社についても、名前の由来の他、神田神社としての格の話も聞き、さらに、田上本町にあった「高島・古宮跡」の榎を神社内に移設したことも知りました。また、歴史のある両神社の由来や案内看板の設置があれば、地域の人達にももっと親しまれ地域を知ることにも繋がるのではないかとの要望も出されました。
 若松八幡神社でも、寺の由来看板を見ながら若松・上若松・若谷の三つの神社が集まって出来上がったことを読み、三つあった鳥居が台風により破壊し現在二つになっていることや毘沙門天の由来等も見ながら、神社名石碑の字を書き上げた人が、国会議員で大臣まで勤めた人であることも研修してきました。
 なお、若松本泉寺跡(土塁とお墓)は、金沢市が新年度以降に、祈りの道として調査・発掘していくこを知り、先駆けて研鑽を深め、現地調査・発掘に関心を高めていこうと企画したものです。
八幡神社で毘沙門天の由来も

板谷会長 学生との交流で報道が

Posted by 金沢市田上公民館 on  

地域活動ナビを手に取って会長もコメントを
 報告が遅れましたが、板谷大学門前町学生のまち推進協議会会長が北國新聞に記事として紹介されました。金沢大学経済学類現代スポーツ論ナビ生が、昨年に引き続き今年度も地域のスポーツ・文化・福祉サークルの取り組みを調査し、報告書を「地域活動ナビ」としてまとめたものを、旭町福祉センターと田上公民館に贈呈されたもので、板谷町連会長と取り組みしました学生のコメントを含め報道されたものです。
 昨年は、田上・杜の里両小学校の学校開放で使用していますスポーツクラブ・サークルを調査し「地域すぽナビ~まちで人気の愛されスポーツ~」としてまとめ、公民館等に設置してあります。今回は、旭町福祉センターを使用しています各種サークルや団体、福祉サロンにまとをしぼって調査しアンケート等の結果を、『地域活動なび~旭町福祉センター団体の活動~』と旭町福祉センター地域サロン編の二冊にまとめたもので、報道された翌日には、何人かの地域の皆さんがナビを見にきてくれました。
 来年度も継続して取り組んで頂ける事になっていますが、地域としても、これら調査結果をどう地域の活動に活かしていくか研究をしていかなければならないと考えています。

金沢市社会教育功労者表彰式

Posted by 金沢市田上公民館 on  

公民館関係者と記念写真
 19日の午後、平成25年度金沢市社会功労者表彰式が開催され、市公連代表として出席し、今回受賞されました直鞍月公民館館長(市公連副会長)、河原夕日寺公民館館長、中西三馬公民館館長、坂本味噌蔵公民館副館長はじめ8名の表彰をお祝いしてきました。
 この功労賞は、今回で61回目となりこれまで600名余の皆さんが、社会教育等の貢献と献身的な活動を讃えられ表彰されるもので、田上公民館では泉さん・上田副館長が受賞されています。なお、今回の表彰の公民館関係以外では、ボーイスカウト運動者、子供会連合会、レクリェーション指導者、校下婦人会連絡協議会副会長の皆さんが推薦され受賞されています。
直市公連副会長から謝辞が

田上小5年生の収穫祭・餅つき

Posted by 金沢市田上公民館 on  

子供達にも餅つきを体験頂きました。
 18日の午前、田上小学校の5年生の収穫祭・餅つき大会が開催され、キタダンでもち米を田植えから世話を続けてきました5年生・100名余が、脱穀された40Kgのもち米を、里山メートや地域の皆さん、保護者の皆さんと一緒に餅つき体験をしました。
 収穫されたもち米は80Kgと昨年に比べて大豊作となり、角間の里山の家での収穫祭でも活用され、今回の40Kgは、22臼にもなり、子供達にも餅つきのお手伝いを頂きましたがなれない事もあり、午前中一杯まで時間がかかりましたが、保護者の皆さんが精魂を込めて作りあげました出来立てのお餅(あんこ・きな粉・ウグイス・草もち・大根おろし)を、「超美味しい」と舌鼓をうって食べていただきました。また、皆さんで新年の教室等に飾るお餅もつくり、学校に届けもいたしました。公民館からも、上田副館長と小竹いきいき社会部副部長が参加して、力を込めて餅をついて頂きました。
 地域の皆さん・保護者の皆さん・里山メートの皆さんご苦労様でした。
保護者の皆さんによる餅づくり出来立てのお餅もあっというまに・・・

城東地区公民館連絡協議会館長会議

Posted by 金沢市田上公民館 on  

 17日の午前、今年度3回目となります「城東地区公民館連絡協議会」館長会議が小立野公民館で開催され、先に開催しましたブロックスポーツ交歓会(ソフトバレーボール大会)の成果等を確認し、市公連理事会報告を承認後、今年度の城東地区合同成人式(1月11日)について論議し、各公民館の総力を結集して成人を祝うにふさわしい式典となるよう力合わせしていくことを確認いたしました。
 特に、金沢憲章唱和については、前年度までの反省を活かし新成人を含め会場が一体となって唱和できるよう工夫を凝らし協力を要請していくことにいたしました。
 また、会議では、25年度公民館芸能フェスティバル出演の内川・医王山公民館を確認し、26年度出演公民館も選出しました。さらに、次年度以降の優良役職員選出についても確認しました。

田上ライナーズの卒団式・納会

Posted by 金沢市田上公民館 on  

5年生からの送辞に卒団生も誇らしげ
 15日の日曜日、田上ライナーズの第33期生の卒団式と納会が開催され、公民館を代表して出席しました。今年度の卒団生は、4名と数は少なかったものの、木村代表と田村監督から4名の活躍と栄光の勝利など、6年生4名のリードににるチームワークで当初予想から大きく成長してきたことが報告され、4名の卒団生に大きな拍手が送られました。
 また、4名の活躍により5年連続県大会に出場し、勝ち上がりベスト8になったことも報告され、最後には、6年生中心のチームによる兼六カップ優勝とジュニアチームとスーパージュニア大会でも優勝し、素晴らしい年度で最後を締めることができたと感謝の言葉がありました。
 懇親会では、恒例の余興もありましたが、今回のビデオレターは出来映えも構成も演出も最高の作品発表となり笑と涙の楽しい一時を共有することができ、卒団生によります感謝の言葉と両親へのメッセージは涙なしでは見られない素晴らしい思い出ともなりました。

学生等との交流⑥ボランティア学生と交流会

Posted by 金沢市田上公民館 on  

学生との交流懇親会で親睦も
 大学門前町学生のまち協議会は地域と学生の交流事業を展開していますが、学生からの要望も増加しており、今年は料理教室やヨーガ教室実施など幅も広くなっており、NPO法人クラブ「ぽっと」内でボランティア活動をしています学生から地域との交流計画があり、14日の夜、板谷田上町連会長・鈴坂鈴見地区町会連絡会会長・NPO金沢杜の里の高野理事長と鈴坂事務局長・杜の里小育友会おやじの会・田上公民館・NPO法人クラブ「ぽっと」の皆さんに参加頂き学生グループと交流懇親会を開催しました。
 NPO金沢杜の里からは、新年度の「環境保全花いっぱい運動」の事業計画が発表され、今年度に引き続き新年度も学生の参加をお願いした他、板谷町連会長からも「雪かきボランティア」活動への参加要請もあり、学生側の窓口も確認し引き続き地域との交流やボランティア活動を積極的に展開していくことを誓いあいました。

教育長へ市公連要望を

Posted by 金沢市田上公民館 on  

市公連三役によります要望活動
 13日の午後、先の市公連理事会で確認しました26年度金沢市予算編成に関する要望事項について、市公連会長と直・宮下副会長、甚田事務局長の皆さんと一緒に市教育委員会を訪れ、野口教育長に要望書を手渡した後、継続要望への対応や公民館への海抜表示、AEDの計画的な設置、市公連の管理・事業助成などで意見を交し予算化への特段の対応をお願いしてきました。なお、金沢市への金沢マラソン対応や防災等についての要望は、19日に実施することになっています。
 要望が終了後引き続き、村田杜の里児童館館長と一緒に、児童館の避難路確保と対策について村田館長から資料等を元に説明し、野口教育長から必要性などについては理解したものの工事実施についてはさらに検討させて欲しいとのお考えを頂きました。

第2回学生とソフトバレーボール交流戦

Posted by 金沢市田上公民館 on  

試合を終えてお互いの健闘を讃えあう記念写真
 11日の夜、2回目となります大学生と地域のソフトバレーボール交流戦が開催され、前回惜敗しました学生チーム①が奮起し地域チームを若さで負かし全勝優勝を飾りました。
 交流戦には、学生チーム・地域チームそれぞれ2チームが参加、現代スポーツ論ゼミ生の進行により大学門前町学生の町協議会事務局長の開会の挨拶の後、ラリーポイント制によります熱戦が繰り広げられました。今回の学生チームは、ゼミ生とバレーボールサークルTRYPSの精鋭がチーム編成して地域チームに臨んだもので、奥田先生の応援もあり若さ溢れるパワーに圧倒されがちでしたが、さすが地域チームは毎週の練習成果もあり力より経験と巧みな技により互角の勝負となりました。最終的には、学生チーム①が全勝優勝し、地域チーム①は次勝となりましたが、地域チーム②は三位決定戦で学生チーム②に勝利することで一矢を報いることができたようです。
 今回は、4年生が中心となり3年生のゼミ生も参加頂き、次回の交流戦と交流事業継続を約束頂きました。心強い限りで今後の交流と学生の力を活かしていく方法も考えていきたいものです。
熱戦の連続でした。
さすが学生のチームのパワーを実感。

市公連文化部協議会伊勢神宮研修に両副館長が参加

Posted by 金沢市田上公民館 on  

人で一杯の内宮参拝
 市公連文化部協議会は、今年度の取り組み課題を歴史に学ぶこととし、高山右近と惣構え堀・用水について研修を行った後、3回シリーズで神話物語に取り組み、最終として遷宮を終えた伊勢神宮参拝研修を選び、7日の土曜日実施、各公民館の文化部長を中心とした参加者に泉・上田両副館長(福田文化部長が仕事の関係で参加できなくなりました)に加わって頂きました。
 早朝の出発もあり一時間早く外宮に到着、人出で混雑する前に外宮と遷宮館を参拝することができたようです。外宮から内宮への移動もスムーズにいき、大勢の参拝者に混じっての参道歩きとなりましたが、参道が広いこともあり20年ぶりに新しくなった内宮を参拝すると同時に、残っています旧内宮も見ることができました。
 今回の遷宮で使用された檜は、木曽から引き出されたもので、山入りから木こりなど一連の儀式も昔からの伝統に沿ったものと案内頂き、日頃はチェーンソーを使っての伐採から、斧を使っての木を倒すことになることから、斧の勉強会や技の伝承も受け継いで遷宮ができたことも報告を受けました。無駄かと思われた20年に一度の遷宮がある面では、我が国の伝統の技や技能、伝統産業が大切にされ継承していくことに繋がっていることを再認識された研修となりました。
 また、おかげ横丁は人で一杯でしたが、せっかくの素晴らしい町づくりが看板やどこでも販売している商品と食べ物に少し興ざめさせられ、観光客が集まる金沢の東山の町づくりに思いを新たにしたようでした。

城東地区ソフトバレーボール交歓会

Posted by 金沢市田上公民館 on  

健闘惜しくもAチーム
 8日の日曜日、城東地区公民館協議会によります「ソフトバレーボール交歓大会」が開催されましたが、40歳以上の部に田上公民館から出場しましたA・B・Cの3チームは、三つに分かれたリーグで健闘空しく決勝リーグに残ることができませんでした。
あと一歩、2勝1敗のBチーム
 強豪が集まったリーグに出場しましたAチームは、三試合とも激しく競いあいましたが1勝2敗、Bチームは、一試合目でサンセットまでいきましたが敗れ、2勝1敗、Cチームも三試合とも接戦の結果、2勝1敗となりました。皆さん激闘ご苦労様でした。次は、11日夜の金沢大学学生との交流試合です。
よく頑張ったCチームも2勝1敗

11月第37回俳句教室

Posted by 金沢市田上公民館 on  

 11月23日の第37回俳句教室は、お題の「枯野」を含め四句で互選や先生の選句と講評で開催する予定でしたが、残念ながら先生が仕事の関係で出席できず、参加者も都合により投句が増えたため、会場で各自の四句を提出頂き、まとめて後日先生から選句と講評を頂くことにしました。なお、当日の教室で、12月28日の教室は年末を控え多忙を極めることから、お題を「数え日・師走」として20日までに公民館へ四句提出することを確認しました。なお、1月の教室は、25日・土曜日の12時から、加藤キッチンスタジオで料理教室を兼ねて句会を開催する予定です。後日案内を送付しますので、楽しみにして下さい。
〔先生選句他〕
・舞ひ上がる落葉かさこそ風の中(石川)
・枯野原満月かほ出すすこしづつ(石川)
・今生の菊香漂ふ別れかな(上田)
・聞き上手話上手の夜長かな(上田)
・暮れなずむ銀杏黄葉の峡の里(河野)
・病み上がり粥に新米一握り(河野)
・冬ぬくし趣味を語れる仲間ゐて(新出)
・わっしょいと御神輿揚がる秋高し(新出)
・荒れ狂ふ海に沿ひたる枯野かな(関戸)
・遷宮の木の香漂ふ小六月(関戸)
・枯野行背を貸す子への子守唄(守田)
・小春日の丘に憩へる山羊の声(守田)
・藍染の薪を積みをり神の旅(谷内)
・三日三晩風雨に雷や吊るし柿(谷内)
・青き空突き上げて捥ぐ柿赤し(谷内)
・白々と宙にあるごと枯尾花(上木)
・砂山に風荒々し枯野径(田上)
・先人の夢追ふなり大枯野(松田)
・夕暮れて枯野を馳せる幼き日(福田)

金大ゼミ生が「地域ナビ」を報告

Posted by 金沢市田上公民館 on  

報告書と資料を板谷会長に手渡す。
 6日の午後、金沢大学経済学類現代スポーツ論ゼミ生4名が、板谷町連会長と公民館を訪れ、にこれまで取り組んできた成果と課題についてをまとめた資料と写真で掲載しました『地域活動ナビ』二冊を持参しての報告会を実施しました。
 報告書は、旭町福祉センターで開催されています各団体・サークルや地域サロンの活動状況をアンケートや聞き取り調査を行ったものをまとめたもので、一覧表と『地域活動ナビ』二冊を板谷会長に手渡し、取材を通しての失敗や苦労したことなども交えて報告され、意見交換を実施しました。また、取りまとめにあたって実施した事業『「癒しフェスター2013金沢伝統料理室・ヨーガ教室』の創出・学習を振り返ってなどについても報告されました。
苦労と失敗談も話し合った報告会
 一冊の資料としてまとめた『地域活動ナビ』は、文化・スポーツ団体編と地域サロン編に分かれており、読みやすく大変参考になる資料であり、公民館と旭町福祉センターに常備しておきますので、関心のある方は是非見て頂き、活動の参考にしていただければゼミ生の苦労も活きたものとなります。
昨年のスポーツナビと併せ三冊の地域ナビが

 

子育てサロンでクリスマスツリーを作る

Posted by 金沢市田上公民館 on  

わいわいガヤガヤ楽しいリースづくりに
 5日の午前、12月の「浅川地区子育てサロン」がクリスマスに併せてリースづくりに取り組みました。時期も良く18組の親子が参加、会場は人いきれで溢れましたが、親子での共同作業もあり、素晴らしいリースができあがり皆で記念写真も写しました。
 今回は、民生児童委員の交代もあり、新旧で指導頂いています田辺・中村元園長をお手伝いも行い、サロン活動に入って頂きました。まずは、あらかじめ用意してありましたブドウの枝をリースにするための輪作りに汗をかき、様々な飾りも準備してあり各親子は共同(小さい子は民生委員がめんどうを)でリースづくりに熱中しました。最後に、田辺・中村先生から楽しいゲームも行い、作り上げた作品を皆さんは自慢げ持ち帰り自宅に飾りつけたそうです。
民生児童委員の皆さんによる輪づくりどうですか・・・完成しましたクリスマスリース
完成を記念して記念写真も



今年度の金大留学生懇談会に里親も出席

Posted by 金沢市田上公民館 on  

中村学長の挨拶で会は盛り上がりを
 4日の夜、今年度の金沢大学留学生懇談会がKKRで開催され、田上の会・里親も多く出席し留学生等と交流を深め合いました。
 留学生等学生が不慮の事故で亡くなったことに全員で黙祷を捧げ、中村学長から留学生が500名超えたことが報告され懇談会は始まりました。久しぶりに多くの留学生が揃ったこともあり、あちこちで話し合いの輪が広がりましたが、田上の会・里親のテーブルにも日研生が集まり、近況報告や明日のバス研修の話もなされ楽しいひと時を過ごしました。
魁寮の日研生も合唱に参加
日研生の先輩(院生)も三味線演奏を披露

学生と地域の交流③「ゼミ生研究発表会」に出席

Posted by 金沢市田上公民館 on  

堂々とした研究発表でした。
 4日の午前、金沢大学2013年度経済学類ゼミナール大会が開催され、『地域と学生の交流事業の展開~事業創出を通したマネジメントの学習~』について、板谷町連会長とも連携を取って旭町福祉センターにおける文化・スポーツ等のサークルやサロン等で、調査し研究テーマをまとめた現代スポーツ論ゼミ生(奥田ゼミ)の発表もあり、大学門前町学生のまち協議会として出席いたしました。
 ゼミ生の皆さんは、事業実践・地域ニーズの調査ー旭町福祉センターでの取材調査を通してー・学生ニーズの調査・地域住民と学生の交流事業(すでにブログで報告してあります「癒しフェスター2013金沢伝統料理室・ヨーガ教室」)の創出・学習を振り返ってなど、各項目について詳細にまとめた素晴らしい研究成果を発表されました。
 担当のコメンテータからは、①地域との関わり②今後の継続開催の可能性③地域のニーズ把握方法④問題提起から解決策はなど、鋭い質問もありましたが、研究テーマをまとめ公民館等に常時設置しますパンフレット(地域ナビ)も提示しながら堂々と応答しているのに感心もいたしました。なお、私からも、問題となっている参加者層のバラつきと若い世代の参加への解決策、学生のニーズ調査の必要性等について意見を発表させて頂きました。
調査・取材をまとめた地域ナビ

第9回公民館役員会を開催

Posted by 金沢市田上公民館 on  

 3日の夜、第9回公民館役員会を開催、各部会報告と取り組みを確認し、新年11日の土曜日に開催します「城東地区合同成人式」と成人を祝う茶話会について、役割分担等公民館委員の協力体制を確認いたしました。
 すでに12月の活動予定はブログで発表してありますので、各部会報告も具体的なものとなり、8日の城東地区ソフトバレーボール交歓会への3チーム出場や3月1日の第5回麻雀大会開催などを確認しました。また、文化教養部によります「パソコン教室(仮称)」については、提出された方針や運営等について、1月の役員会で検討し確認することにいたしました。いきいき社会部によります「こんか鰊」づくりについては、3月初旬に実施することも確認いたしました。
 なお、18日の夜実施します「第2回学生・地域ソフトバレーボール交流大会」についても、地域から3チーム参加し学生2チームと総当りで競い合いながら交流を深めていくことに、公民館も全面的に対応していくことにいたしました。次回10回役員会は、1月7日(火)の夜開催することにいたしました。

該当の記事は見つかりませんでした。